ご飯を炊く時に赤ワインを入れる!?さつまいもご飯!?

  • メンバー
  • 更新日:
43view
favorite

ここでは芋とお酒の情報を書いています。ワイン、芋焼酎、日本酒が好きな方向けとさつま芋ご飯の豆知識とお酒の飲み方を記事にしています。

飲むのが楽しくなるような記事になってるかと思います。お酒を楽しく飲んでいる人やこれからお酒を飲みたい人など幅広く面白い情報を載せています。

記事の最後には【今更聞けない芋焼酎の飲み方!!定番の飲み方4選!!】も載せてますので初心者の方でもお酒を楽しく飲んでいきましょう! 

知らないと損する!見た目は赤ワイン!見た目も味も香りも新感覚なお酒!

お酒が好きな方は一度は思ったことあると思います。
今までにない変わったお酒飲んでみたいと思いませんか??

実はあるんです。

見出しでは赤ワインと書いていまが、
正しくは赤ワインの様な見た目です。
赤ワインでもなく日本酒でもない新しいお酒です。

原料が芋なので芋のお酒ですが、
製法がワインや日本酒のように作る為説明がし難いお酒です。

芋を原料とし造りは日本酒、だけど見た目が赤ワインです…

なんですかそれは??
と思われた方がほとんどだと思います。
飲む人によって感じ方が全然違うと思います。

まさに日本酒好き、芋酒好き、ワイン好きには一度試してほしい新感覚のお酒です。

芋では難しかった造りを実現し特許取得し、
日本酒と赤ワインのような製法で作り上げたお酒です。
是非飲んでみてください!

昭和29年に創業した神楽酒造のお酒でネット販売しかしていません。
世に出回ることがあまりないお酒なのでなかなか飲むことは出来ませんが取り扱っているお店もあります。

日本酒でご飯を炊くとご飯が美味しくなる?!

ご飯を炊く際に日本酒を入れる事により
お米の甘みが増しふっくらとおいしく炊けます。
さらに古いお米を炊く際には匂いを抑えてくれます。

そして今回の一番うれしいポイントが
冷ご飯を電子レンジで加熱する際に大さじ一杯の日本酒を
入れると甘みがありふっくらしたおいしいお米になるので
ぜひ試してみてください!

ちなみにハチミツを入れてもおいしくご飯が炊けるので
いろんな組み合わせで自分好みのおいしいご飯にしてください!

日本芋酒を入れて炊いたら
紫ご飯になり面白いかもしれませんね!
ある意味さつまいもご飯といえるでしょ。

先ほどハチミツを入れると美味しくなるといいましたが、他にもあるので紹介したいと思います。

オリーブオイル

オリーブオイル入れるとツヤが出て見栄えもおいしくできます。
パエリアを想像するとわかりやすいですね。

塩麴

肉や魚を柔らかくさたり、旨みを増す事ができる塩麴ですが、
ご飯を炊く時に入れると甘みが増して、ご飯自体も傷みにくくなりす。
お弁当に入れるご飯におススメです。

ここで普通のさつまいもご飯の裏ワザ!

美味しくする方法はしたごしらえが命!

ご飯を炊くときにさつまいもを
ご飯の上にのせて炊くことでおいしくなります。

混ぜて炊いてしまうと
さつまいもが均等に蒸されず
触感にムラが出ますので注意してください。

ちょっとしたポイントでさつまいもご飯のおいしさが増します。

こちらも定番ですがさつまいもご飯のお米に
もち米を入れるともちもちとした触感をプラスできます。

本格的な味を出したい方は
昆布を入れて炊くと昆布のダシが
ご飯に染みて本格的な味わいになります。

色んな食材の分量を変えて
作ってみると同じ材料でも美味しさが変わり楽しめます。

舞茸を入れるとシンプルで美味しく一味変わったさつまいもご飯になります。

もち米で炊いたさつまいもご飯であれば
つぶして丸めて片栗粉をまぶしフライパンに醤油、砂糖、みりん、水を入れて煮る

残りの片栗粉で水溶き片栗粉を作り
団子にしたさつまいもご飯と絡めればお団子も作れちゃいます。

そしたらお酒のつまみにもなるのでお酒が進みます。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3