知らないと損する!スパークリングワインの本当の開け方

  • メンバー
  • 更新日:
20view
favorite

皆さんはスパークリングワインをよく飲むでしょうか。洋風レストランなどでは最初の乾杯でよく使われていますよね。最近では安くて美味しいスパークリングワインも増えていますのでご自宅で飲む方も多いのではないでしょうか。スパークリングの開け方といえば、『ポンッ!』と軽快な音をさせて開けるイメージが強いと思いますが、実はあの開け方、とても危険な開け方なのです!今回はアウパークリングワインの本当の開け方をお教えしますのでぜひご活用ください。

スパークリングワインの『ポンッ!』と音を鳴らす開け方は危険!?

スパークリングワインの開け方といえば、布か何かでコルクを回し、ポンッ!と音を鳴らしながら開ける、と多くの方がイメージすると思います。確かにあの軽快な音とふわっと香るスパークリングワインの香りで気持ちも上がるような気がしますよね。しかし、この開け方は非常に危険なのです。スパークリングとは炭酸が抜けないよう瓶の口より大きなコルクで密閉しています。このコルクが抜ける時は、人の力というより炭酸の圧力を利用して開けているのです。スパークリングワインの圧力は思っている以上に強力で、少しでも手の力を抜くと炭酸の圧力に負けて人間の腕の方が吹っ飛ばされることもあるのです!実際、このコルクが弾け飛ぶ事故で怪我をする人は非常に多く、うっかり顔を近づけたりすると最悪亡くなってしまうほどの事故に発展することもあります。そのくらい、スパークリングワインの炭酸圧力は強力です。皆さまもスパークリングワインを開ける時は焦らず気を抜かず、慎重にコルクを抜きましょう。

スパークリングワインの本当の開け方 - テクニック①

お店などでスパークリングワインを飲む際、ソムリエのような方が白いナプキン等を使ってコルクを開けているのを見たことがありますか。白の布で開けるだけで、とてもスマートでカッコよく見えます。しかし布の用途は使カッコよさや清潔感だけではないのです!ここからは具体的なスパークリングワインの開け方をご紹介します。

まず布、無ければタオルなど厚手の布を用意します。年代物のスパークリングは冷やしすぎない方が風味も保てて良いと聞きますが、乾杯の際によく使われる辛口スパークリングは冷やしておいた方が良いです。よく冷やしておくことで、栓抜き後の泡が吹き出しにくくなります。加えて、ボトルは少し傾けておくと力加減をつけやすくなりますし、垂直状態より液体面を多く保つことで、こちらも開栓時の泡吹きこぼれを防止できます。いよいよ、布の上からコルクをしかっりと握ります。この時、間違っても素手で行なわないでください。プロの方は素手で行う人が多いですが、慣れていない人はやめましょう。また、顔もできるだけコルクに近づけないでくださいね。

スパークリングワインの本当の開け方 - テクニック②

続きまして、コルクの抜き方です。コルクはゆっくり、少しずつ回します。この時コルクが動きやすいか、動きづらいかで炭酸の圧力がわかります。コルクがビクともしない場合は圧力が強いので注意します。なるべく手元のひねりを戻さず、一捻りで抜くのが理想です。決して力づくではなく、炭酸の圧力を少しづつ利用するイメージです。コルクが抜けそうになっても決して気を抜かず、いつ弾け飛ぶか分からないので注意してください。少しコルクが緩くなってきたら、さらにボトルを傾けます。こうすることでコルクと瓶口に隙間ができて抜けやすくなります。こういったテクニックで、ポンッ!と音を立てずに開けられるようになります。布を使うのは抜ける時の圧力を吸収してくれる役割もあるのです。スパークリングワインは勢いと間違ったカッコよさで開けるのでなく、スパークリングワインの特性を理解して、スマートに開けましょう。コルクが抜けたら楽しい乾杯タイムです。

スパークリングワインの開け方は静かなほど良い

上記でも述べましたが、スパークリングワインの開け方は静かに開けるほどスマートで美しいのです。手慣れた方が開けると『ポンッ!』という音はほとんど鳴りません。『スー』という静かな炭酸の抜けた音しかしません。いつ開けたのか分からないくらいです。よくスパークリングワインをポンポン開けてお祭り騒ぎをする映像が流れたりしますが、これはあくまでパフォーマンスであり、とても美しい所作ではありません。美しさを求めていないパフォーマンスだと思いますが。そしてとても危険な行為ですし、実際事故も多く起きています。せっかくのお酒の場も、事故が起きれば悲しい場になります。そういったことを避けるためにも、スパークリングワインの本当の開け方を知っておくと非常に役立ちます。また、男女問わずお酒の開け方や注ぎ方の所作が綺麗な方とお酒を飲むのは気分が良いものです。皆さまもぜひ、スパークリングワインを開ける際は静かに、スマートに、美しくを意識して開けて見てください。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3