もう悩まない!梨狩りの梨を酒と合わせておいしく消費する方法!

今回は梨狩りの梨をお酒で楽しむ活用法をご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
72view
favorite
もう悩まない!梨狩りの梨を酒と合わせておいしく消費する方法!

瑞々しいフルーツの梨。

この梨を自分で収穫できる「梨狩り」は人気のレジャーの一つですよね。

でも、梨って一つ一つが大きいので、たくさん収穫したけど、もう食べきれない!なんてこともあります。

そんなときにおすすめなのが、「梨のお酒」を造ることです!

梅酒のように、砂糖やお酒と一緒に漬け込むだけで、梨の香りがほんのり漂うお酒ができあがります。

使うお酒を変えてみると、また違った味わいになります。

またネットでは梨のリキュールやワイン、ビールなどもあります。

生食のイメージが強い梨ですが、こんなにいろんな活用法があるんですね!

ジャムやコンポートにお酒を加えるのもお勧めです。

今回は梨狩りの梨をお酒で楽しむ活用法をご紹介します。

簡単!梨狩りの梨で作るお酒のつくりかた!


梨が沢山余ってしまったら、ぜひ梨の果実酒を作ってみましょう。

準備するのはホワイトリカーなどのお酒と梨、そして砂糖です。

梨はよく水洗いして、適当な大きさに切っておきます。

皮がついていても構いません。次に保存用の瓶を消毒し、お酒と梨、砂糖を入れて漬け込みます。

お酒約1.8リットル(一升)につき、砂糖は100グラム程度です。

そのまま漬け込んで、大体1か月ほど経つと飲めるようになりますが、長期間漬けておくとそれだけ風味が増します。

ホワイトリカー以外に日本酒、または焼酎でもできますし、ウイスキーに漬けるという方法もあります。

お酒によって味が変わってくるので、何種類か試してみるのも楽しいですね。

お酒や砂糖を変えることで違った味を楽しめますし、作っているうちにオリジナルの味を作り出せるようになります。

また和梨だけでなく、洋梨を使うとまた違った味わいになります。

この場合もホワイトリカーや砂糖と一緒に漬け込むだけです。

また漬け込む時に、レモンを入れるとさわやかさが増します。

これらの梨のお酒は、そのままで飲むこともできますが、炭酸で割って飲んだり、氷を浮かべて飲んだりするのもお勧めですよ!

梨狩りの梨の酒だけでなく市販の酒もおいしい!


梨狩りの梨で自分で作るお酒以外に、市販の梨のお酒も沢山出回っています。

まず梨ワインというものがあります。

梨ワイン・梨のささやき

千葉県の鎌ヶ谷産の幸水梨を100%原料にして醸造されたワインです。

梨のほのかな香りと、さわやかな味わいが風味豊かなワインです。

梨好きの人にぜひ飲んでいただきたいです。

鎌ヶ谷市産梨使用 梨ワイン 「梨のささやき」 720ml 出典:amazon

鎌ヶ谷市産梨使用 梨ワイン 「梨のささやき」 720ml

アルコール度数:10%
鎌ヶ谷産幸水100%使用

梨といえば、とかく日本人は生で食べるイメージが強いのですが、このようにお酒として味わうと、生の食感とは違った味を楽しむことができます。特に果実酒の好きな人にはお勧めです。

最近では梨のチューハイなども人気がありますね!

また珍しいものでは梨のスパークリングリキュールなどもあります。

こうして見ると、梨とお酒というのは意外に相性がいいんですね!

手作りに挑戦!梨狩りの梨のジャムに酒でアレンジを!


梨狩りに行って、梨が沢山収穫できたら、ジャムやお菓子を作るのもお勧めです。

その時はぜひ、白ワインを活用してください。

ジャムに白ワインを入れることによってぐっと風味が大人っぽくなります。

梨のジャムのレシピ

まず梨を二等分して1つをいちょう切りにします。

残った半分はすりおろし、鍋に梨と砂糖、もしあればレモンの汁をと白ワインをいれて、焦げ付かないように煮つめます。

とろみがついたらでき上がりですが、途中でアクが出て来るので丹念にすくいましょう。

後は熱湯消毒した瓶に入れておきます。

そのままパンにつけてもいいし、アイスクリームやヨーグルトに添えてもおいしいですよ!

生で食べる印象が強い梨も、お酒にしたり、お酒を使って一工夫したりすることで、色々と違った表情を見せてくれるのです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