バレンタインチョコ×酒、最強の組み合わせで捗る恋人との宅飲みとは!?

  • メンバー
  • 更新日:
35view
favorite

酒呑みは甘いものが苦手、と言いますが、チョコレートとお酒の組み合わせは格別ですよね!今回は特に、どのお酒にどんなチョコレートが合うのか、また、お酒のおつまみにもなるチョコレートは何なのかなど、チョコレートとお酒について、まとめてみました。最強のバレンタインチョコ×お酒の組み合わせを知ることで、恋人との宅飲みも捗ること間違いなし!チョコをあげる側も貰う側も知っておいて損なしの、バレンタインチョコ×お酒をご紹介いたします!

バレンタインチョコ×酒といえば、やっぱりウイスキー!

チョコレートに合うお酒といえば、やはりはじめに頭に浮かぶのは、ウイスキーではないでしょうか?すでに少量のウイスキーが入っているチョコレート「ウイスキーボンボン」も美味しいですが、ちょっと大人には物足りないですよね。
そこで、ご紹介したいウイスキーとチョコレートの組み合わせは、フルーティ系のウイスキー×フルーティ系のチョコレートです。昨今、女性にも人気が高いフルーティ系のウイスキーは、口当たりがよく甘口でなめらかなことが特徴です。洋梨のような香りが楽しみたい場合は「グレンフィディック」。リンゴが好みであれば、「アドリアンカミュ」と、ひとくちにフルーティといっても、様々な種類があります。チョコレートも同様に、様々なフルーツフレーバーの商品がありますが、特にオススメなのが、明治の「明治ザ・チョコレート」シリーズです。種類が多く、なんといっても、フルーツの香りが濃厚です!大人向けのチョコレートのため、甘さが控えなところも嬉しいポイントです。

おつまみにピッタリのバレンタインチョコ×酒は?

お酒がすすむおつまみに、チョコレートはいかがでしょうか?おつまみピッタリのチョコレートをご紹介します!
まず、オススメなのは、「甘酒チョコレート」です。もともとお酒が練りこまれており、チョコレートを単体で食べても、かなり幸せな気持ちになれるのですが、食べていると飲みたくなってくるのが日本酒です。日本酒とチョコの組み合わせは意外かと思われますが、原材料がお米であることで共通している甘酒と日本酒の相性はバツグンで、おつまみにピッタリです!同様に、レーズンチョコとワインも相性バツグン!安いワインしか用意できなくても、美味しいレーズンチョコを組み合わせることで、高級感のある宅飲みを演出することができます。特にオススメのレーズンチョコは、「レザンドレオソーテルヌ」です。ワインで漬け込まれたレーズンに、カカオ濃度が高いチョコレートがコーティングされており、香り豊かで贅沢な味わいを楽しめます。チョコレートが入っているワインボトルのような入れ物も可愛くて、お酒好きにはたまらない一品です。

意外に合う!?駄菓子のバレンタインチョコ×酒

子どものお菓子と思われがちな駄菓子ですが、意外や意外、中にはお酒に合う駄菓子のチョコレートがあります!
まず、誰でも知っている「チロルチョコ」ですが、年々種類も増えており、「おつまみチロル」という、お酒にあうチロルチョコを集めたセット商品も販売されているほどです。中でも砕いた柿の種が練りこまれたチロルチョコは、ビールにもピッタリ!他にもチーズやレモン風味のものなど、安価で色々な種類を購入できるため、組み合わせを考えるのが楽しくなります。また、かつてポッキーをマドラーがわりにして、ハイボールを飲むことがブームとなりましたが、「ヤンヤンつけボー」もマドラーにピッタリです!ポッキーに比べて、チョコフレークなどで装飾でき、見た目も鮮やかになり、最後まで飽きがきません。チープな駄菓子は、バレンタインチョコの候補から外されがちですが、気心の知れた恋人同士なら、懐かしい気持ちになれて、会話も弾んでしまうかもしれません!

気持ちを伝えるなら、手作りのバレンタインチョコ×お酒

気持ちを伝えたいときは、やはり、なんといっても手作りチョコレート!手作り、と聞くと、ハードルが高いように思えてしまいますが、生クリームと溶かしたチョコレートを混ぜて、ココアパウダーでコーティングするだけのトリュフチョコレートは誰でも簡単に作れる上に、舌ですっ、ととろける、高級感溢れる味わいに仕上がります。トリュフチョコレートは市販のものもたくさんありますが、出来立てのトリュフチョコレートは格別です。お好みで少し、トリュフチョコレートの作成途中にお酒を混ぜることで、より風味が濃厚になります。トリュフチョコレートはブランデーやラム、リキュール、もちろん、ウイスキーにも合います。ただし、トリュフチョコレートは生クリームを使用することからも、どうしても甘めに仕上がってしまうので、組み合わせるのは辛口の「ヘネシー」などがオススメです。手作りのトリュフチョコレートは要冷蔵で、できる限りその日のうちに食べきるようにしましょう!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3