毎日飲みたいビール!おすすめのゴールデンエール

  • メンバー
  • 更新日:
33view
favorite

ゴールデンエールは、ベルギー生まれのエールビールであり、大量生産のラガービールに対抗して作られたと言われています。ビール評論家のイギリス人ライター、マイケル・ジャクソン氏によってそう名付けられました。味わいはフルーティーで香りを楽しむビールなので、繊細な味わいの和食や白身魚を中心とする魚料理にもピッタリです。地ビールでありながらクセがなく、初心者からビール愛好家まで楽しむことができるビールになっています。

目で見ても楽しめる、おすすめのゴールデンエール

暑い夏の日におすすめなのは、やはりビールでしょう。のど越しの良さとそしてすっきり感と爽快感は他の何にも負けないといっても過言ではありません。実は、ビールの楽しさは味だけではないのです。見た目にも輝くビールは、その美味しさを2倍3倍にもしてくれます。黄金に輝くビールとしておすすめなのはベルギー生まれのゴールデンエールです。フルーティーで爽快な味わいだけでなく、黄金に輝くその見た目は、まさしくゴールデンというその名にふさわしいものです。一日の仕事疲れや自分を取り巻くさまざまな悩みも吹き飛んでいくような黄金に輝く壮観な見た目です。そんなゴールデンエールを毎日の晩酌にぜひ取り入れてみましょう。ビールは味で楽しむだけでなく、見た目でも楽しむ時代です。ゴールデンエールは見た目がとても輝いているので目立つのですが、味わいは爽やかでクセもなく、ビール初心者からビール上級者までいろいろな人が楽しめるのです。

そもそもおすすめのゴールデンエールとはどんなビールなの

ゴールデンエールとは最近人気のエールビールの一つです。エールビールとは大量生産でのどごし重視のラガービールに対抗して作られたと言われているビールであり、香りを楽しむビールのことです。実は、ゴールデンエールもその一つであるエールビールは、上面発酵といって麦汁の表面に浮き上がってくる古くからの作り方を徴収して作られているのです。ゴールデンエールはまるでグレープフルーツのようなフルーティーな香りとポップな苦みが特徴的で、すっきりとした味わいなのです。ゴールデンエールはその見た目からその名がつけられていますが、実はその味わいもすっきりとしていてごくごく飲めるのです。下面発酵で大量生産されているラガービールは知名度も高いのですが、エールビールは丁寧に作られており、そのなかでもゴールデンエールは1980年に作られたあたらしいビールであり、そして大量生産のラガービールに対抗して作られたと言われているのです。

ゴールデンエールのおすすめの飲み方について

ゴールデンエールとは、すっきりとしたフルーティーな味わいのエールビールです。そのため、ビールと言うよりもむしろワインのように取り扱ったほうがよいと言われることさえあります。このようなすっきりとしたフルーティーな味わいのゴールデンエールは、和食や白身魚といったシンプルな味付けの料理に合わせるのがおすすめです。このゴールデンエールを味わうときは、ビールジョッキではなくグラスに注いで、このゴールデンな見た目を楽しみながら飲むのがよいでしょう。ゴールデンエールを味わうときには少し注意したいこともあります。それは、冷やすとおいしいのがビールの醍醐味ですがあまり冷やし過ぎると香りが飛んでしまうのでおすすめできません。また、味わいがすっきりとしていてフルーティーなので、スパイシーな料理や濃い料理と組み合わせるのであれば、先にゴールデンエールを味わうのがよいでしょう。食事だけでなく、チーズなどのおつまみとも合います。

ゴールデンエールのおすすめポイントについて

ゴールデンエールのおすすめポイントとしてはやはりその見た目です。見た目は普通のビールなのですが、真っ白い泡に透き通るほど淡いゴールドカラーです。アルコール度は5パーセントとさほど高くないので、ビール初心者でも楽しめます。地ビールの中には、クセのあるものも多いのですが、苦みもクセもなく、地ビールをイメージだけで敬遠した人にもおすすめです。実は、ゴールデンエールを一口飲んだ時の味わいは、そこまで特徴のあるものではないのですが、そのシンプルで繊細な味わいが癖になり、毎日飲んでも飽きない美味しさなのです。実は、このフルーティーなゴールデンエール、和食にピッタリなのです。繊細な味わいが魅力的な和食、特におせち料理やお雑煮にもマッチするのでお正月のお祝いにもおすすめです。普段使いするのであれば、白ワインに合わせるような感覚で選べばよく、カルパッチョやペペロンチーノ、ハーブ系のサラダなどにもピッタリなのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3