ワイン初心者入門編!知っておきたい基本知識とおすすめ♪

一口に【ワイン】と言っても初心者にとってはどれがどんなシチュエーションにおすすめなのか、それぞれどんな違いがあるのかわからず悩んでしまいますよね?今回はそんなワイン初心者さんでもわかる入門講座です♪

  • あーちゃん
  • 更新日:
3,008view
favorite
ワイン初心者入門編!知っておきたい基本知識とおすすめ♪

ワインを静かなバーで傾ける姿はなんともクールで大人な雰囲気を醸し出しますよね。ワインが好きっていう人はそうしたってかっこよくておしゃれでみんなから憧れられるような人が多いイメージを持たれることが多いです。

そんなおしゃれなワインに今年こそはチャレンジしてみよう!と思いながらも、「ワインっていろいろ難しいなぁー」とか「ちょっと渋くて慣れるまでは美味しく飲めないなぁ…」なんて足踏みしていませんか?

そんなちょっと高嶺の花なイメージの「ワイン」ですが、初心者にもおすすめのワインを選ぶことでするっとおしゃれなワイン好きの仲間入りができちゃいます♪今回はそんなワイン初心者さんでも今日からワインを呑んでみたくなる入門講座です!

ワイン初心者入門編「スティルワイン」っていったい何!?

ワイン初心者の一番のつまずきポイントは、呪文のような横文字の羅列ではないでしょうか?日本なんだから日本語で書けよ!なんて思ってしまいますが、ワインがおしゃれである所以はやっぱり横文字なんです(笑)私たち日本人ってやっぱり横文字へのあこがれを捨てきれないんです(笑)

そんなおしゃれ横文字ワインを今日からデビューしたい初心者さんがまず知っておくと、ちょっと鼻が高いワードがスティルワインです。スティル?still?直訳すると、「まだ」。まだワイン…?意味わかんないですよね(笑)

スティルワイン(still wine)
とは、非発泡性のワインのことを言います。要するに、私たちが一般的にワインと言っている「赤ワイン」「白ワイン」「ロゼワイン」「アイスワイン」がスティルワインに分類されます。じゃあ、スティルワインじゃないワインってなんなの!?というと発泡性のスパークリングワインです。

ワイン初心者におすすめのスティルワインは「白ワイン」もしくは「ロゼワイン」です。ワイン初心者が「ワインはちょっと飲みにくい…」と思う大きな理由がえぐみやワイン特有の渋みではないでしょうか?

「白ワイン」や「ロゼワイン」にはこのえぐみや渋みが少なく、ワインに慣れていない初心者でも飲みやすいのが特徴です。

何を隠そう、今では一人でワイン1本開けるほどワイン好きな私も、最初は白ワインからスタートしました!白ワインは味のバリエーションが多く、甘口や辛口も選ぶことができ自分好みのものを見つけやすいところもワイン初心者におすすめのポイントです。

えぐみや渋みが少ない「白ワイン」ですが、酸味は多いのでワイン初心者であれば甘口の「白ワイン」からチャレンジしてみてくださいね!そこからちょっと赤が混ざった「ロゼワイン」。
「ロゼワイン」は渋みも酸味も少なくやさしい舌あたりが特徴です。料理と合わせやすいのも「ロゼワイン」なのでお料理好きな方にはおすすめです。

さらに慣れてきたら「赤ワイン」に挑戦してみるとだんだんとワインのえぐみや渋みも癖になってきます!

ワイン初心者でもぐびぐびいけちゃう!おすすめはスパークリングワイン♪

スパークリングワインは名前の通り、泡が出ているワインのことです。スパークリングワインなんて、もぉおしゃれの代表みたいなイメージですよね(笑)ドレッシーな恰好をしたセレブ達がタワーマンションの最上階で口の小さなグラスを傾けながらしゅわしゅわはじけるゴールドに輝くスパークリングワインを口に運ぶ姿が目に浮かびます(笑)

そんなスパークリングワインはちょっとお高いイメージがあるかもしれませんが、実はお手軽に楽しめて、甘口のものから辛口まで幅広くあることから自分好みの物があらびやすいのが特徴です。さらに、泡のきめ細かさにまで強弱があり、しゅわしゅわっとはじける泡でワイン初心者であってもとても飲みやすいです。

泡があることで爽快感や味わいがスッキリとしているので、ワインの味を強く感じにくいのでワイン初心者でもぐびぐび行けちゃうのがスパークリングワインです。炭酸が入ることで味わいが爽やかになり、どんな料理にもあいやすいのがスパークリングワインの魅力です。

炭酸飲料やサワーのような感覚で呑めるスパークリングワインは、食事と一緒に楽しめワイン特有の味も強く感じにくいのでワイン初心者向けと言えます。

スパークリングは白ワインが多く販売されていますが、赤ワインやロゼワインのスパークリングワインも増えてきているのでレストランに行った際などは1杯ずつチャレンジしてみてお気に入りを見つけるのも楽しいです。

ワイン初心者が知っているとちょっと鼻が高いブドウのおすすめ入門品種

ワインマニアにもなると、どこどこの国のあの品種のブドウがどうたらこうたらともう耳が詰まるぐらいのうんちくを語りだしますが、正直そんなうんちくを語られた日には女子にはドン引きされます。うんちくはほどほどに、豆知識をちょこっと披露するぐらいがスマートです。

ワインの原料であるブドウは使われている品種によって味わいや酸味、渋みの出方が異なります。そこで、白ワイン、赤ワインに使われているブドウの品種の中で初心者におすすめの種類をすこしご紹介します!

