やっぱり安心♪日本産のウォッカのこだわりを味わい尽くす

今回は、一度は試してみたくなる日本産のウォッカをご紹介します。

  • ライターN
  • 更新日:
133view
favorite
やっぱり安心♪日本産のウォッカのこだわりを味わい尽くす

ウォッカといえば、ロシアのお酒ですよね。度数が高くて日本人にとってはそのまま呑むにしてはなかなかで、カクテルやジュースと割って呑むのが一般的です。

そのためか、日本ではまだまだあまり一般的に親しまれていないのがウォッカでもあります。

そんな、親しみが少ないウォッカですが実は日本でも作られているのをご存知ですか?海外のウォッカだとちょっととっつきにくいけど日本産であればなんだか安心と思いますよね。

今回は、一度は試してみたくなる日本産のウォッカをご紹介します。

日本産ならではの魅力を持つウォッカ【ジャパニーズ クラフトウォッカ Haku】

2019年4月から全国で発売されたのが、サントリースピリッツから発売されたジャパニーズクラフトウオツカ「HAKU」です。

こちらのウォッカは『日本ならではの魅力を持つウォッカを作りたい』という思いで作られました。

白と黒のシンプルなパッケージに書かれた力強い文字は、書家である荻野丹雪さんの墨文字を使用しており、和紙で作られている点も強い思いを感じますね。

このウォッカは厳選された国産米を100%使用して作られており、異なる3種の蒸溜器で原料酒をつくりわけて独自開発した竹炭濾過技術で仕上げたこだわりの一品です。

竹炭を使用するメリットとしては、ろ過の吸着面積が広く、炭の香りが付きにくいことです。

日本のお米と日本で親しまれている竹を使用しているという点がより日本ならではの魅力を強く感じさせてくれる部分でもあります。

実際に呑むと口当たりの柔らかさと、まろやかでほのかな甘さを感じます。度数は40あり、他のものと割ってもその美味しさを感じることができます。

【日本の自然と職人魂から生み出された】ジャパニーズ クラフトウォッカ Haku (白) [ ウォッカ 700ml ]

出典:Amazon

【日本の自然と職人魂から生み出された】ジャパニーズ クラフトウォッカ Haku (白) [ ウォッカ 700ml ]

ウォッカ
アルコール度数: 40%

炭酸水で有名なカジュアルな日本産ウォッカ【ウィルキンソン ウオッカ】

ウィルキンソンというと炭酸水が有名で、皆さんも梅酒などと割って使用している人も多いのではないでしょうか。実はこのウィルキンソンの蒸留所は現在ニッカウヰスキーが所有しており、ウィルキンソンのウォッカも実は日本産なのです。

でも、ウィルキンソンというとアサヒビールから発売されているので、おかしいと感じるかもしれませんね。
ですが、アサヒビールとニッカウヰスキーは昔から深いつながりを持っており、ニッカウヰスキーが培ってきたスピリッツ技術をこのウィルキンソンブランドでも活用しています。

ちなみに、ウィルキンソンのブランドもアサヒビールでは表記も「ウヰルキンソン」となっており、ニッカウヰスキーとのつながりを感じることができます。

このウィルキンソンのウォッカも白樺炭で丁寧にじっくりとろ過されており、なめらかな飲み心地とすっきりした味わいが感じられるお酒です。

またほのかに甘さもあり、まろやかでもあります。

スーパーなどでも手軽に手に入れることができるので、比較的カジュアルに楽しめることも魅力の一つです。

ウィルキンソン ウオッカ

出典:Amazon

ウィルキンソン ウオッカ

ウォッカ
アルコール度数: 40%

プーチン大統領も呑んだとされる日本産ウォッカ【奥飛騨ウォッカ】

ロックやストレートでも美味しいのですが、オレンジジュースなどと割っても美味しくいただけるのがこの奥飛騨酒造の「奥飛騨ウォッカ」です。

昭和20年代にウォッカ製造を行っているという歴史を持つこちらのウォッカ。これだけ長い歴史を持つ日本産のウォッカはあまりないのではないでしょうか。

奥飛騨ウォッカは飛騨地区の「しらかば」炭を使用して濾過しています。それを、6年以上貯蔵し熟成させているため、深い味わいを楽しむことができることが特徴で、なめらかで、甘みの残る口当たりとなっています。

また2016年には小泉元首相が来日したプーチン大統領にこのウォッカをディナーに提供したとされているお酒でもあります。ちょっとウォッカを楽しみつつ、うんちくも言えちゃうところがこのウォッカの魅力ではないでしょうか(笑)

アルコールは55度と、少々ウォッカの中でも高めです。度数がかなり高いので、冷凍庫でも凍るということはないので、キンキンに冷やして楽しんではいかがでしょうか。

奥飛騨ウォッカ 奥飛騨酒造 箱付き

出典:Amazon

奥飛騨ウォッカ 奥飛騨酒造 箱付き

ウォッカ(米)
アルコール度数: 55度

カクテルや果実酒のベースとして使用される日本産ウォッカ【ドーバー スピリッツ 88】

日本で唯一の製菓向け洋酒専門メーカーのドーバーから発売されている「ドーバー スピリッツ 88」は、なんとネーミングに入っている通り88度もアルコール度数があるウォッカです。

純粋の酒精をそのままに造られていることが特徴で、やはりそのままでは相当きついので、カクテルや果実酒のベースとして使用されます。

ただ、度数が高いので、フルーツ系のお酒とブレンドすることで保存効果も期待できます。

例えば梅酒を作る際などに使用してみてはいかがでしょうか。もちろん、ドーバーではアルコール度数の低いウォッカも造っています。「ラムダーク45」は45度で、香りが豊かなことが特徴です。製菓向けの洋酒専門メーカーなので、やはりお菓子作りに使用するのが一番でしょうね。

ドーバー スピリッツ ウォッカ 88度

出典:Amazon

ドーバー スピリッツ ウォッカ 88度

スピリッツ:ウォッカ
アルコール度数: 88度

さて、今回はいくつかの日本産ウォッカをご紹介しました。見たことはあるけれど、日本産とは知らなかったものもあったのではないでしょうか。改めて日本で作られたお酒の魅力をこの機会に知っていただきたいものです。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