ウォッカに合う料理って一体なに!?おしゃれなおつまみから本場の味まで!

  • メンバー
  • 更新日:
87view
favorite

ウォッカはストレートやロックで楽しんだり、炭酸水で薄めてみたりまたカクテルにして飲むといったいろいろな楽しみ方があります。そんなウォッカに合う料理としては、ウォッカの本場ロシアのロシア料理です。ニシンの酢漬けやピクルス、豚の塩漬けであるサーロなどの濃い料理はウォッカがその味を引き立てます。また、カクテルは野菜スティックやフルーツ、チョコレートなどともマッチします。おつまみにも料理にもあうのがウォッカです。

ウォッカに合う料理を調べたい!ウォッカの特徴

ウォッカといえばアルコール度数の強いお酒、というイメージが強いでしょう。しかし、ウォッカは蒸留の過程で白樺などの炭で濾過されるその特質上、無味無臭なのでどのような料理にも合うのです。アルコール度数が強いということを除けば、水のようなさわやかな飲み口でどのような料理にもマッチします。アルコール度数が高いため、凍らせても完全には凍らず、トロっとしたくちどけが楽しめます。まるで白ワインのように鮮やかな飲み口なので、あっさりとした料理でもこってりとした料理でもどのような料理にも合います。実は、ウオッカはカクテルベースとして使われているのでジュースや炭酸水などと割れば、アルコールにさほど強くない人でも楽しむことができます。ウォッカには料理だけでなくおつまみもマッチしています。ウォッカは特に特徴が強いというお酒ではないので、基本的にはどのような料理にも合いますが、塩漬けや酢漬けなど味の濃い料理にもマッチします。

ウォッカに合う料理、本場ロシア料理とは

ウォッカといえば、ロシアや東ヨーロッパで愛飲されているお酒です。極寒の地であるロシアでは冬場には水は凍ってしまうので、ウォッカは水代わりにごくごく飲まれています。ウォッカに合うのはやはり本場ロシア料理です。まずニシンの塩漬けは少し塩っぽいところがまろやかなウォッカとマッチしています。茹でたジャガイモとセットにして味わうのがよいでしょう。また、ロシアでは冬場野菜ができないのでその代わりに食べられるのがピクルスですが、このようなピクルスともウォッカは絶妙にマッチします。基本的には素材の味を引き立てるのがウォッカなので、基本的に塩漬けされたり酢漬けされたものとマッチするでしょう。本場ロシアでは、豚の油身を塩漬けした「サーロ」という料理ともウォッカが合います。ウォッカに合う料理といえば、本場ロシア料理ですが酢漬けや塩漬けならだれにでもチャレンジしやすいものです。ピクルスなどから作ってみるのもよいでしょう。

飲み方にもこだわりが、ウォッカに合う料理

ウォッカは基本的に無味無臭のクセが少ないお酒なので、味が濃い塩漬けや酢漬けの料理とマッチします。ウォッカにマッチするのはアルコール度数が高いのでそのアルコール感を打ち消ししてくれる料理です。味が濃い目のおつまみやキャビア、手軽に手に入れられるものとしてはソーセージやナッツでもよいでしょう。そして、ウォッカをロックで飲むのであればビスケットにチーズやサラミをのせたものやナッツなど少量ずつウォッカを飲める料理が合います。ウォッカを薄めて水割りや炭酸割にして飲むのであれば、ウォッカのアルコール度数は薄まりますが、ウォッカのほのかな香りとのど越しは増します。そのため、そのようなウォッカの香りを邪魔しないような塩辛いおつまみや料理が合います。また、ウォッカののど越しのさわやかさから、油っぽい料理もさわやかにいただけます。オイルサーディンや揚げ物などそのままいただくには少し脂っぽいものをチョイスするとよいでしょう。

ウォッカベースのカクテルと合う料理はどんなもの

ウォッカを飲む習慣がないという人でも、カクテルは飲んだことがあるでしょう。しかし、ウォッカはスクリュードライバーやモスコミュール、ブラッディ―メアリーなど有名なカクテルもウォッカベースのものが多いです。ウォッカベースのカクテルに合う料理といえばまず、少し甘味を感じるものがよいでしょう。ピスタチオなら、アーモンドのような甘味があるナッツなので味わいやすいでしょう。また、甘いカクテルはレーズンバターやドライレーズン、チョコレートなどとも相性が良いようです。また、カクテルはそもそも味わいがさわやかでウォッカが薄まり素材の味を殺すこともないので野菜やフルーツにも合います。ジャーマンポテトや野菜スティックなど簡単な料理でもカクテルがあるだけでその味が上がります
。ウォッカというのは基本的には無味無臭のものですが、最近では香りづけをしたフレーバーウォッカなども出てきています。そういったウォッカには無難なナッツ類やピクルスなどがマッチします。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3