ひな祭りに飲むのは甘酒ではなく白酒って知ってましたか?

  • メンバー
  • 更新日:
30view
favorite

皆様ご存知、3月3日は桃の節句「ひな祭り」ですね。
田舎生まれの私の実家は毎年7段飾りを飾っていました。
小さなころはお雛様を毎年出すのが楽しみだったわりに、夜になるとお雛様を飾っている部屋には寄り付きませんでした。
7段もあるので、たくさんの人形に見られてる気がして怖かったんです・・・。

さて、この女の子の節句に飲むお酒ですが、一般的に広く知られているのは甘酒だと思いますが、ひな祭りの起源を紐解いていくと、実は桃の節句で飲むお酒は甘酒ではなく「白酒」だったんですね。

ということで、今回はひな祭りと白酒についてお話ししたいと思います。

ひな祭りに白酒を飲む理由

ひな祭りの起源は複数ありますが、平安時代の京都、上巳の節句に厄除けを願ってひな人形が飾られるようになったのが始まりともされています。
その後室町時代に桃の花の酒が飲まれ始め、その酒が変化して、江戸時代にはひな祭りに白酒をお供えするようになったと言われています。

ひな祭りに甘酒がのまれるようになったのは、子供にも飲めるものをということで、白酒に似ている、アルコール1%未満の「甘酒」が選ばれたからなんですね。
反対にこの「白酒」はアルコールが9%以上含まれており、分類としてはリキュールとなります。
もちろん、子供は飲めません。
しかし、子供の女の子の節句なのに子供の飲めない白酒が桃の節句の飲み物なのでしょうか。
それは、元々女の子のための行事ではななく、健康と厄除けの行事だったからです。
そもそも、桃の節句は「桃」、端午の節句は「菖蒲」、というイメージで節句を男と女に分けたために、ひな祭りが女の子の日となっただけで、最初は男女の区別はなかったのです。
ですので、昔は子供というより大人の神事でしたので、お酒がふるまわれていたということです。

ひな祭りの白酒ってどんなもの?

“では、改めて「白酒」とはなんぞや?というお話しです。
白酒はシロザケと読みます。
蒸したもち米と同じ量のみりんを入れ、数週間後に臼で挽きます。
アルコール度数は9%ほどで、糖質が45%と高めです。
この甘さは、原材料のもち米だけから出ていて、とっても甘いお酒となっています。

似た名前の酒
白酒(パイチュウ)は中国の蒸留酒で、穀物を原料としており、無色透明です。
昔はアルコール度数が50度以上だったそうですが、現在では38度ほどに落ち着いているそうです。

見た目が似ている酒
濁り酒は米と水を原料にした酒を軽く濾したもので、白く濁っています。
ちなみに、これを濾していないものは「どぶろく」と言います。

似た名前や似た見た目の酒がありますが、間違えないようお気を付けください。

白酒の製法ですが、古くから作られていた練酒のなかでも評価の高かった博多の練酒が元となったと言われています。
製造元によりその形は様々ですが、基本的にはもち米と味醂を使い石臼で挽いたリキュールが白酒とされています。”

ひな祭りにお勧めの白酒

“「旭富士の白酒」
明治29年創業の味醂の醸造元の藤澤藤左衛門商店さんが、明治43年にリキュールの製造免許を取り作ったのがこの白酒だそうです。
この「旭富士の白酒」は石臼で2度挽いており、ねっとりしていて飲むというより舐めるような感覚でいただきます。
保存期間も長く、お勧めです。

「博多の練酒‐白酒‐」
元禄12年創業の蔵元、若竹屋酒造場は博多で最古の蔵元で、この練酒は13代目が室町時代の練酒を10年以上の歳月をかけて蘇らせた逸品です。
この練酒には乳酸発酵で作られているそうで、ヨーグルトのような感覚でとろけるような舌ざわりです。
アルコール度数が3%と低く、お酒の苦手な女性も気軽に飲めるものとなっています。

その他のお勧めの酒
現在販売されている白酒の種類があまりに少ないので、白酒以外のお勧めのお酒をご紹介いたします。

「桃にごり」
岡山の白桃酵母と赤色清酒酵母を使った、ピンク色の濁り酒です。
アルコール度数は12度で飲みやすく、程よい酸味と甘みがあり、なにより見た目が可愛らしいので、女性にお勧めです。
インスタ映えにおひとついかがでしょうか。”

大人もひな祭りを白酒で楽しみましょう

ひな祭りの始まりは子供のための行事ではなかったことが分かったところで、大人たちも楽しんでみてはいかがでしょうか。

子供がいる方は子供やママ友たちと一緒に、ひな祭りパーティーを企画してみてください。
ひな人形を飾り、子供たちには甘酒を、大人たち用に白酒を用意して、ちらし寿司にひなあられ、菱型のケーキなんかもいいですね。
きっと子供たちも喜びますし、大人たちはあまーいお酒に舌鼓を打って楽しい時間を過ごしてみてください。

独身の方は、小さなひな人形を飾って白酒飲んで厄払いすれば、良縁に恵まれるかもしれませんよ。

そして男性の方。
女の子のイベントだからと我関せずではなく、彼女や奥様に、最近流行りのおしゃれなちらし寿司と白酒をお土産に持って帰ってあげてください。
そうすれば、自身の株が上がるのは間違いありません。

ひな祭りは、老若男女、誰でも気軽に楽しめるイベントです。
次のひな祭りには、是非、白酒をお供に楽しんでみてくださいね。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3