【秋田県のクラフトビール】米どころが作る郷土愛溢れるビール

今回は米どころ秋田の特産物を生かしたおいしいクラフトビールをご紹介します。

  • ライターN
  • 更新日:
57view
favorite
【秋田県のクラフトビール】米どころが作る郷土愛溢れるビール

秋田県といえば米どころ、日本酒のイメージが強いのですが、もちろんクラフトビールも作られています。

特徴としてはやはり、お米を原料に採り入れたライスビールがあることです。さらになまはげや秋田犬などのラベルの商品もあり、地元との関係の深さが感じ取れます。

その他には桜やぶななどの酵母を活かしたビールを作っている醸造所など、それぞれの醸造所のこだわりや個性が感じられます。また秋田県初の田沢湖ビールは、龍角散とタイアップしたビールも販売されています。

今回は米どころ秋田の特産物を生かしたおいしいクラフトビールをご紹介します。

豊富な水を活かした秋田県初のクラフトビール【田沢湖ビール】

米どころで知られる秋田県は、日本酒の醸造が盛んです。しかし実は、クラフトビール醸造も結構盛んなのをご存知でしょうか。

秋田県のクラフトビールで代表的なものといえば、まず田沢湖ビールが挙げられます。国際的にも評価の高いこのビールは、秋田県で最初に作られたクラフトビールで、酵母無濾過で水やモルトにもこだわった一品です。

水は秋田・岩手両県境の和賀山塊の水、モルトはドイツ産または自社製造、さらにホップは世界最高級のザーツザーツが使われています。ビールの種類はアルトにケルシュ、バイツェンに加えてピルスナー、ダークラガーなどです。

季節限定品もありますし、桜やぶなの天然酵母を使った桜こまちにぶなの森、スモーキーな風味のラオホ、さらに龍角散とタイアップしたドラゴンハーブヴァイスなども作られています。

なまはげのラベルも如何にも秋田県らしさがあります。元々田沢湖ビールは、劇団わらび座の本拠地であるたざわこ芸術村で、新しい文化の創造として醸造されるようになりました。わらび座事業グループの飲食施設で飲むことができますが、ECサイトでも購入が可能です。

田沢湖ビール6種類飲み比べ6本セット

出典:楽天

田沢湖ビール6種類飲み比べ6本セット

【セット内容】
・アルト 330ml×1本
・ピルスナー 330ml×1本
・バイツェン 330ml×1本
・ケルシュ 330ml×1本
・ブナの森 330ml×1本
・桜こまち 330ml×1本

   

田沢湖ビール

住所:秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田430
TEL:0187-44-3988
営業時間:営業時間:日~木 11:00~17:00(フードL.O.14:00/ドリンクL.O.16:30)
金・土・祝前日 11:00~14:00・17:00~21:00(L.O.それぞれ30分前)
定休日:火曜日(団体ご予約による貸切営業の場合もございます)

「自然と人間の調和」を理念に、口においしくからだにもいいビール【あくらビール】

次にご紹介するのはあくらビールです。

秋田市内に醸造所があり、夜間は併設レストラン「プラッツ」でクラフトビールを楽しむことができます。

また昼間にここのビールを飲みたい時は、秋田駅内のあきたくらすが利用可能で、こちらでは常時2種類のビールを飲めるようになっています。

ビールの種類はまず、ポリフェノールを含んだ秋田美人のビール、これはラガータイプです。そしてピルスナーの川反ラガー、古代米アンバー、それから季節限定商品として、さくら酵母ビールとさくら酵母ウィート、ショコラ―デンビアなどもあります。

他にもヴァイツェンやベルジャンなどで工夫を凝らした限定商品があって、中には農家の方2人が開発した「ふたりがかり」というビールなどもあります。

これらのビールはホームページ上や楽天から購入ができますし、また工場に併設のビアカフェでも飲めます。秋田を訪れた際に、醸造所を訪れてまず一杯味わってみて、夕食時にレストランでさらに味わうのもいいでしょう。ビールは6本セットでの販売もされており、その6本の内容を自由に決めることができるのも魅力的です。

【産地直送・送料込!】秋田あくらビール あくら受賞BEER&ギフトセット

出典:楽天

【産地直送・送料込!】秋田あくらビール あくら受賞BEER&ギフトセット

【セット内容】
・秋田美人のビール 330ml×2本
・なまはげIPA 330ml×1本
・あきた吟醸ビール 330ml×1本
・古代米アンバー 330ml×1本
・川反ラガー 330ml×1本

