お酒に合う♪おせち料理のレシピと一緒に呑みたいめでたい銘柄!

  • メンバー
  • 更新日:
29view
favorite
お酒に合う♪おせち料理のレシピと一緒に呑みたいめでたい銘柄!

お正月と言えば「おせち料理」ですよね。
奈良時代、朝廷で行われていた節会(せちえ)という宴会のようなもので出された料理が一般に広まったことが始まりと言われています。

買い出しができない正月に備えて年末に日持ちする料理を重箱に詰めていたとか、お正月に女性の家事の負担を減らすためとか、お正月に火をなるべく使わないためなどが始まりだと思っていましたが、調べてみるとちゃんとした由来があるものですね。

そんなおせち料理ですが、現在は、縁起の良いものを重箱に詰めて新年を祝う形になっています。
そこで、定番のおせち料理のレシピとそれにあうお勧めのお酒をご紹介したいと思います。

おせち料理って何?もっとお酒がおいしくなる成り立ち


おせち料理は弥生時代に中国から伝わり、江戸時代後期に今と近い形になったといわれています。

実際に定着したのは奈良時代から平安時代で、節の儀式が宮中行事として行われるようになった事で邪気を払い不老長寿を願う儀式としてお祝いの料理がふるまわれるようになりました。当時はお正月のお料理だけをさしておせち料理と読んだのではなく、端午の節句や七夕の節句などという五節句でふるまわれるお料理をおせち料理と呼んでいました。

現在の様にお正月に新年を祝うために料理一つ一つに意味が込められるようになったのは江戸時代後期になってから。大みそかにおせり料理を作り、お正月に家族そろっておせり料理を食べるという風習も生まれました。

おせち料理は”節”といわれる季節の変わり目に神様に収穫を感謝する風習が起源です。その季節に合った食べ物とお酒を神様に感謝しながらいただく事で食べ物の大切さや家族の健康を祈れる時間にできると良いですね。

おせち料理と呑みたい♪縁起の良いお酒【お屠蘇(とそ)】

お正月といえば、おせちを食べながらおいしいお酒をくいっとやるのが呑んべぇの楽しみですよね!そんなお正月の美味しいお酒ですが、特に年の始まりに呑む日本酒を「お屠蘇(とそ)」と呼びます。

お屠蘇(とそ)ってどんなお酒?

日本の風習である「お屠蘇(とそ)」は本来、日本酒やみりんで生薬を浸けこんだ薬草酒の一種です。年の初めに邪気を払い無病長寿の祈りが込められています。

お屠蘇(とそ)は自宅でも作れる!

薬草酒といわれると、なんだか難しいように感じてしまいますが、実は自宅でも作る事ができます。

用意するものは屠蘇散、酒、本みりんのみ!呑んべぇの皆さんの場合は本みりんを使わなくてもOKです!

作り方もとても簡単で、市販の屠蘇散を一包み日本酒に数時間浸すだけ!簡単ですね!

高野山の開運お屠蘇(屠蘇散)

高野山の開運お屠蘇(屠蘇散)

原料: 防風、山椒、桔梗、肉桂、白朮
内容量:2g
使用方法:2合(360ml)のお酒(またはミリン300ml程度)に一夜冷たく浸しておき翌朝用いて下さい。

お正月に呑みたい縁起のいいお酒

開運(かいうん) 祝酒 [ 日本酒 静岡県 1800ml ] 出典:Amazon

開運(かいうん) 祝酒 [ 日本酒 静岡県 1800ml ]

見るからに縁起のいい名前のこちらは、富士山にほど近い静岡市の海岸部由比漁港のすぐ近くの土井酒造場で造られています。

名前の縁起もよければ、場所の縁起もいい!お正月にとても人気の銘柄です。

県名: 静岡県
アルコール度数: 16%

大吟醸 てづくり七福神 720ml 出典:Amazon

大吟醸 てづくり七福神 720ml

220年もの伝統を持つ「菊の司酒造」の造るお料理を引き立てる穏やかな吟醸香と水のようなしなやかな呑み心地が特徴のお酒です。

おめでたい席で大活躍!

アルコール度数:15度
原料米:「美山錦」100%使用
酵母:ジョバンニの調べ
精米歩合:50%
日本酒度:+6.0
酸度:1.3

お酒に合う♪おせち料理のレシピ!

甘い幸せ♪黒豆

材料

黒豆 500g
砂糖 500g
醤油 25ml
古釘 3本

作り方

準備1(約4~5日前)
濃いめの塩水に釘を入れ放置し古釘を作る。
準備2(前日)
黒豆をたっぷりの水に一晩以上浸しておく。

浸しておいた黒豆の水を捨て、新たに黒豆に水が被る程度の水を入れ、釘と一緒に弱火で1時間煮る。
砂糖と醤油を加えさらに1時間以上弱火で煮る。
黒豆が好みの固さになったら、そのまま半日以上置いて味を馴染ませる。

