夏バテの時に飲むと食欲が戻ってくるお酒といえば何があるのでしょう

  • メンバー
  • 更新日:
29view
favorite

夏バテで食欲がない時は、食前や食中にお酒を飲むという方法があります。特にビールや日本酒は、食欲を増進させたり、新陳代謝を高めたりする働きがあります。ビールの場合はノンアルコールでも効果に変わりはありません。ただしあくまでもお酒ですので、適量を飲むようにしましょう。また暑い時のビールは美味しいものですが、場合によっては脱水症状になりかねないので気をつけるようにします。それから栄養豊富な甘酒を、冷蔵庫で冷やして飲むという方法もあります。

夏バテの時に飲むと食欲が戻ってくるお酒は食前に飲んでみましょう

夏になって気温や湿度が高くなると、疲れやすくなって食欲もなくなります。いわゆる夏バテと呼ばれるものです。人によっては、暑いけれど冷たい物なら入りやすいということもあります。しかしあまり冷たい物ばかりだと、体を冷やし過ぎるのでかえってよくありません。体の熱を取る食材、疲れを取ってくれる食材、そして食欲を増進してくれる食材を選んで食べるようにしましょう。そしてもうひとつお勧めしたいことがあります。それは食事の前にお酒を少し飲むことです。いわゆる食前酒と呼ばれるものです。食前酒というとフランス料理を連想しますが、フランス料理だけでなく、食事の前の適量のお酒は、食欲を増進させる効果があるのです。この食前に飲むお酒として理想的なのが、梅酒やシャンパンです。ほどほどの量であればビールでもいいでしょう。食事の前のお酒はその他に、リラックス効果もあります。リラックスしてゆっくり食事をすると、代謝機能がアップして肥満しにくくなるので、ダイエット効果も得られます。

ビールもまた夏バテの時に飲むと食欲が戻ってくるお酒の1つです

もちろん食前に飲むだけでなく、食べながらお酒を飲んでもいいのです。まずお勧めなのがビールです。冷えたビールは暑い夏には不可欠なお酒です。しかもビールは炭酸を含んでいるので、これによって胃が刺激され、動きが活発になります。さらにビールにはNーメチルチラミンといって、食欲を増進する物質が含まれています。この物質は胃酸の分泌を増進する働きがあり、さらにビールの主原料である麦芽にも、消化活動を盛んにする作用があるのです。食欲が増進され、しかも消化が盛んになるわけですから、食欲がない時にはまずビールを飲んでみるのもいい方法です。ただ飲み過ぎることによってついつい食べ過ぎてしまい、いわゆるビール腹の原因になってしまいます。適量を飲み、適量を食べるようにしましょう。また炭酸と麦芽による働きですので、アルコールが含まれているかどうかは関係ありません。ノンアルコールであっても、食欲増進にちゃんと貢献してくれますので、車を運転していてもこれなら大丈夫です。

日本酒も夏バテの時に飲むと食欲が戻ってくるお酒といえます

それから日本酒も夏バテには効果があります。日本酒には大きく分けて血行促進と、疲労回復の2つの作用があり、血行促進は冷えた体を温める効果、疲労回復は夏バテそのものに働きかける効果としてそれぞれ有効です。血行促進を請け負うのは、アセトアルデヒトと呼ばれる成分です。日本酒だけでなく、お酒を飲むと体が温まって来ますが、あれはアセトアルデヒドによるものです。さらに日本酒には毛細血管を広げるアデノシンが多く含まれているので、血行を良くして体を元の状態に戻してくれます。また日本酒にはアミノ酸が多く、胃の粘膜を強くしてくれます。その他にもビタミンやミネラルなどの栄養分が多いのも、夏バテに効果があるとされる一因なのです。そして香りにリラックス効果があるので、これも食欲がわく理由の一つとされています。ただビールの場合もそうですが、お酒であるのは事実ですので、体への影響を考えて、適量を飲むようにしましょう。特に冬のような熱燗でなく冷やで飲む場合は、後で酔いが出やすいので注意するようにします。

甘酒も夏バテの時に飲むと食欲が戻ってくるお酒としてお勧めです

しかし夏バテにお酒がいいといっても、それは食欲を増進させたり、体の新陳代謝をよくしたりするのが目的です。たとえば喉が渇いているからとか、暑いといった目的だけでビールを飲むと、かえってよくない結果になります。元々ビールは利尿作用が高い飲み物です。脱水気味のところへビールを飲むと、体外に排出される水分の方が多くなり、脱水症状に拍車がかかることになりかねません。またこれは日本酒もそうですが、空腹時に飲むのではなく、ある程度食べる物を食べてから飲む方が、悪酔いせずに楽しむことができます。それか甘酒も疲れやすい夏にはいいものです。江戸時代には既に飲まれていた飲み物で、酒粕から作るタイプと米麹から作るタイプとがあります。このうち、酒粕から作る甘酒にはアルコールが含まれますが、香りがよく甘めです。米麹の方は控えめな甘さで、アルコールは含まれていません。そのため後者は妊娠中、あるいは授乳中の人にもお勧めです。冷たく冷やした甘酒もまた、夏場の元気や食欲増進に効果があるといえるでしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3