日本有数の温泉地!ちょっと贅沢な大分県のクラフトビール

今回は、日本有数の温泉地として観光業が盛んな大分のクラフトビールをご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
62view
favorite
日本有数の温泉地!ちょっと贅沢な大分県のクラフトビール

湯布院や久住高原などの観光地に恵まれた大分県は、観光地ならではのちょっと贅沢なクラフトビールがあります。

本格的なヨーロッパスタイルのビールは、温泉から上がった後によし、地元との交流や町の散策途中に飲むのによしです。そして地元の料理を楽しみながら賑やかに飲むのもいいでしょう。

いずれもホームページから購入可能です。そして大分市内では、最近クラフトビールを飲ませる店が続々オープンしています。観光地から戻った後は、こういう店でちょっと一杯というのもまた悪くありませんよね。

今回は、日本有数の温泉地として観光業が盛んな大分のクラフトビールをご紹介します。

有名な観光地を有する大分はちょっと贅沢なビールが特徴

温泉や観光地で人気のある大分県は、日本酒や焼酎の産地として有名です。

その大分県にも、実は美味しいクラフトビールがあるのをご存知でしょうか。有名なブランドとしては、ゆふいん麦酒と久住高原ビールがあります。

一方は温泉地、一方は九州連山の絶景を楽しむ観光スポットであり、湯上りに地元のクラフトビールを一杯やるとか、山の風景を眺めながらビールを味わうという楽しみ方もできそうです。

また観光地だけではなく、大分市にもクラフトビールの専門店がオープンし、こだわりの味を楽しむことができるようになっています。

TPOに合わせて選べるクラフトビール【ゆふいん麦酒】

日本有数の温泉地!ちょっと贅沢な大分県のクラフトビール 出典:ゆふいん麦酒

観光地のビール、ゆふいん麦酒を見て行きましょう。温泉の町湯布院では、お風呂上りもさることながら、地元との交流、あるいは町の散策や食べ歩きでもクラフトビールを楽しめるようになっています。

ちなみにお風呂上りや散策、グループでの食事にはヴァイツェン、地元との交流にはエールやスタウトがお勧めとのことです。

この醸造所で作られているのは2種類のヴァイツェン、エールそしてスタウトです。

ヴァイツェンにはゆふの豊純、えーるにはゆふの香りという愛称がつけられていて、如何にも湯布院らしさを漂わせています。ホームページ上にはビール早見表もあり、市販の大手メーカーのビールとの比較もされているので、湯布院でクラフトビールを味わいたい時には、一度ここを見ておくといいでしょう。

またホームページ上からビールを購入することもできます。ビールのみならず、グラスやオープナーもこのネットショッピングで取り扱っています。

大分空港でも販売されていますし、空港施設内のレストランで味わうことも可能です。その他に地元の湯の坪街道でのお店でも飲むことができ、さらに博多から由布院経由で別府に向かうJRの特急列車、「ゆふいんの森号」の社内でも入手できます。

ゆふいん麦酒館

住所:大分県由布市湯布院町川南108-1
TEL:0977-84-2101

久住高原の天然伏流水をつたっかヨーロッパのビール【BeerOh!】

ではもう1つの観光地、久住高原のビールはどのようなものでしょうか。ここのビールはBeerOh!と呼ばれていて、ドイツの麦を使い、久住高原の天然伏流水を使って製造されています。

ここのビールにはもう一つの特色があります。それは金箔を少し入れて作られていることで、幸せを願ってという意味があるのだそうです。

商品としてはドイツの小麦ビールヴァイツェン、イギリス式ブラウンエール、そしてアイルランド式のスタウトがあります。ボトルビールのみということもあり、グラスに注いで飲む方法が推奨されています。

元々ここは、2011年に経営合理化のために閉鎖され、2013年に再スタートした会社です。その後他のビール会社と合併し、本格的に再稼働をして現在に至り、久住高原を訪れる人々に美味しいビールを提供し続けています。

BeerOh! 久住高原地ビールご当地ラベル6種

出典:楽天

BeerOh! 久住高原地ビールご当地ラベル6種

くじゅう連山に降りそそぐ雨や雪が長い年月をかけて自然濾過されたもの天然水は久住高原の地下に眠っており、まろやかで雑味がなく、麦芽のうまみを最大限に引き出す力をもっています。

(株)くじゅう高原開発公社

住所:大分県竹田市久住町白丹7575番地1
TEL:0974-76-2511
営業時間:毎週火曜日定休
AM8:30~PM5:30

同じ大分県でも観光地とは違ったクラフトビールを専門店で

さて観光地を離れたら、今度は県庁所在地でもある大分市へ行ってみましょう。

大分市にはクラフトビールを飲める店がいくつかあります。店舗はイタリアンバーや海鮮料理店など様々ですが、クラフトビール専門の店もあります。そのうちの1軒がAbeBond(エービーイーボンド)です。

ここの店では、全国の様々なクラフトビールを味わうことができます。

エービーイー ボンド (Abe Bond)

住所:大分県 大分市 府内町 1-5-1 COSMO2 1F
TEL:(097) 578 8483
アクセス:大分駅から478m
営業時間:平日 17:30~23:00 last order 22:30
土曜日 15:00~23:00 last order 22:30
日曜日・祝日 15:00~21:00 last order 20:30


定休日
基本的には月曜日・火曜日

もう1店舗。府内町にあるモンキー・マウンテンです。

こちらはオーナーがアメリカ出身で、2019年2月開店とまだできたてのお店です。オーナーのダレンさんはオレゴン州出身で、オレゴン州はクラフトビールが盛んな土地でもあり、自分で醸造もし販売もしています。

ビールはブロンドワイン、ペールエールそしてレッドエールです。またバーレーワインも販売されています。店名は高崎山のサルにちなんだそうです。

モンキーマウンテン (Monkey Mountain)

住所:大分県大分市府内町2-4-15 若竹ビル 1F
TEL:097-510-5501
アクセス:大分駅から596m

このダレンさん、そしてAbeBondのオーナーの阿部さんも、大分県産フルーツを使ったビールを作ってみたいと意欲を燃やしています。

この大分県のクラフトビール事情を振り返って思うのは、観光地のヨーロピアンスタイルのクラフトビールと、大分市内の小規模な店舗の2種類があるということです。旅行者として大分を訪れた時は、観光地でゆっくりとヴァイツェンやエールなどを楽しみ、大分市に戻って来たら、こういう店で全国のクラフトビールや、独自に作られたビールを楽しむという方法があります。

そして大分空港などで、もう一度観光地ビールを楽しむのもいいでしょう。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3