メキシコのテキーラのおすすめ3選!本場の味を飲み尽くせ!

  • メンバー
  • 更新日:
50view
favorite

テキーラというと、学生の飲み会なんかや若気の至りでショットでガツンと飲むようなイメージありませんか?

ショットで何杯飲めるか勝負して、あとで大変なことになった経験がある人は少なからずいるはずです。

でも、テキーラって本来、ものすごくおいしいお酒なんです。ロックでも水割りでも、ソーダ割やジュースと混ぜてカクテルにもいけます。

少し大人になって、ショットや飲み会のイメージを変えてみませんか?

メキシコの料理はもちろんですが、いろんなおつまみと相性がいいのも魅力です。

テキーラの銘柄はメキシコ産をチョイスしとけば大丈夫

“テキーラと言えば、メキシコ。最近では、日本国産のテキーラなんかも実はあるんですが、値段、品質、味、つまりコストパフォーマンスを考えると圧倒的にメキシコ産をおすすめします。

例えば、日本酒を選ぶときにわざわざ、イタリア産やフランス産、メキシコ産の日本酒(あるかはわかりませんが。)なんか選びませんよね。

その土地、その風土にあった伝統と文化、そして生産競争が行われているからこそ、お酒のクオリティーは上がっていきますから、テキーラときたらメキシコ産を抑えておくべきです。

メキシコ産テキーラの銘柄の定番中の定番と言えば、クエルボです。

クエルボには、ゴールドとシルバーがあります。スタンダードなのは、やはりゴールド。

日本のビールでいうところのアサヒスーパードライ的な存在です。誰しも想像するテキーラのあのキツーイ、ガツンと来るパンチのある味。

ショットで飲みまくり、痛い経験をした人はこの味のものを飲んでいることがほとんどです。”

メキシコ産テキーラ銘柄の定番シルバー

続いて、クエルボのシルバーですが、味はゴールドと比べると癖があり、好き嫌いがわかれます。

この癖が好きな人はロックで飲むと、とことんハマれます。苦手な人はソーダ割にしてもなかなか受け付けません。

値段はゴールドとほとんど変わりません。興味がある人は、バーに行った時にゴールドとシルバーを飲み比べてみるといいでしょう。

シルバーはロックでいくというより、カクテルなどにして混ぜて飲む人が多い傾向にあります。

繰り返しになりますが、苦手な人は苦手、好きな人はとことん好きなのがシルバー。

スタンダードなテキーラがゴールドです。

テキーラにはメキシコ産以外にもたくさんの銘柄があり、味も様々。とはいえ、かなり高い度数ですから、あれもこれもと試し飲みなんかしてられません。

そこで、クエルボシリーズの定番に併せて紹介したいのが、サウザーです。

最近ではコンビニなんかでも置いてあるお店があり、お洒落なパッケージが印象的です。

メキシコ産テキーラの新勢力銘柄サウザー

サウザーはクエルボや他の銘柄のテキーラに比べて、さっぱりとして切れのある後味です。

ロックでも、水割りでも、カクテルでもなんでも相性がいいのが特徴です。

また、テキーラ臭くないので、強いアルコール独特の嫌な匂いがほとんどしません。

色も透明なので、お酒が強い女性でも周りの目を気にせず頼みやすいテキーラです。

爽快な口当たりとガツンとくるテキーラのパンチ、それでいて、匂いはあまりしないのでクエルボシリーズとは対をなす、楽しんで飲めるおすすめのテキーラです。

テキーラをショットではなく、嗜んで飲むときにおすすめのおつまみもたくさんあります。
メキシコっぽくチョリソーやタコスなんでいう辛目のものも確かに合います。

しかし、意外なことに、日本のお漬物があうんです。中でも、おすすめは、たくあん。

そう、あの黄色い大根のお漬物です。絶妙な塩加減と風味がテキーラの濃い目の味と香りにとてもマッチして、すごく相性がいいんです。

メキシコ産テキーラのおすすめ銘柄まとめ

クエルボゴールド、シルバーはメキシコ産テキーラの定番中の定番。とりあえず試してみるなら、まずはゴールドがおすすめです。

お酒がそれなりに強い人は、併せてシルバーもロックで試してみましょう。シルバーはゴールドに比べると癖が強いので、合わないと感じたときはジュースで割ってもらってカクテルにしてもらいましょう。

数多くあるメキシコ産テキーラの銘柄の中で、最近おすすめなのは、サウザー。コンビニにも置いてあるほどお洒落なパッケージで、匂いのきつくなく、女子にもおすすめ。

切れのある後味で、ロックもソーダ割もカクテルにしても相性がいい万能タイプのテキーラです。

テキーラはショットで飲むときはレモンや塩を用意しますが、味わって飲むときにはおつまみがおすすめ。

メキシコの辛いおつまみは相性抜群です。もし、辛いのが苦手な人は、お漬物がおすすめです。中でも、たくあんは塩加減と風味がテキーラの濃ゆい味と香りとマッチして抜群にあいます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3