魅惑の世界へ!梅酒と生チョコが極上すぎる!鉄板菓子ブランド4選

今回は、梅酒にぴったり合う生チョコを4選ご紹介します!

  • メンバー
  • 更新日:
38view
favorite
魅惑の世界へ!梅酒と生チョコが極上すぎる!鉄板菓子ブランド4選

梅酒といえば、さわやかな酸味と甘みで老若男女問わず日本人に好かれているお酒ですよね。

皆さんは、梅酒にはいつもどんなおつまみを合わせていますか?

リラックスタイムや、食後に梅酒を頂くときに、梅酒にぴったりの食べ物があったら、梅酒タイムがより一層素敵な時間になりますよね。

でもビールに枝豆!のように定番のおつまみが意外とうかびません。

実は、生チョコが梅酒にとっても合うんです

え!梅酒に生チョコ?なんて意外かもしれませんが、あのトロッとした甘味とチョコレートが絶妙に合うのです。

今回は、梅酒にぴったりな生チョコを4選ご紹介します!

【01】濃厚な梅酒に合う生チョコ「伊藤久右衛門・宇治抹茶生チョコ」

伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート 16粒箱入り 和紙包装 出典:amazon

伊藤久右衛門 宇治抹茶生チョコレート 16粒箱入り 和紙包装

原材料・成分
砂糖、クリーム(乳製品)、ココアバター、全粉乳、脱脂粉乳、ホエイパウダー、抹茶、粉糖、乳化剤(大豆由来)、香料、(原材料の一部に乳、大豆を含む)

濃厚な梅酒にぴったりの生チョコの1つめは、伊藤久右衛門の「宇治抹茶生チョコレート」です。

伊藤久右衛門は京都の宇治にお店を構え、江戸後期から続くお茶の老舗として知られています。

最近では、新しい宇治茶のありかたを探求し、茶房のオープンや抹茶スイーツでも話題を集めています。

「宇治抹茶生チョコレート」は、伊藤久右衛門がはじめて作ったスイーツとして大人気の商品です。

ほろ苦い宇治抹茶がスイートなホワイトチョコとあわさり、まさに絶妙なハーモニーを生みだしています。

甘さひかえめで口の中でしっとりする生チョコは、梅酒とあわせると、大満足のおいしさだといえるでしょう。

1箱16粒入りとなっており、エレガントなパッケージは京都らしく和紙で手包みされています。

おうちでごほうびとして食べるのもよし、手土産に買って行くのもよいですね。

「抹茶生チョコと梅酒」の組みあわせは、一度味わうとやみつきになってしまうおいしさですよ!

【02】さわやかな梅酒に合う生チョコ「ロイズ・オーレ」

ロイズ ROYCE 生チョコレート[オーレ] ショコラ 出典:楽天

ロイズ ROYCE 生チョコレート[オーレ] ショコラ

内容量:20粒
賞味期限:製造日から30日
保存方法:冷蔵庫(10℃以下)で保存してください。
原材料:生クリーム、砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス、洋酒、ココアパウダー、バター、乳化剤(大豆由来)、香料

さわやかな梅酒にぴったりの生チョコの2つめは、北海道ロイズの「生チョコレート」です。

「生チョコといえばロイズ」が頭に浮かぶほど、今では北海道みやげの定番商品となっていますね。

北海道産生クリームをふんだんに使っており、口に入れた瞬間、とろけるような軽さの口どけをしっかりと楽しめます。

実は、ロイズの生チョコにはいろいろな種類があるため、シーンや目的にあわせてお好きなものを選んでみるとよいでしょう。

一番人気のスイーツは、代表作「オーレ」と名付けられている生チョコです。

こだわりのミルクチョコに北海道産の生クリームがあわさって、今までにないまろやかなおいしさになっています。

風味づけに「チェリー マルニエリキュール」が使用されています。

梅酒に合うのは、もしかしたらこのリキュールがポイントなのかもしれません。

【03】さっぱりした梅酒に合う生チョコ「ルタオ・ロイヤルモンターニュ」

LeTAO(ルタオ) チョコレートロイヤルモンターニュ 【9個入】 出典:楽天

LeTAO(ルタオ) チョコレートロイヤルモンターニュ 【9個入】

原材料・成分
原材料:砂糖、植物油脂、乳糖、ココアバター、全粉乳、ココアパウダーカカオマス、紅茶エキスパウダー/乳化剤、香料、(一部に乳製品・大豆含む)

北海道からもう1点。

小樽の洋菓子ブランド、「ルタオ」を代表する生チョコ「ロイヤルモンターニュ」です。

ロイヤルモンターニュとは、王家の山という意味で、このピラミッド型を意味しています。

驚異の融点22.9度とうたわれていて、口にいれると魔法のようにすっとなめらかに消えていきます。

そのくちどけの秘密は、融点だけでなくこのピラミッドの形にもあります。

また、フレッシュな花のようなダージリンティーの香りも特徴の一つ。

苦みが少なく果実感のあるトリニダード産カカオのチョコと、ダージリンティーの華やかな香りが、梅酒にも驚くほど合うんです。

【04】梅酒に合う元祖生チョコ「シルスマリア・シルスミルク」

公園通りの石畳 シルスミルク(20粒入り)☆【生チョコ発祥の店シルスマリア】 出典:楽天

公園通りの石畳 シルスミルク(20粒入り)☆【生チョコ発祥の店シルスマリア】

原材料名
チョコレート(砂糖、全粉乳、ココアバター、カカオマス)、乳等を主要原料とする食品、ココアパウダー、乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、(原料の一部に大豆を含む)
内容量:20粒

さわやかな梅酒にぴったりの生チョコの4つめは、silsmaria(シルスマリア)の「生チョコ」です。

シルスマリアは神奈川県平塚市に本店があり、生チョコをはじめて生みだしたお店と言われています。

約30年前の1988年、シルスマリアの職人により、このなめらかなくちどけのチョコを「生チョコ」と命名したのです。

定番の生チョコは「公園通りの石畳・シルスミルク」と名付けられたスイーツです。

各地から取り寄せられた新鮮な素材と3種類のチョコと生クリームから作られており、ミルクチョコのなめらかな口どけはまさに最高の品質ともいわれています。

またシルスマリアは、「SAKEMARIA」シリーズという日本酒とのコラボレーションした生チョコや、竹鶴とコラボレーションした生チョコなども販売してきました。

お酒とチョコレートとの組み合わせは得意中の得意なんです。

ぜひその絶妙なハーモニーを梅酒とも組み合わせてみてくださいね。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