秋鮭の酒蒸しをお手軽簡単に!調理法別ペアリングに最高の飲み合わせもご紹介♪

今回は、フライパンで簡単にできる「秋鮭」の”酒蒸し”の仕方をご紹介します♪さらに、「秋鮭」とお酒の美味しいペアリングもご紹介します!

  • ライターN
  • 更新日:
73view
favorite
秋鮭の酒蒸しをお手軽簡単に!調理法別ペアリングに最高の飲み合わせもご紹介♪

日の入りが早くなって、ちょっと風が冷たくなってくると「あー秋だなぁ」と感じますよね。秋限定のビールやひやおろしなどお酒もおいしい物がたくさん!そんな、おいしいお酒と合わせて食欲の秋に食べたい旬の食材の一つが「秋鮭」ではないでしょうか?

秋鮭」は塩焼きや、お鍋に入れてもおいしいですが、やっぱり楽しみなのは”酒蒸し”ですよね。でも、なんだかいつも物足りないような味がしたりちょっと面倒だったりしませんか?

今回は、電子レンジで簡単にできる「秋鮭」の”酒蒸し”の仕方をご紹介します♪さらに、「秋鮭」とお酒の美味しいペアリングもご紹介します!

秋鮭が電子レンジで最高においしい!酒蒸しを格上げする簡単レシピ♪

酒蒸しというとフライパンを使い時間をかけて造るイメージがありませんか。アサリの酒蒸ししかり、手間をかけるからこそ酒蒸しって最高においしいんですよね。

でも、食べるだけならまだしも、作る側からすると酒蒸しを作るのっていろいろ面倒ですよね。

実はそんな面倒な酒蒸しがレンジで簡単!チンッとできちゃうんです♪まずは、とっても簡単なのに本格的でおいしい秋鮭のレンジでチン酒蒸しの作り方をご紹介します。

秋鮭のレンジでチン酒蒸し

材料(2人分)

●生鮭 2切れ(塩少々)
●しめじ 1/4パック
●生椎茸 1枚
●玉ねぎ 1/4個
●にんじん 1/4本
●三つ葉 1本
●煎り酒
・酒 1カップ
・昆布 5cm角
・梅干し1個
・削りがつお 5g

レシピ

1,生鮭に塩をり5分ほどおきます。その後、ペーパータオルで水気をふいていきます。
2,しめじは石づきをとります。小房に分けていきます。
3,椎茸は軸を除き、5mm幅の薄切りにしていきます。
4,玉ねぎは縦薄切りにしましょう。
5,にんじんは細切りにます。
6,三つ葉は2~3cmの長さに切ります。
7,煎り酒を作っていきます。
鍋に酒と1cm幅に切った昆布を入れます。煮立たったら、ちぎった梅干しを種ごと加えてください。
さらに削りがつおも加えていきましょう。弱火で10分ほど煮たらペーパータオルを敷いたザルでこします。
8,最後に耐熱容器に玉ねぎ、にんじんを広げて入れます。その上に鮭、しめじ、椎茸、三つ葉を順にのせましょう。
9,7で作った煎り酒をかけます。
10,ラップをかけ、電子レンジ(500W)で6~7分ほど蒸し焼きにして完成です。

お酒と秋鮭をもっとたのしむ♪調理法別ペアリング!

ビール×秋鮭「秋鮭のホイル焼き」

ビールを飲むときに摘まむ秋鮭の料理は何か? と問われたら筆者は「秋鮭のホイル焼き」と答えます。焼き上がった秋鮭をつつきながら寒い冬にあおるビールの味は格別なものがあります。

と言うことで今回は「秋鮭のホイル焼き」の調理法をご紹介します。

材料は二人分を想定して、秋鮭2切れと玉ねぎ半分、人参半分、エリンギ2本、ピーマン1個、春菊適量、レモン半分、塩胡椒適量を用意します。

秋鮭のホイル焼き レシピ

下処理として鮭に分量外の酒と塩をふりかけ、5分程置いておきます。

次に野菜を食べやすい大きさにカットします。鮭を水で軽く洗い、キッチンペーパーで水気を取って両面に塩胡椒をします。フライパンにアルミホイルを十字架のように2枚重ねます。

