埼玉県のクラフトビール4選!ダさいたまなんて言わせない、こだわりの味♪

  • メンバー
  • 更新日:
107view
favorite
埼玉県のクラフトビール4選!ダさいたまなんて言わせない、こだわりの味♪

「埼玉って何があるの?」と聞かれると、埼玉県人であっても迷ってしまうほどなんとなく印象に薄い埼玉ですが、実は関東の中でも旅行に行くにも遊びに行くにもとても楽しめる県なのです!

中でもクラフトビールは各ブリュワーによって麦などの製法にオリジナリティがあり、説明や実物を見ると飲みたくなります!

今回は、埼玉県でしか飲めないクラフトビールを紹介します♪

【埼玉県のおすすめクラフトビール①】氷川ブリュワリー 氷川の杜

埼玉県のクラフトビール4選!ダさいたまなんて言わせない、こだわりの味♪ 出典:氷川ブリュワリー

氷川ブリュワリーは、さいたま市で初のクラフトビールを製造しているブリュワリーです。

地域で守り神として慕われている氷川神社をヒントに、様々なクラフトビールを作っています。その氷川神社の近くに醸造所があり、直結のビアパブでこのビールを味わう事ができます。

種類はなんと9種類もあり選ぶのに迷います!その中でもきになったものが3種類あり、氷川の杜がやはりオススメです。氷川の杜はHanaとRenがあり、Hanaもエール酵母で作られており香りが良く飲みやすいですし、Renはさらにグレープフルーツのようなフルーティな香りと味で、普段ビールを飲まない方にもオススメできると思います。

次に「誘いIPA ~Izanai IPA~」という名前から怪しげな雰囲気がありますが、こちらはアルコール濃度が高いので、お酒に強い方の方が合ってるかもしれませんが、こちらも甘い香りと風味なので、強いお酒を感じさせない飲み口でした。飲み過ぎに注意しましょう。

氷川ブリュワリー

住所:〒330-0803埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-36-1
TEL:048-783-5123
アクセス:JR大宮駅より徒歩7分 / 氷川参道二の鳥居徒歩2分
営業時間:【月・水~金】17:30-22:30 【土】16:00~22:30 【日・祝】12:00~20:00 L.O.は閉店30分前
定休日:火曜日 ホームページはこちら

【埼玉県のおすすめクラフトビール②】羽生ブリュワリーこぶし花ビール

埼玉県のクラフトビール4選!ダさいたまなんて言わせない、こだわりの味♪ 出典: (株)羽生の里 羽生ブルワリー 公式ウェブサイト

羽生ブリュワリーは「農林公園キヤッセ」の中にある地ビール工房です。現在はビール職人が1人で製造を手掛けています。こぶし花ビールは7種類あり、こちらも迷わせます。

オススメの種類を紹介すると、まずは「ピルスナー」でしょう。ピルスナービールとはチェコの製法で、麦芽を焦がさない技術革新と、硬度の低いチェコ・ボヘミアの軟水により、淡い色のビールが作られるようになったと聞きます。香りや味については、フル―ティな麦の香りが広がり、キレのよい苦みが広がり、ビールが好きな方は、何杯でも飲みたくなります。

次は「IPA」です。IPAとはインディアナ・ペール・エールの略で、苦みが強く、ナッツや肉料理と合うと思います。私はビールの苦みが好きなので好きですが、ビール通向けかもしれません。次は「ベルギー・ホワイト」です。こちらはオレンジの果皮とコリアンダーで味付けされており、苦みよりもフルーティーさがでています。

せっかくなので、色んな種類を試してみるとよいでしょう。

羽生ブリュワリーこぶし花ビール

住所:〒348-0011 埼玉県羽生市大字三田ヶ谷 1725
TEL:048-565-5267
営業時間:営業時間 9:00~17:00(月曜・火曜定休)
ホームページはこちら

【埼玉県のおすすめクラフトビール③】麦雑穀工房マイクロブルワリー


出典:麦雑穀工房マイクロブルワリー

麦雑穀工房マイクロブルワリーは、埼玉県比企郡小川町にあります。

小川町といえば、山や川に囲まれた地域で、夜も暑さを感じない地域であった記憶があります。場所は東武東上線小川駅の近くにあり、初めて行くと本当にあるのか不安になりそうですが、存在感のあるお店が見えます。

クラフトビールは9種類あります。埼玉県のクラフトビールは種類が多くてどこのお店でも迷わせますね…。まずオススメなのは、「雑穀ヴァイツェン」です。

自家栽培している小麦・ライ麦・キビ・アワを使用しており、ビールならではの小麦の後味の余韻があり、何度も飲みたくなります。

「夏への扉」はどこかで聞いた曲名に似ていますが、IPAの製法のビールであり、フルーティーな香りとガツンと来る苦みが対照的で、これもハマります。

さらに甘い香りが好みなら、「ヴァンダンジュ」です。小川町の「武蔵ワイナリー」の山ぶどう品種「小公子」を使用しており、香りがよく、苦みも強くないので、普段ビールを飲まない方にもオススメしたいです。

麦雑穀工房マイクロブルワリー

住所:〒355-0328 埼玉県小川町大塚1151-1
TEL:0493-72-5673
アクセス:電車:東武東上線・JR 八高線 小川町駅より徒歩2 分
池袋より約1時間10分(急行利用)
高崎より約1時間
定休日:月/火(祝日・振替休日は休まず営業) ホームページはこちら

自宅でも楽しめる!埼玉の小江戸【川越】発のクラフトビール!

COEDO クラフトビール

出典:Amazon

COEDO クラフトビール

埼玉県川越市にあり、川越といえば小江戸ともいわれており、古き良き建造物や町の雰囲気がとても良く、旅行で訪れた方は多いのではないでしょうか。

歴史は長く、1996年に川越産のさつま芋のビールを醸造することに成功し、そこからドイツのブラウマイスターを招き完成しました。

COEDOのHPを見ると、醸造や製法だけではなく醸造設備の洗浄によっても最高のビールを作るための取り組みが表示されています。種類は6種類あります。

その中でも好きなのは、ピルスナー「瑠璃~Ruri~」です。青いラベルからも他のビールにはない上質感をかんじますが、やはりホップと香りと苦みと甘味のバランスが取れた味がよく、予算が許せばもう何杯も飲みたくなります。

次に好きなのは「毬花~Marihana~」です。この製法はIPAで、シトラスを想わせるアロマホップは説明では苦みがあるとありますが、実際には癒される香りが好きですね。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3