沖縄マンゴーは生食だけでなくお酒として味わってみてもいいものです

  • メンバー
  • 更新日:
30view
favorite

沖縄マンゴーのお酒について、あなたはご存知でしょうか。今はトロピカルフルーツのお酒もかなりありますが、沖縄マンゴーもその例に洩れません。リキュールやワイン、チューハイなど様々な種類がありますし、リキュールは他のお酒や炭酸、ミルクなどで割っても楽しめます。また沖縄マンゴーの泡盛もあり、これは如何にも沖縄らしい組み合わせです。もちろん家でも沖縄マンゴーの果実酒を作ることができます。方法は他の果実酒と同じで、お酒や氷砂糖と一緒に漬け込みます。沖縄ならではのトロピカルな雰囲気を、ご家庭でも堪能してください。

沖縄マンゴーのお酒はリキュールや泡盛など様々な種類があります

沖縄といえばやはりトロピカルフルーツが有名です。パイナップルやスイカだけでなく、シークヮーサー、パッションフルーツやパパイヤ、マンゴーなど、これぞ沖縄というフルーツが揃っているのは大きな魅力です。これらのトロピカルフルーツはもちろん生でも食べられますが、お酒にしてもかなり美味しいものです。特にマンゴーのお酒は、リキュールや泡盛など様々な種類があり、しかも現地に行かなくても、ネットで取り寄せることが可能です。地元の醸造所の物もあれば、大手メーカーが出しているのもあります。一度トロピカルフルーツのお酒を飲んでみたいと思っていた方、生食だけでないマンゴーの味わい方を考えていた方には、こういうお酒はお勧めです。沖縄マンゴーのお酒は、もちろんそのまま飲んでもいいのですが、他のお酒と組み合わせたり、また他のドリンクで割ったりすると、また思いがけない味が楽しめます。ミルクやオレンジジュースで割る方法もありますし、もちろん炭酸で割って飲む方法もあります。

お酒が苦手な人にもお勧めの甘くてフルーティな沖縄マンゴーワイン

沖縄マンゴーのリキュールは、それ以外にも様々なカクテルのベースとなります。モヒートやヨーグルトとミックスするのもいいですし、またビールと合わせるのもいいでしょう。沖縄のビールとして有名なオリオンビールは、この沖縄マンゴーのリキュールとミックスしたビアカクテルを発売しているので、それを購入して飲む方法もあります。しかし沖縄マンゴーのお酒は、リキュールだけにとどまりません。前出のように泡盛もあります。ただこの泡盛は、マンゴー梅酒といってマンゴーの味がする物と、マンゴー酵母で仕込んだ物の2つのタイプがあります。どちらを飲みたいのかをまず決めてから、購入するようにしましょう。泡盛とマンゴーリキュールを使って、カクテルを作ることもできます。ただ泡盛はアルコール度数は高いので、飲み過ぎには注意してください。その他の沖縄マンゴーのお酒としては、マンゴーワインがあります。マンゴーをふんだんに使っていて、甘くてフルーティな味が特徴です。お酒の苦手な方にもお勧めできます。

沖縄マンゴーの果実酒はもちろん家庭でも作ることができます

ちょっと意外なのですが、新潟県の日本酒メーカーからも沖縄マンゴーが発売されています。これはぽんしゅグリアといって、日本酒とフル一ツをミックスさせて、サングリアのようなフルーツとお酒の組み合わせを楽しむためのものです。このメーカーは、他にも各地のフルーツをぽんしゅグリア用に発売しており、日本酒をフルーツに注ぐだけでそのまま飲めるようになっています。ところでマンゴーといえば、沖縄のみならず宮崎産も有名です。この両者の違いですが、どちらかといえば沖縄産の方が値段が安くなっています。この沖縄マンゴーを購入して、果実酒を作ることもできます。マンゴーはよく洗って水けを切ってから、一口大にカットし、ホワイトリカーや氷砂糖と一緒に漬け込みます。暗くて涼しい所に置いておき、時々揺り動かすようにします。3か月も経つと飲めるようになります。また長くつけていると沈殿物が溜まりますので、その時は一旦マンゴー酒をキッチンペーパーなどで漉してから、再び容器に戻すようにしましょう。

栄養豊富な沖縄マンゴーはお酒以外にも色々加工されています

沖縄マンゴーのお酒と一口にいっても市販品もあり、家庭でも作れる物もあります。また市販品の中にもリキュールありワインありと様々です。リキュールはジュースや炭酸、お酒と組み合わせてカクテルとして楽しむこともできます。マンゴーと泡盛の組み合わせもあり、これは如何にも沖縄らしいといえるでしょう。さらにチューハイにも、沖縄マンゴーの風味を活かした物も多いので、意外と沖縄マンゴーのお酒は手に入りやすいのです。お酒でトロピカルな風味を味わうことができるので、リラックス効果があるうえに、ビタミンAやβカロテン、カリウムなどの栄養素も含まれているのも嬉しい限りです。またお酒だけでなく、ゼリーやジャムなどの加工食品もあります。これも色々なメーカーが出していますし、家でマンゴー果実酒を作った残りを、ジャムやゼリーにして楽しむこともできます。沖縄マンゴーのようなトロピカルフルーツは、なかなか手が出ないなどで、お酒とかジャムなら比較的手に入りやすいので、まず加工品から味わってみるのもいいでしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3