ライウィスキーは刺激的なあじわいを楽しむこれがおすすめ!

  • メンバー
  • 更新日:
10view
favorite

ライウィスキーは、ライ麦を原料として造られたウィスキーで、飲んだ瞬間に、まるでピリッとしたスパイスのような味わいを感じると共に、後味が微かに苦く、ライ麦そのものの味を一度は堪能して欲しいと思います。
ですが、今まで一度もライウィスキーを飲んだ事がないという人もいると思います。
そこで、ライウィスキーの中でも、飲みやすく美味しいというものを、いくつかご紹介したいと思います。
きっとお気に召すライウィスキーが見つかると思います。

女性におすすめのライウィスキー

女性におすすめしたいライウィスキーは、「ノブクリークライ」です。
ライウィスキーは、辛口のイメージがあるのですが、このウィスキーは、甘い香りがするのが特徴です。
「禁酒法以前の力強いウィスキーの復刻」をコンセプトに、開発された「ノブクリーク」、このウィスキーを開発した6代目の意志を受け継いだ7代目が、生み出したライウィスキーが「ノブクリークライ」です。
長年培ってきた香味作りを活かして誕生した「ノブクリークライ」は、力強くもありながら、どこか甘さを残し、それでいてスパイシーさが際立つライウィスキーです。
ウィスキーは、あまり飲んだ事はないという、ライウィスキーにほとんど馴染みのない人でも、この「ノブクリークライ」なら飲みやすいです。
ストレートでそのまま飲んでも美味しいですし、ロックで飲んでも、喉ごしがスッキリとして、とても飲みやすいです。
どんな飲み方でも美味しいのも、特徴的です。
750ミリリットルで、4,900円前後です。

辛口好きにおすすめのライウィスキー

「ワイルドターキーライ」は、トウモロコシの代わりにライ麦を使用しています。
ライ麦の味が濃く、ドライな味わいが特徴的です。
キレがあるので、飲んだ後には口の中はさっぱりしています。
ストレートで飲む事にとても向いているライウィスキーで、甘さはあっさりしていますが、麦本来の味わいが強めなので、辛口が好きな人には堪らないと思います。
そして、辛口が苦手という場合も、ハイボールにすれば、ほとんど気になりません。
ハイボールにすると、途端に香りは華やかなフルーティーさを身にまとい、味わいは甘さは強くはないですが、酸味を感じるので、よりスッキリとした感じがします。
「ワイルドターキーライ」は、どちらかというと男性におすすめしたいライウィスキーですが、女性が飲んでも、飲みやすいと思うライウィスキーです。
本格的にライウィスキーを飲みたいと思った時には、ぜひ一度飲んでみて欲しいライウィスキーです。
700ミリリットルで、3,900円前後で販売しています。

伝統を重んじるライウィスキーのおすすめ

バーボンで有名なジムビームから販売されている「ジムビームライ」は、ライ麦特有のスパイシーさと、ほのかにフルーティーな味わいがします。
そして、「ジムビームライ」は、アメリカの禁酒法以のウィスキーの作り方を復刻させて、1945年から販売しています。
かなりライウィスキーの特徴が強い分、少し癖があります。
最初はハイボールなどにして飲む方が飲みやすいと思います。
または、もっと飲みやすい方法として、カクテルの材料として、「ジムビームライ」を使っても美味しいです。
アイリッシュコーヒーというカクテルをご存じでしょうか?
本来は、ホットコーヒーにアイリッシュウィスキーを注ぎ、砂糖とホイップクリームで完成なのですが、アイリッシュウィスキーの代わりに、この「ジムビームライ」を使うのも、女性に飲みやすくなります。
そして、「ジムビームライ」の癖に慣れてきた頃に、ストレートで飲む事をおすすめします。
金額は700ミリリットルで1,500円前後です。

こだわりのライウィスキーのおすすめ

とにかく美味しいライウィスキーが飲みたいという時には、「ミクターズシングルバレルライウィスキー」はいかがでしょうか?
アメリカで最古の蒸留所が造り出した、プレミアムなウィスキーです。
このウィスキーの何が素晴らしいかというのは、厳選されたライ麦で原酒を造り、湿度が高い倉庫で熟成したライウィスキーだからです。
どれだけコストがかかろうと、目指したのはやはり美味しさなのです。
ライウィスキーらしい、微かな苦味とフルーティーな甘味、そして、スパイスのピリッとした辛味が特徴的です。
こだわり抜かれたライウィスキーは、飲む度に味が微かに違う気がして、飲む度に新鮮な気持ちがします。
こだわり抜かれた材料と妥協を許さない製法で造り上げられたライウィスキーは、複雑な味わいが一つになり、とても重厚で、それでいて飲みやすいライウィスキーとなっています。
ライウィスキーの味わいを知った人に、次のステップとして、ぜひ飲んでいただきたいと思います。
700ミリリットルで、7,000円となっています。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3