レストラン プラッツ

住所:秋田市大町一丁目2番40号
TEL:018-883-4366
営業時間:17:00~23:00(L.O_22:30)
定休日:月曜日(2018年3月〜)

ユニークなサービスでクラフトビールを楽しめる【湖畔の杜ビール】

そして仙北市には、湖畔の杜ビールがあります。ここではピルスナーやデュンケル、あきたこまちラガーが作られています。

その他にも秋田なまはげ神話ビールやかまくら物語、味わい天空や味わい天涯(てんや)などもこの湖畔の杜ビールの商品です。一般的にビールの醸造は2釜式となっていますが、ここは3釜式という独自のシステムでクラフトビールを作っています。

3つ目の釜は、ライスビールを作る時の米の糖化、または味の微調整などに役立てられています。ここにもこの湖畔の杜ビールのこだわりが窺えます。また秋田犬ビールといって、ラベルに秋田犬の顔がプリントされたものとか、ラベルを自分のオリジナルの物にできるサービスなどもあるのは楽しいものです。オリジナルラベルを使ってビールを贈り物にしたり、特別な日に味わったりということもできます。

注文はホームページ上から行えるようになっています。ちなみにこのビールを醸造している株式会社トーストは、レストランも経営しており、その名をオラエ(Orae)といいます。これは秋田弁で私の家という意味で、アットホームな雰囲気が感じ取れます。

【湖畔の杜ビール】ピルスナー・あきたこまちラガー・なまはげ神話 6本セット

出典:Amazon

【湖畔の杜ビール】ピルスナー・あきたこまちラガー・なまはげ神話 6本セット

【セット内容】
・ピルスナー 330ml×2本
・あきたこまちラガー 330ml×2本
・なまはげ神話 330ml×2本

田沢湖 湖畔の杜レストラン ORAE

住所:秋田県仙北市田沢湖田沢字春山37-5
TEL:0187-58-0608
営業時間:土日祭日 11:00~
平日 11:30~

■ラストオーダー
PM8:00 (Close PM8:30)
※変更の場合あります。

かつての味噌蔵を醸造所に変えた【羽後麦酒】

秋田県のクラフトビールで忘れてはいけない醸造所が、もうひとつあります。それは羽後麦酒です。

県内でも南の方、湯沢市と由利本荘市の間にある羽後町にある、小さな醸造所でこのビールは作られています。羽後町を元気にしたい、お酒の文化を復活させたいということで有志が立ち上がり、資金集めをしながらかつての味噌蔵を醸造所としました。

ここのビールはゴールデンエール、テールエール、そして白ビールであるベルジャンホワイトの3種類で、ゴールデンエールには羽後産のあきたこまちが使われています。販売されているのは「道の駅うご」など県内の飲食店や酒店、あるいはイベントなどが中心ですが、最近は東京都内でも飲めるようになっています。秋田県のクラフトビールの中でもまだ若く、成長段階にあるのがこの羽後麦酒といえるでしょう。

羽後麦酒セット〔ゴールデンエール・ペールエール・ベルジャンホワイト×各2全6〕

出典:Amazon

羽後麦酒セット〔ゴールデンエール・ペールエール・ベルジャンホワイト×各2全6〕

【セット内容】
・GA001(ゴールデンエール)2本
・PA001(ペールエール)2本
・BW001(ベルジャンホワイト)2本

道の駅うご

住所:秋田県雄勝郡羽後町西馬音内字中野200
TEL:0183-56-6128
営業時間:●農産物直売所
|9時~18時(11月~3月│9時~17時)
●端縫いダイニング
|11時~ラストオーダー16時、土日祝16時30分
(11月~3月│11時~ラストオーダー15時、土日祝 16時)
●Bon Café
|9時~ラストオーダー17時
●うご・じぇら
|10時~17時
(11月~3月│平日:~16時・土日祝:~17時)

こうして秋田県の4つの醸造所を見て来て気づくのは、流石に米どころらしく、お米を使ったクラフトビールが多いことです。また郷土芸能のなまはげや秋田犬などを採り入れている醸造所があるのも、地元と密着したクラフトビールならではといえます。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3