これを知っていればあなたもワイン通!スパークリングワインとシャンパンの違いとは?

  • メンバー
  • 更新日:
12view
favorite

スパークリングワインとは、「スパーク」と「ワイン」で言葉を分けてみてみると分かりやすいです。「スパーク」=輝く。「ワイン」=そのままワインです。ですから、輝いているワインと想像してみて下さい。確かに、炭酸ガスがはじけるシュワシュワ感が、輝いているように見えますね。そんな泡のワインとして親しまれているスパークリングワインですが、「シャンパン」との違いはあるのでしょうか?ここでは、スパークリングワインとシャンパンの違いをご紹介します。これを知っていれば、あなたもワイン通になれるかもしれませんよ。

スパークリングワインとシャンパンに違いはなかった⁉なぜ「シャンパン」と呼ぶのか?

スパークリングワインは、炭酸ガスがはじけるシュワシュワ感が特徴の、見た目でも楽しめる「泡のワイン」のことです。では、シャンパンはどうでしょうか?スパークリングワインとの違いは何なのでしょうか?

答えは、「どちらもワイン」です。要は、シャンパンとはスパークリングワインの種類の一つということです。

それでは、シャンパンとは一体何なのでしょうか?シャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方のことを言います。これは、ワイン好きの人であれば、知っていることでしょう。また、ワインの世界では、シャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインのことを総称して、地方名のままシャンパーニュと呼びます。では、日本ではなぜ「シャンパン」と呼ばれているのでしょうか?

それは、呼びづらかったから・・・だそうです。日本にフランスのワインが輸入し始めたころ、シャンパンは「シャンパーニュ」と呼ばれていました。ですが、この言葉が呼びづらかったため、輸入メーカーが「シャンパン」と、呼びやすい言葉にして売り出したのです。

これが、「シャンパーニュ」が「シャンパン」と呼ばれるきっかけです。

スパークリングワインとシャンパンに違いはない!シャンパンは輝きが特徴

シャンパンは、味の酸っぱさが人気の理由のひとつです。他のスパークリングワインよりも少し高価なのは、その製法にあります。シャンパンは、とても手間と時間をかけて作られています。

シャンパーニュ地方のスパークリングワインは、瓶の中で発酵させることで、独特の風味をだすことができます。これが、シャンパンの人気でもある「酸っぱさ」です。この製法には、時間と手間がとてもかかります。ですから、他のスパークリングワインより少し高価ということです。

ただ、そんな手間暇かけて作られた「高価なスパークリングワイン」だからこそ、泡のワインの特徴でもある、炭酸がガスがはじける様子は煌びやかでとてもキレイです。他のスパークリングワインとは比べ物にならない輝きがあります。

ですから、その高級感と泡のはじける煌びやかさが、「お祝い事」にはもってこいなのです。「おめでたいときはシャンパンで乾杯!」となるのは、そんな見た目の美しさが「祝い」「幸せ」「喜び」を連想させるからなのかもしれません。

もちろん、日本でもパーティーでシャンパンは多く楽しまれています。結婚式といえば、ほとんどがシャンパンといっていい程、飲まれています。

これだけは押さえておきたい!「スパークリングワイン」「シャンパン」「スプマンテ」の違いとは?

シャンパンは、スパークリングワインの種類の中のひとつ、ということは分かりました。では、他の国ではスパークリングワインはどのようなものがあるのでしょうか。

スパークリングワインを楽しむ際に、知っていると困らないのが、イタリアの「スプマンテ」です。イタリアのスパークリングワインそのもののことを「スプマンテ」と呼びます。産地は、北部に集中しており、高級なものからお手頃なものまで様々です。有名な産地として、フランチャコルタが有名です。スパークリングワインの名産地として、古くから知られています。ですがやはり、シャンパンにはかなわないようです。

その他にも、ドイツは「ゼクト」、アメリカやオーストラリアは「スパークリングワイン」と呼びます。国によって呼び方が違います。もちろん、製法や風味も、地方によって変わってきます。

日本で流通しているスパークリングワインは、ほとんどがフランス、イタリア、アメリカ、オーストラリアです。

ですから、ワインバーへ行く場合は、「シャンパン」「スプマンテ」「スパークリングワイン」を知っていれば、よりワインを楽しむことができるでしょう。

スパークリングワインの王様、シャンパン!他との違いは特別感

“シャンパンはスパークリングワインの種類のひとつ、とお話しました。ですが、「種類のひとつ」と言ってしまうにはもったいないほど、シャンパンはスパークリングワインの王様なのです。シャンパンといえば有名なのが、「モエ・エ・シャンドン」です。「モエシャン」と略して呼んでいるのを聞いたことがあるでしょう。

どんなワインコーナーでも、ほぼ確実に置いてあるのぐらい有名です。なぜ、確実に置いてあるのか?それには理由があります。その理由とは、安定した美味しさがあるからです。シャンパンは、手間と時間をかけて作られるため、他のスパークリングワインより少し高価と先に述べました。この手間と時間をかける製法は、フランスのワイン作りの伝統と品質を守るという誇りが含まれています。

なぜシャンパンが他よりも高級なのか?それは製法と作り手の誇りを知ると、高価な理由が分かります。

スパークリングワインは、シャンパン以外にも、お手頃な値段で美味しく楽しむことができます。1,000円~2,000円ほどで手にいれることができるものもあります。ワインが苦手という人でも、「泡のワイン」だと飲みやすいかもしれません。ぜひ試してみてください。

まずは、お手頃なスパークリングワインから始め、お祝いのときの乾杯はぜひシャンパンで!その際は、ラベルに表示されている「CHAMPANE(シャンパーニュ)」の文字を探してみてください。必ずラベルに表記されていますので。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3