お酒に合う!すぐできる!簡単・人気の里芋おつまみレシピ3選

  • メンバー
  • 更新日:
10view
favorite

ご飯にもお酒にも合う里芋の煮物、時々食べたくなりますね。でも作るとなると剥きにくい皮に難儀したり、手がかゆくなったり、ぬめりが気になったり、手間がかかるものです。
そんな時は、里芋を洗って丸ごと蒸してしまいましょう。蒸した里芋は皮むきもしやすく、火が通っているので時短でほくほく里芋レシピが楽しめます。蒸した里芋があれば、腹持ちの良い里芋おつまみもさっと作れて重宝します。お酒に合う、定番になりそうな里芋おつまみレシピをご紹介します。

お酒に合う人気の里芋レシピ~下ごしらえ編

面倒な皮むきやぬめりで手がかゆくなるのはイヤ、でも里芋は食べたいという場合は丸ごと蒸してしまいましょう。

小ぶりな里芋をよく洗って、蒸し器や蒸しかごをセットしたお鍋に入れ、沸騰した蒸気で里芋の中まですっと串が通るまで蒸します。電子レンジでも蒸すことができますが、ムラなくほくほくに仕上げたいなら蒸し器がおすすめです。

この時、当日食べる量だけでなく、多めに蒸しておくと翌日、翌々日にいろんなアレンジ料理に展開できるので、まとめて蒸しておきましょう。

下ごしらえは以上です。包丁も使わず、手もかゆくなりません。そして、丸ごと蒸した里芋があれば、そのままでいただけば里芋の素朴な味わいを堪能できますし、火が通っているので展開料理も時短で完成します。

今回は、蒸した里芋があればすぐできる、お酒のおつまみにもぴったりの展開レシピをご紹介します。下ごしらえが面倒で今まで里芋を避けてきた方も、里芋おつまみが定番になりそうな簡単さ、おいしさです。

お酒に合う人気の里芋レシピ1~里芋の衣かつぎ

蒸した里芋は、皮がつるんと剥けます。端っこを切り落としておけば、手に持ってお口に運ぶことができますし、持つ手も汚れにくいので、食べやすさも抜群です。湯気がたつ、ほくほくに蒸された里芋は、里芋本来の甘味やうまみが堪能出来て、癖になるおいしさです。そのままお皿に盛って、おいしいお塩、薬味塩、ハーブ塩、味噌だれ、バーニャカウダのソースなど、お好みのフレーバーを添えましょう。シンプルで簡単な料理だからこそ、素材の味を活かしてくれるおいしいお塩や味噌、お酒を選びたいものです。

この料理の名前は「衣かつぎ(きぬかつぎ)」。平安時代、高貴な女性が衣(ひとえ)で顔を隠して外出していた姿を蒸した里芋になぞらえて、そう呼ばれることになったそうです。そのことからも分かるように、ずいぶん昔から日本人の間で定番の食べ方だったようです。そんなうんちくも酒の肴になる衣かつぎ、新鮮な里芋が手に入ったら、まずは衣かつぎで一杯どうぞ。

お酒に合う人気の里芋レシピ2~里芋のフライドポテト

フライドポテトと言えばじゃがいもですが、他の芋類でもおいしくて、一味違ったフライドポテトが楽しめます。こちらも一から作るとなると芋の皮を剥いて、でんぷんやぬめりをとって、油がはねないように水気を切って…とズボラさんには面倒な工程が多いので、出来たものや冷凍食品を買うほうが楽という方も多いでしょう。

しかし、蒸した里芋があれば皮剥きもラクラク、すでに火が通っているから表面が軽く色づくまで揚げ焼きするだけで、おいしい里芋フライドポテトの完成です。

まず、蒸した里芋の皮を剥き、くし切りかスティック状に切り分けます。次に表面に片栗粉をまぶして、油で揚げます。じっくり火を通す必要はないので、少ない油で揚げ焼きするので十分です。おいしいお塩をパラりと振って、揚げたてをいただきましょう。

ほくほく・ねっとりの揚げたて里芋フライドポテトは、わざわざ里芋で作りたくなるおいしさで、パパの晩酌用に作っても、子どもと奪い合いになること間違いなしです。大人も子どもも集まるお酒の場にもぴったりのおつまみです。

お酒に合う人気の里芋レシピ3~里芋の唐揚げ

里芋は蒸したその日に皮を剥き、下味をつけておけば、翌日または翌々日には一味違う、スパイシーな里芋から揚げが堪能できます。食べる当日は片栗粉をまぶして揚げるだけ、帰宅してすぐに一杯飲みたい日のおつまみにも最適です。

下味は唐揚げの下味と同じで、しょうゆ、酒、みりん、すりおろしたにんにくや生姜など、お好みの味で結構です。たっぷりの漬け汁に漬け込むと揚げた時に辛くなるので、里芋にまぶしつけるくらいがちょうどよいです。蒸した当日に作る場合は、下味をつけた後2~30分は置いて味をしみこませましょう。

どんなお酒にも合う鶏のから揚げはおつまみの定番中の定番ですが、晩酌続きや宴席が多い季節は胃もたれやカロリーも気になるところです。そんな時はヘルシーで腹持ちの良い里芋から揚げを混ぜてみましょう。次からは「里芋のから揚げが食べたい」というリクエストが入ること間違いなしのおいしさです。

他にも、蒸した里芋を使えば、ジャーマンポテトやポテサラなど、ヘルシーで時短なアレンジおつまみが簡単に作れます。ぜひお試しください。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3