甘い黒豆には梅酒がぴったり。
紀州の辛口梅酒「男」なんかいかがでしょう。
純米酒仕立ての甘くなくスッキリした辛口の梅酒ですので、甘い黒豆にぴったりです。

食感が楽しい!数の子

材料

数の子 200g
☆だし汁 150ml
☆醤油  大さじ2
☆酒   大さじ2
☆みりん  大さじ2

作り方

準備
数の子の塩抜き
たっぷりの水に数の子を入れ、半日~1日かけて少し塩気が残る程度まで塩抜きする。

塩抜きした数の子の薄皮を取る。
☆を合わせ鍋で沸かし冷ます。
冷めたら数の子を漬け1日程度馴染ませます。

数の子には断然、日本酒が合います。
お正月ですので、大量の金箔が入った辛口の「祝寿」なんかいかがでしょう

甘みと苦みがおつまみに最適!田作り

材料

ごまめ  50g
☆醤油  大さじ2
☆砂糖  大さじ3
☆酒   大さじ3
☆みりん 大さじ1

作り方

フライパンにごまめを入れ、弱火で炒る。
ごまめがポキっと折れるくらい(10分程度)炒ったらバットに広げ粗熱を取る。
☆を合わせ、とろみがつくくらいまで鍋で煮詰める。
火を止め、煮汁が温かいうちに田作りを入れからめる。
固まらないうちにバットに広げて冷ます。

田作りにはビールがおすすめです。
田作りをつまみに、独特の味わいのある地ビール、なんてのもいいかもしれませんね。

おかずとしても!ぶりの照り焼き

材料

ぶり  2切れ
片栗粉 適量
☆しょうゆ 大さじ2
☆酒    大さじ2
☆みりん  大さじ2
☆砂糖   大さじ1

作り方

ぶりに塩少々を降り10分ほど置いたらさっと湯通しする。
冷水で洗いキッチンペーパーで水けを取る。
ぶりに片栗粉を薄くまぶし、中火で熱したフライパンで両面に焼き色がつくまで焼く。
合わせた☆を入れ、ぶりに絡めながら煮詰める。

ぶりの照り焼きには麦焼酎が合いますね。
芋のようなコクのある「黒和ら麦」なんかいかがでしょう。

色合いも美しい!紅白なます

材料

大根  3分の1本
人参  2分の1本
塩   少々
☆砂糖  大さじ2
☆酢   大さじ2
☆だし汁 大さじ2

作り方

大根と人参は細切りにし、塩少々をふり10分ほど置く。
水で洗いしっかり水けをきる。
☆を合わせたものに大根と人参を漬け冷蔵庫で2~3時間置いて味を馴染ませる。

酢の物には芋焼酎が意外と合うんですよ。
芋と言えばコレ!というくらい有名な黒霧島なんかいかがでしょう。

みんな大好き!海老の旨煮

材料

有頭海老 4尾
☆だし汁  200ml
☆酒   大さじ2
☆みりん 大さじ2
☆砂糖  大さじ1
☆醤油  大さじ1

作り方

有頭海老は楊枝で背ワタを取り、背を丸め楊枝で刺し形を整えます。
☆を煮立たせた鍋に有頭海老を入れアクを取りながら弱火で煮る。
そのまま鍋で冷ます。

だてまき

材料

玉子   2個
はんぺん 50g
砂糖   大さじ1
みりん  大さじ1
醤油   小さじ1

作り方

全ての材料をミキサーで混ぜる。
玉子焼き器を熱し、油を入れ余分な油はキッチンペーパーでふき取る。
全量流し入れたらアルミホイルをかぶせ弱火で焼く。
焼き目が付き火が通ったら簀巻きに取り出し、熱いうちに巻き固定する。
冷めたら簀巻きを取り、厚めに切る。

海老の旨煮や伊達巻には白ワインがおすすめです。
日本酒に飽きたらフルーティな白ワインでさっぱり、なんていいですよね。

ほっこり落ち着く♪煮しめ

材料

しいたけ  4枚
里芋    200g
れんこん  100g
ごぼう   100g
こんにゃく 200g
人参    100g
きぬさや  4枚
だし汁(人参用) 100ml
☆だし汁   200ml
☆砂糖    大さじ2
☆醤油    大さじ1
☆みりん   大さじ2

作り方

しいたけは軸を取り十字に飾り切りを入れる。
里芋は皮をむき下茹でし冷水にさらす。
れんこんは、穴にそって花の形になるよう切り込みをいれ、1㎝幅に切る。
ごぼうは皮をむき、3㎝幅に切る。
こんにゃくは1㎝幅に切り、真ん中に切り込みを入れ、片方を穴にくぐらせ手綱こんにゃくにする。
にんじんは1㎝幅に切り、花形に飾り切りする。だし汁で煮てそのまま冷ましておく。
きぬさやはすじを取り斜めに切る。さっと湯通ししておく。
鍋に☆を全て入れ、しいたけ・里芋・れんこん・ごぼう・こんにゃくを入れたら中火で煮込む。
火が通ったら器に盛り、人参ときぬさやを飾る。

煮しめには赤ワインを合わせてもいいですね。
軽口・中口・重口とありますが、やはり中口の赤ワインが一番合うのではないでしょうか。

レシピと共にそれに合うお酒をご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?
おせちの重箱にはいろんな種類のお料理があるので、それぞれに合うお酒をチョイスして美味しくいただくのもまた「通」ですよね。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3