お酒で作る♪きのこの炊き込みご飯のレシピ!ビール?ワイン?アレンジいろいろ

今回は料理酒ではない別のお酒を使った炊き込みご飯のレシピをご紹介します!

  • ライターN
  • 更新日:
26view
favorite
お酒で作る♪きのこの炊き込みご飯のレシピ!ビール?ワイン?アレンジいろいろ

きのこは一年を通して安く購入することができ、手ごろな食材でもありますよね。特にきのこを使った炊き込みご飯は、食材を入れて出来上がるのを待つだけなので、手軽に調理ができるところが魅力の一つです。

お祝いの時や特別な時に炊き込みご飯を作るとそれだけでいつもとは違う豪華な雰囲気になりますよね。

炊き込みご飯は大抵、料理酒を使用して作るかと思いますが、この料理酒をビールなどに変えるとまた違った炊き込みご飯を作ることができるのですよ!

今回は料理酒ではない別のお酒を使った炊き込みご飯のレシピをご紹介します!

ビールで作る!お酒に合う♪きのこの炊き込みご飯

まず最初にご紹介するレシピは「ビール」を使用したきのこの炊き込みご飯です!

炊き込みご飯にビールってどうなの?と違和感を覚える人も多いかもしれませんが、ビールは様々な料理に使える優れもののお酒でもあります。

はじめにお米を研ぎます。今回は2合使用して作る際の材料をお伝えしますね。普段であれば、お水で炊くところをビールに変えるだけです。ビールは黒ビールでもOKですし、混ぜて入れてもOKですよ。

ここに鶏モモ肉80gとお好みのきのこ適量を入れ、味付けとして顆粒だしと塩を適量入れます。軽くかき混ぜて、炊くだけなので、本当に簡単に作ることができちゃいます。

炊いている時、ビールの香りが漂ってくるので、出来上がりが待ち遠しくついつい飲みたくなってしまいます(笑)

ただ、ビールが苦手な人にはちょっと辛いかもしれませんね。完成した時にもやはりビールっぽい香りがあるのですが、少しエスニックのような雰囲気も感じます。

味も少しビールの香りが付いているのですが、それが奥深さを感じさせてくれます。まるで手間暇かけて作ったような味になります!

   

ビールできのこの炊き込みご飯はちょいたしでもっとおいしく!

先ほど紹介した具材の他にもトウモロコシを加えてもまた美味しいですよ。甘みが加わるので、また違った感じを楽しむことができます。

あとは枝豆もおすすめの食材です!鶏肉ときのこだけでは茶色い炊き込みご飯となりますが、枝豆を加わエルと彩りがぱっと明るくなるので、見た目にも華やかです。それにビールと枝豆はやっぱり合いますよね!

またまいたけと塩辛を入れて炊いてみても美味しくなります。塩辛は生臭さもあるので好き嫌いが分かれる食材かもしれませんが、炊き込むことで生臭さは軽減されるので気にすることなく食べることができます。

マイタケのうまみも加わり、まるでイカメシのような雰囲気にもなりぱくぱく食べれてしまいますよ!塩辛を使う場合は味付けをほとんどしなくても十分なので、塩分等に気を付けている人にもおすすめかもしれませんね。

それから使用する出汁を昆布だしに変更してもまた深い味わいになります。使う食材や調味料を変えるだけで全く違う味にもなります。キノコの炊き込みご飯にどんな食材が合うのか試しながら作ってみてはいかがでしょうか。

ワインできのこの炊き込みご飯はフルーティなお酒の香り♪


次は「ワイン」を使ったきのこの炊き込みご飯レシピをご紹介します!

和風のイメージのある炊き込みご飯にワインが合うの?と疑問に思う人も多いはずですが、ワインを使用すると洋風な雰囲気になり、ワンランク上のレシピになります。

ワインを使用する際は、ビールの場合とは違い少量を使用します。なので、お米を研ぎ水を加える際はいつも通りの分量でOKです。

具材となるキノコ類(マイタケやシメジなど1パック程度)とベーコン5枚程度は予めオリーブオイルで炒めておきます。ここに醤油大さじ3、白ワイン大さじ4、みりん大さじ1、砂糖大さじ1、ブラックペッパー適量を加え味を付けておきます。

それからお米にこの材料を加えて軽く混ぜ炊き込むだけです。白ワインは大さじ4程度しか入れていませんが、良いアクセントになって全体的に洋風の雰囲気になります。

仕上げとしてパセリやパルメザンチーズを乗せてもまた美味しいですよ。いつもとは違う雰囲気の炊き込みご飯が食べたいときに作ってみてはいかがでしょうか。

梅酒を使えば華やかな香りと甘みが際立つお酒を生かしたきのこの炊き込みご飯に!


今回はビールとワインを使ったレシピを主に紹介しましたが、「梅酒」を使ってみてもまた違う美味しさになりますよ。梅酒の場合は中に入っている梅も使うと、酸味が加わり爽やかな雰囲気になります。梅は種ごと入れると香りもしっかりつきます。炊きあがった時に種を取り除くことを忘れないでくださいね。

このようにいつも炊き込みご飯を作る際に使用する料理酒をビールやワイン、梅酒などに変えるだけで、簡単に雰囲気の違う炊き込みご飯を作ることができます。

キノコはどんな食材にも合わせやすいので、使用するお酒が変わっても使いやすいですよ。お米にキノコのうまみも加わり、ぐっと深みのある味にもしてくれるので、炊き込みご飯を作る際には必ず入れたい食材です。食材を混ぜて入れるだけなので、誰でも簡単に作ることができる炊き込みご飯は、特別な日の御馳走としてもお勧めです。

記念日やお祝いなどに作ってみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3