まず、「白ワイン」に使われているブドウの品種の中で初心者が知っておきたい入門品種が「シャルドネ」「ミュスカ・ブラン」「ソーヴィニヨン・ブラン」の3つです。

シャルドネ

シャルドネは特に初心者向きの品種であり、味にクセや嫌味がないのでシャルドネを選んでおけばまず間違いないでしょう。

ミュスカ・ブラン

ミュスカ・ブランは甘い味が特徴の品種です。果実のような甘味を感じることができるので、女性に好まれやすい味です。

ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランは白ワインの中でポピュラーな品種です。爽やかな風味を持っているのでサッパリめが好きな方におススメできます。安価な白ワインにも使われることの多い品種なので、お手軽に楽しめるためなじみの深い入門品種です。

一方、「赤ワイン」に使われているブドウの品種の中で初心者向きなのが「ピノ・ノワール」「カルベネ・ソーヴィニヨン」「メルロー」の3つです。

ピノ・ノワール

ピノ・ノワールは生産地によって味や香り、風味が異なる特徴があり、その中でもニュージーランド産のピノ・ノワールは評判が高いのでおススメです。フルーティーで繊細な味わいを楽しめます。

カルベネ・ソーヴィニヨン

カルベネ・ソーヴィニヨンは赤ワインの代表格とも言える品種です。しっかりとした味わいが特徴で赤ワインらしさを感じられます。

メルロー

メルローは酸味が強くないので、親しみやすい味です。

ワイン初心者におすすめしたい!コスパでおいしいワインたち♪

ワイン初心者向けの入門の種類や品種はが分かった所で、さっそくワイン初心者がまずはチェレンジしやすい価格帯をご紹介します!

ワインって本当に値段がピンキリなんですよね。本当に安いワインだと500円のぐらいでボトルが買えてしまうものから、月収なんですけど…ってぐらいお高いワインがあるのも事実です。ワイン初心者であれば、あまり高すぎる物を買って失敗したくないしかと言って安過ぎる物で「やっぱりワインは苦手…」なんてトラウマになってしまうのも心配ですよね。

ワインに飲み慣れていない方が最初に手を出す価格帯としておすすめなのが「1,500円以上」のワインです。

今は低価格でも美味しい!と謳っているワインも増えていますが、やはりランクは多少下がってしまうのが現実。そりゃ安いんですからそれなりの理由があるのが当たりまえですよね。ランク的にも最初は「1,500円以上」のワインを選ぶことで高すぎず、安すぎず「おいしい!」と思えるワインに出会うことができます。

「1,500円」くらいのワインなら手を出しやすい価格ですし、低価格のワインと比較して味も良いので、最初に美味しいと感じやすいワインとも言えます!ワイン初心者が最初に買うなら「1,500円以上」くらいのワインを選べば、価格的にも安心ですし、これくらいの価格帯なら評判の高いワインも多くあるので安心です。

コスパが良いのに品質が高い、初心者におススメなのは「チリワイン」

ワインといえば、フランスやイタリアを連想することが多いですが、最近ではデイリーワインとして「チリワイン」が注目されてきています!

「チリワイン」はワインの価格がフランス産より安く、かつ高い品質を持っていることからコスパが良いワインとして日常的にワインを呑む人からの人気が高まっています。
ワイン初心者だから高いワインは選びたくないけど、安いワインは味が心配という方にはぜひとも「チリワイン」からチャレンジしていただくのがおすすめです♪

チリは品質の高いブドウが育ちやすい気候や環境なので、多少安いワインであっても高品質のワインを製造できます。それは、チリにはブドウの天敵となる害虫がいないことや、手摘みで収穫しておりブドウを傷付けず丁寧に扱う事で安定した品質を保てることにあります。

チリは縦に長い国なので地域によって味が変わりやすいですが、そうした中でも当たり外れが少ない「カルベネ・ソーヴィニヨン」や「ソービニョン・ブラン」がチリワインの中でもおススメの品種です。

私が特におすすめなのはコラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティです!ワインのプロが愛読する【ワイナート】に多数掲載されたり、ワインの専門家である女性審査員のみでワインを評価する【サクラワインアワード】ゴールド賞を受賞したり、業界が大注目するワインながらとってもリーズナブルな価格で楽しめるチリワインです。

コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ 2014年 チリ セントラル・ヴァレー 赤ワイン フルボディ 750ml

コラゾン・デル・インディオ ヴィニャ・マーティ 2014年 チリ セントラル・ヴァレー 赤ワイン フルボディ 750ml

業界が注目する!世界のワインを知り尽くしたカリスマ醸造家がつくるエレガントで滑らかなボルドースタイル

【画像出典】Amazon

甘めが好きな方には、チリ産の白ワインがおすすめです!リッチな白さを持つ貴腐ワインです。貴腐ワインとは水分が蒸発して糖分が凝縮したブドウで造られた非常に甘いワインの事を指します。香りが高く、味は濃厚で滑らかなのが特徴なワインです。

サンタアリシア レイト・ハーベスト(チリ・白・貴腐ワイン・500ml)甘口

サンタアリシア レイト・ハーベスト(チリ・白・貴腐ワイン・500ml)甘口

上品な甘みと心地よい酸味との絶妙な味わいが特徴なチリワイン。

【画像出典】Amazon

美味しいチリワインが呑める「呑んべぇ」おすすめの居酒屋さん↓

   
この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3