梅酒に賞味期限はあるの?いつまで飲める?保存方法は!

  • メンバー
  • 更新日:
50view
favorite

梅酒に決まった賞味期限というのはありませんが、製造当時の味で飲める期間は2年とされています。開封後は紙パックのものなら6か月から10か月程度、瓶の梅酒なら数年間は飲めます。ただし、酸っぱいにおいがしたときや、浮遊物や沈殿物を発見したら飲むのは止めましょう。梅酒が腐っているかもしれません。梅酒を長く保存しておきたい場合は、容器に雑菌が入らないように気をつけて冷暗所に置くようにしてください。雑菌が侵入すると梅酒を腐らせてしまいます。

梅酒に賞味期限はそもそもあるの?賞味期限が書かれていないのだけど?

梅酒をはじめとする酒類には賞味期限が書かれていないものが多いです。では一体どの程度保存できるものなんでしょう。買っておいた梅酒があるけど、飲んでも大丈夫なのかななんて気になる方もいるかもしれません。ほかにも、開封して飲んでいるけどいつまでに飲み切ればいいのか、疑問を持つ方もいることでしょう。梅酒には賞味期限が記載されていないため、何年までなら飲んでいいのか判断に迷ってしまいます。
気になる梅酒の賞味期限ですが、開封していないものはだいたい2年と言われています。ただし、これは製造したとき変わらない味が保証されている期間といった意味合いです。保存状態が良ければ、これ以上の期間経過していたとしてもおいしくいただくことができます。梅酒は、アルコール度数の高いお酒に梅を漬け込んで作るため悪くなりづらいです。アルコールの殺菌作用で劣化を防いでくれるためです。
一応の賞味期限の2年目以降は熟成期間に入ります。年月を重ねるほど熟成が進むため、味もまろやかになり深みも増します。

梅酒を開封した場合はどうなるの?未開封よりももちは悪くなるのかな?

未開封のものは数年は持つのですが、開封すると少し事情が違ってきます。それに、容器が紙パックのものか、瓶のものかでも賞味期限は異なります。両者を比べると、瓶に入っている梅酒のほうが紙パックのものに比べると保存期間においては勝っています。紙パックの梅酒は、開封後6か月から10か月程度が賞味期限になります。これは、紙パックは瓶よりも菌を遮断する力に劣るためです。一方瓶で販売されている梅酒は数年間は飲めます。瓶は、紙パックよりも外部からの雑菌が侵入するのを防げるため保存できる期間は長いです。
このような違いがあるので、頻繁に梅酒を飲むといった方以外は瓶のものを購入するのもいいかもしれません。紙パックは飲み終えて容器を捨てるときに手間がかからないというメリットはありますが、いったん開けてしまうと保存期間は瓶よりも短いです。
自家製の梅酒の場合は、30年以上たっても飲めるものもあります。添加物も入っていませんし、アルコール度数35度のホワイトリカーを使って梅を漬け込むためしっかりと殺菌でき、長期間保存できます。

梅酒の賞味期限を判断する方法!こうなっていたら飲むのは止めましょう!

ただし、製造メーカーが正式に梅酒は何年程度経過しても飲めるといった回答はしていないので、年数の経った梅酒は自分で判断して飲む以外方法がないっといったのが現状です。
紙パックは6か月、瓶は数年は保存できるのですが、味が酸っぱくなってくると腐っています。お酒は腐ると酢になるため開封したとき、飲もうとしたときに、酸味のあるにおいがしたときは飲むのは止めて捨ててください。また、瓶や紙パックの中に浮遊物や沈殿物を見つけたときも捨てるようにしましょう。カビが生えていると、内部に浮遊物や沈殿物が現れます。酸っぱいにおいはしなくても、梅酒の内部に発見した場合は飲むのは止めてください。ただし、下層部に濁りのある場合は飲んでも構いません。苦みがきつくなりますが、腐っていません。濁りのある部分を取り除くと、苦みも取れておいしく飲めます。
自家製の梅酒の場合は氷砂糖の量が少ないと酸味が強くなることもあるのでにおいの判断は少し難しいです。においを嗅いで、お酢臭さを感じないなら飲めます。沈殿物を発見しても、梅がつぶれている場合なら腐ってはいません。

梅酒を長い間おいしく飲むために必要なこと!賞味期限を延ばす方法!

梅酒は長い期間保存できるお酒ですが、おいしく飲み続けたいなら冷暗所に置くようにしましょう。日の当たるところ、気温の高いところに置くのは良くありません。直射日光や気温の高いところに食品を置くと、すぐに腐ってしまうのと同じです。気温が低く一定に保たれているところを探して保存してください。梅酒を条件の良いところに置いておくと、より長く保存できます。
開封した梅酒は、菌が入り込まないように気をつけてください。開封している分、菌が梅酒に入りやすくなります。このため、飲んだ後はしっかりと容器の口を密閉するようにしましょう。容器が密閉できていないと隙間から菌が侵入してきます。それに、見落としがちなことですが、容器の口部分を触らないようにしてください。容器の口部分に触れて、そのまま密閉してしまうと雑菌が内部に入って繁殖します。直接口をつけて梅酒を飲むのも止めましょう。梅酒をおいしくいただくために、ひと手間かけてください。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3