【焼酎:入門編】種類は「甲類」と「乙類」!違いをちゃんと説明できますか?

【焼酎】は「甲類」と「乙類」の2種類に分けられます。そこで、甲類焼酎と乙類焼酎の違いや特徴、製法方法について紹介します。

  • あーちゃん
  • 更新日:
1,268view
favorite
【焼酎:入門編】種類は「甲類」と「乙類」!違いをちゃんと説明できますか?

気軽に楽しめる【焼酎】は呑んべぇの皆さんの中にもファンが多いのではないでしょうか?そんな【焼酎】の種類と聞かれると頭に浮かぶのが「芋」とか「麦」とか原料ですよね。でも、実は【焼酎】には「甲類」と「乙類」という2種類が存在しているのです!

甲乙つける!というとなんだか白黒はっきりさせて、優劣をつけるという印象になってしまいがちですが、【焼酎】の「甲類」と「乙類」というのは、優劣をつけるための甲乙ではなく、製法上の分類によるものです。一言で【焼酎】と言っても「甲類」と「乙類」に分かれ、製法上だけでなく特徴も違ってくるんです!

簡単に言うと、甲類は連続式蒸留機を使用したもの、乙類は単式蒸留機を使ったものになりまが、それだけでなく「甲類焼酎」や「乙類焼酎」にはそれぞれ特徴があります。今回は、「甲類焼酎」と「乙類焼酎」の違いや特徴、製法方法について紹介します。

【焼酎の種類】続式蒸留機を使って蒸留する「甲類」

「甲類焼酎」は連続式蒸留機を使って蒸留します。

純度が高く、アルコール分36%未満をクリアした焼酎です。新式焼酎とも呼ばれます。

複数の蒸留工程を経て、よりアルコール分をピュアにする方法で仕込まれた焼酎が甲類焼酎です。蒸留後に再度蒸留することにより、不純物を排除してより高濃度のアルコールを取り出していきます。そのままだとアルコール分の高すぎるので水で薄めてアルコール分を36%未満に薄めます。

大量生産に向いており、仕上がりは無色透明です。殆どアルコール分と水だけで、クセが少ないです。

「甲類焼酎」の特徴

甲類焼酎の特徴は、無色透明で焼酎独特の匂いも弱く、口当たりがサッパリしています。クセが無いのでストレートやロックで飲むよりもお茶で割って飲んだり、レモンサワーにしたりなど味や香りを足してアレンジする飲み方に向いています。チューハイやカクテルといった雑味のないクリアな焼酎と言えます。

また、果実を漬けたりにも向いている焼酎で、特に柑橘系のものと相性が良いです。大五郎や鏡月、ジンロといったコンビニやスーパーなど身近なところで購入できる焼酎も甲類焼酎です。量が多くて比較的安価で購入できる焼酎と言えば分かりやすいでしょう。

一度に大量に生産できるので手頃な値段なものが多く、量が多いことも特徴です。甲類焼酎は柑橘類と特に合いますが、基本的には何にでも相性が良いので好きなもので割って自分でお気に入りの一杯を作ることができます。

ロックやソーダ割りといった飲み方もでき、スッキリとした味わいも楽しめます。好きなもので割っても、ロックやソーダなどシンプルな割り方でも自分の好みに合わせて楽しむことができます。

【焼酎の種類】本格焼酎とも呼ばれる「乙類」

「乙類焼酎」は単式蒸留機を使って蒸留します。アルコール分45%未満をクリアした焼酎です。

単式蒸留機は古くからの伝統的な機械であり、旧式焼酎(本格焼酎)とも呼ばれます。昔ながらの方法でもろみを単式蒸留機で蒸留し、原料独特の風味や香りをしっかり残します。蒸留の工程がシンプルで、主原料やもろみの影響を強く受けます。一度しか蒸留できないので大量生産はできず、芋や米、麦などの原料の香りや味が残った焼酎に仕上がります。

「乙類焼酎」の特徴

乙類焼酎の特徴は何と言っても香りの高さと味わい深いことにあり、米、麦、芋など原材料の個性がハッキリと出ていることです。米、麦、芋などの原料が持つ旨味を存分に引き出されます。

