焼酎好き必見!南国の風を感じる鹿児島県のクラフトビール

  • メンバー
  • 作成日:
51view
favorite
焼酎好き必見!南国の風を感じる鹿児島県のクラフトビール

鹿児島県といえば焼酎を思い出す人も多いのですが、実はクラフトビールの醸造も盛んなのです。南国らしいフルーツや農産物を使ったり、焼酎や黒酢の技術を活かしたりしたビールが、ここの大きな特徴であるといえます。その一方でチェコ産のホップや麦芽を使った、本格的なヨーロッパ式のクラフトビールも作られています。また南西諸島でもクラフトビールが作られています。醸造所でしか飲めない物も中にはありますが、そういう商品はネットでの購入ができるようになっています。

鹿児島県のクラフトビールは原料と製造技術がとてもユニークです


出典:https://www.paylessimages.jp

鹿児島県のお酒と聞いて、焼酎を思い出す人も多いのではないでしょうか。もちろん鹿児島は焼酎の一大産地であり、全国にその名を知られている物も多いです。しかし鹿児島は、実はクラフトビールも有名なのです。

主な醸造所がいくつかあり、それぞれが原料にこだわった独自のビールを開発しています。原料は如何にも鹿児島らしく、みかんや黒糖に加えて、サツマイモ、みかんの一種たんかんやパッションフルーツなどが使われています。

また鹿児島といえば、黒酢でも有名ですが、一部の醸造所ではその黒酢造りのノウハウを活かしたビール造りが行われています。もちろん焼酎蔵の経験を活かしたものもあり、こういう伝統的な発酵技術と、南国ならではの原料がマッチしたのが、鹿児島クラフトビールの大きな特徴といえることもできるでしょう。

さらにラベルなども、如何にも南国らしい物、鹿児島の歴史を彷彿とさせるものが目立ちます。クラフトビールは元々、その地域の特色を色濃く伝えるものでもありますが、この鹿児島クラフトビールもその例に洩れません。

ホテルや焼酎蔵で作られるクラフトビールに漂う鹿児島県らしさ


出典:城山ブルワリー

まずご紹介したいのが、城山観光ホテルのブルワリーのビールです。ここはホワイトビールからペールエール、スタウトなど様々な種類のビールが作られています。

またホワイトビールにはみかん、スタウトには黒糖、そしてインディア・ペール・エール(IPA)には万咲(まあざく)と呼ばれる長命草が使われていて、いずれも独特の風味があります。

ホテル内の複数のレストランや、県内各地のイベントなどで飲むことができます。またブルワリーの見学も可能ですので、興味のある方は予約を入れておくといいでしょう。

詳しくはこちら

伝兵衛地ビール 出典:濵田酒造

伝兵衛地ビール

伝兵衛というクラフトビールもあります。ケルシュタイプのビールを始め、黒ビールや梅のピューレを使ったビールがここの特徴です。ただし黒ビールは春から初夏の限定となっています。市販はされていませんが、この伝兵衛の蔵にある食事処で楽しむことができます。蔵は常に開かれていて見学が可能です。元々は焼酎蔵ということもあり、美しい薩摩切子のボトル入りの焼酎や、ポンカンを原料としたリキュールなども販売されています。

ヨーロッパ式クラフトビールと鹿児島県の歴史を感じさせるビール

霧島高原ビール

出典:Amazon

霧島高原ビール

もちろん中には、本格的なヨーロピアンスタイルのクラフトビールもあります。それは、チェコ生まれの薩摩ビールを謳う霧島高原ビールです。

麦芽やホップはすべてチェコのを使っており、古典的な製法によって作られているビールです。ビールそのものは2タイプあり、1つがピルスナータイプのボヘミアンブロンド、もう1つが黒ビールのボヘミアンガーネットです。

薩摩BLACK 出典:薩摩酒造株式会社

薩摩BLACK

そして鹿児島といえば西郷隆盛ですが、この西郷さんと島津家の家紋をラベルにあしらったのが、薩摩酒造明治蔵の薩摩BLACK(GOLD、RED)です。

BLACKは黒ビール、GOLDはピルスナータイプで、いずれもサツマイモが原料に使われており、瓶入りは市販されてもいます。

詳しくはこちら

鹿児島県といえば南西諸島のクラフトビールもどうぞお忘れなく

また鹿児島県といえば、南西諸島ももちろん含まれます。この南西諸島にも独自のクラフトビールがあります。

はなはなエール

出典:楽天

はなはなエール

まず奄美のはなはなエール、ラベルのヤシや鳥が如何にも南国らしさを醸し出しています。はなはなエールにはたんかんペールエール、黒糖スタウトとパッションウィートエールの3種類があり、奄美の飲食店で飲むことができますし、東京や大阪、鹿児島県内で楽しむことも、また購入することも可能です。

Catch the Beer 出典:Catch the Beer

Catch the Beer

また世界遺産でもある屋久島には、Catch the Beerと呼ばれるクラフトビールがあります。このビールの醸造所は2017年と新しく、ベルジャンアンバーエールやペールエールなど7種類が作られています。ここのビールもタンカンやパッションフルーツなど、南国らしいフルーティさが売り物です。

今のところ飲めるのは、醸造所に併設されたバーカウンターのみですが、こちらもネットで購入することができます。

ご購入はこちらから

南国ならではの雰囲気や、焼酎や黒酢醸造の技術に支えられた鹿児島ビール、あなたも如何でしょうか。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3