玉ねぎを一番下に置き、野菜を重ねていきます。その上に鮭をおき、合わせ調味料をかけ、その上にレモン、春菊を乗せます。更にアルミホイルを覆い被せ、上と下から包み込みます。

フライパンに水100CCを入れ、蓋をして中火で熱します。フライパンの中の水気がなくなったら出来上がりです。

ワイン×秋鮭「秋鮭のバター煮」


ワインを飲むときに食べる秋鮭の料理は何か?と問われたらひっしゃ私は「秋鮭のバター煮」と答えることにしています。

極寒の寒い時期に、出来上がったばかりの熱々の「秋鮭のバター煮」を摘まみながら、飲む白ワインの味は興趣そのものです。

と言うことで「秋鮭のバター煮」の作り方をご紹介します。

秋鮭のバター煮 レシピ

材料は秋鮭2切れとキャベツの葉2枚、甘酒粉末大さじ2、水300CC、バター10グラム、昆布茶小さじ1を用意しておきます。

最初に秋鮭を3つか4つに切ります。次にキャベツの葉は食べやすい大きさに乱切りにします。

鍋に水を入れて火にかけ温まってきたら、甘酒粉末をおたまですくったお湯に少しずつ溶かしながら加えます。甘酒粉末の代わりに甘酒2缶の使用でもかまいません。

昆布茶を加え、塩鮭とキャベツの葉を入れ、キャベツの葉が柔らかくなるまで煮ます。鮭と相性の良い昆布茶がオススメですが、他のだしでも代用できます。最後にバターを加え、溶けたら火を止め出来上がりです。

ウイスキー×秋鮭「秋鮭のフライ」


ウイスキーを飲むときに摘まむ秋鮭の料理は何がベストか?と問われたら「秋鮭のフライ」と答えることにしています。

ウイスキーに限らず、ブランデーでもウオッカでも構いません。かりかりに焼きあがった「秋鮭のフライ」を食しながら飲むオンザロックは美味しいの一言に尽きます。「秋鮭のフライ」の作り方をご紹介します。

秋鮭のフライ レシピ

材料は秋鮭切り身1切れと白ワイン大さじ1、塩コショウ少々、バジル小さじ1/2、パン粉 大さじ3、オリーブオイル適量、小麦粉、水各大さじ2を事前に準備しておきます。

まず最初に鮭は3等分に切ります。次に塩コショウをふってしばらくおき、白ワインをふりかけます。パン粉を平らなお皿に入れ、棒で細かくし、バジルを加えます。

ボウルに小麦粉を同量の水で溶いて、鮭を両面浸してから、パン粉をしっかりつけます。

小さめのフライパンに1センチ程度の揚げ油を入れて熱し、180度で両面きつね色になるまで揚げて出来上がりです。お皿に盛り、レモン等をしぼっていただきます。

清酒×秋鮭「秋鮭のカレーソテー」


清酒を飲むときに食べる秋鮭の料理は何がベストか?と問われたらひっしゃ私は迷わず「秋鮭のカレーソテー」と答えることにしています。寒い時期に鮭のカレー味を食しながら味わう日本酒は何とも言えない旨味があるものです。

と言うことで、最後に「秋鮭のカレーソテー」の作り方をご紹介します。

秋鮭のカレーソテー レシピ

材料は冷凍アンデスポテト100グラムと秋鮭2切れ、アンデスポテトは、南米原産の小さなジャガイモで、栗のようにきめ細やかで甘い食味が特徴です。他にピーマン1個、オリーブオイル大さじ1、カレー粉大さじ1/2、醤油大さじ1、みりん大さじ1を準備しておきます。

最初に冷凍アンデスポテトをレンジアップします。次に秋鮭を一口大に切り、酒と塩、こしょうで下味をつけて10分くらいおき、小麦粉をまぶしておき、ピーマンは乱切りにします。

フライパンにオリーブオイルを入れ熱し、アンデスポテトを入れさっと炒めて秋鮭とピーマンを入れて炒めます。秋鮭に火が通ったら、カレー粉と醤油と味りんを加え炒めて出来上がりです。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