原料の旨味をしっかりと感じてほしいので水やお湯で割って飲むのをおすすめします。水割りやお湯割り、ストレート、オンザロックなど氷以外は加えないで味わってもらいたい焼酎です。水割りやお湯割り、ロックで飲むことで原料の甘味や香りを引き出して楽しむのが乙類焼酎の美味しい飲み方です。

原料の風味が活かされるので、本格焼酎とも呼ばれています。その多くが九州地方で生産されています。

また、プレミア焼酎などと書かれている高級な焼酎も乙類焼酎となります。乙類焼酎は大量生産ができないため、高級志向な焼酎となります。原料の風味が色濃く残っているので、シンプルな飲み方で香りを楽しみながら飲んで欲しい焼酎です。

原料の味わいや香りなどを引き出された仕上がりとなるので味わい深い焼酎と言えます。

甲類」と「乙類」がブレンドされた甲乙混和焼酎

【焼酎】には「甲類」と「乙類」と大きく二つに分かれますが、実は甲類と乙類がブレンドされた焼酎もあります!ブレンドして作られた焼酎のことを「甲乙混和焼酎」と呼ばれます。

風味や味が少ない「甲類焼酎」に、原料の味が濃く引き出される「乙類焼酎」を混ぜて風味や香りつけをした物や、「乙類焼酎」特有の原料の味やクセを和らげて飲みやすくする目的として「甲類焼酎」を混ぜて作られた物があります。

「甲類焼酎」の良さと「乙類焼酎」の良さや特徴を上手く活かしたものが「甲乙混和焼酎」です。

双方がブレンドされることで「甲類」のクセの少なさと「乙類」の香りや風味といったそれぞれの良いところを相乗的に活かすことができ、より飲みやすくなったり、味わい深い【焼酎】に仕上げることができます。

さらに、「甲類」と「乙類」のどちらかが多く使われているかによっても呼び名が変わります。

甲類の割合が50%以上なら「甲類乙類混和」、乙類が50%以上なら「乙類甲類混和」と表記されています。つまり、「甲類」が多い場合は「甲類乙類混和」、「乙類」が多い場合は「乙類甲類混和」と呼ばれるのです。

【焼酎】の種類:「甲類」「乙類」「混合焼酎」を自宅で美味しく飲むポイント♪

水割り、ロック、レモンサワーとして飲むのが焼酎の代表的な飲み方ですが、ちょっとした工夫でできるポイントを知ることで、自宅でも気軽にいつもの飲み方に変化をつけることができます♪

水割りを美味しく呑む3つのポイント

まず「水割り」はグラスに入れる順番がポイントです。

美味しく飲む順番
①まず氷入れます。
②氷の上から焼酎をゆっくりと注ぎます。
③最後に水を入れて混ぜます。
水と焼酎を比較すると焼酎の方が軽いので、水を後で入れる方が混ざりやすいので美味しく飲めるのです。

ロックを美味しく呑むポイント

「ロック」の飲み方は大きめの氷を用意するのがポイントです。大きめの氷は溶けるまでに時間がかかるので焼酎が薄まりにくく、本来の味を長く楽しむことができるので、より美味しくロックを楽しめます。

レモンサワーを美味しく呑むポイント

「レモンサワー」のポイントは、焼酎も炭酸もしっかり冷やすことです!

グラスに氷を多めに入れて焼酎をゆっくり注いだら混ぜて冷やします。焼酎がしっかり冷えたらそこにレモンを絞って、冷えた炭酸水を注ぎます。焼酎も炭酸もしっかりと冷やしておくことでキリッとした美味しさを味わえますよ♪

氷の入れ方や焼酎の注ぎ方、氷の選び方、しっかり冷やすことなど小さい行為ですが、そこをしっかりと守ることでより美味しく焼酎を楽しむことができます。

サントリー こだわり酒場のレモンサワーの素 500ml

サントリー こだわり酒場のレモンサワーの素 500ml

自宅でも居酒屋さんのような本格的なレモンサワーが楽しめる「レモンサワーの素」!

お財布が寂しいときや、自宅でゆっくりサワーが呑みたい時など、ちょっとした時に重宝するお酒です。

自宅にストックしておくと便利ですよ♪

【画像出典】Amazon

   
この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3

関連するタグ