【酒呑みの聖地】高知県にもクラフトビールが存在!その味を思い切り堪能してみよう!

今回は、呑んべぇ県高地のクラフトビールをご紹介します♪

  • ライターN
  • 作成日:
60view
favorite
【酒呑みの聖地】高知県にもクラフトビールが存在!その味を思い切り堪能してみよう!

お酒好きで広く知られる高知県民。仕事終わりの一杯は当たり前、休みの日は「朝からビール」なんていう人も…!?2016年のビール消費量ランキング(国税庁の統計情報より)では、東京、沖縄に続いて堂々の3位にランクインしている高知県。ビールへの味にはこだわりがありそうです。そんな高知県では、2018年に創業したばかりの「高知カンパーニュブルワリー」という小さな醸造所が、クラフトビールを製造しています。高知の風土が生み出したこだわりのクラフトビールの世界を、ちょっとのぞいてみましょう。

今回は、そんな呑んべぇ県高地のクラフトビールをご紹介します♪

クラフトビール醸造所「高知カンパーニュブルワリー」の魅力は高知県ならでは!


出典:https://www.paylessimages.jp

高知県のクラフトビール醸造所、「高知カンパーニュブルワリー」。

こちらの代表を務める瀬戸口さんは高知県に魅力を感じ、高知に移住した一人です。もちろんビールが大好きな瀬戸口代表。ビールが苦手な奥様とどうしても乾杯がしたいという強い思いで、ビール造りを始めたそうです。動機が愛にあふれていて、素晴らしいですね。

そんな瀬戸口代表が「高知カンパーニュブルワリー」を設立したのが2018年。まだ創業間もないですが、高知県内でクラフトビールを作っているのは、意外にもこちらの醸造所のみ!かつて県内には「土佐黒潮ビール」なるものも存在していましたが、すでに製造はストップしています。

「高知カンパーニュブルワリー」は、高知県香美市土佐山田町というところにあります。漫画家:やなせたかしさんが幼少期過ごしたのがこちらの香美市。よって市内には、「アンパンマンミュージアム」や「やなせたかし記念館」があります。また「龍河洞」という天然の洞窟は県内屈指の観光地として有名。海と山に囲まれた豊かな自然は高知県民のおおらかな人柄を育み、お酒はそんな人々の生活に欠かせない「コミュニケーションツール」となっています。

高知県の魅力を詰め込んだクラフトビール!そのこだわり【3つ】


出典:合同会社高知カンパーニュブルワリー

高知県の風土やそこに生きる人々に魅力を感じて移住した瀬戸口代表が造る、”高知”ならではのクラフトビール。ビール造りに対するこだわりはどういったものなのでしょうか。

■こだわりその1 高知県産の穀物・果物を原料として使用
生産者の顔を知って、さらにその原料を知り尽くすことが、ビール造りに大きな影響を与えているようです。

■こだわりその2 「地域の活性化」につながるビール造り
ビール造りを通して、地域を活性化させようという試みが行われています。醸造所での使用済み原料(モルトなど)が別の産業に「肥料」として提供されるなど、再利用の観点からも地域に貢献しています。

■こだわりその3 クラフトマンシップ(ものづくり)の精神!
なんと、ビールを造るための装置についても”手作り”しているそう!ビールに対する愛情が、ここにも垣間見えますね。ただビールを造るだけでなく、「ビール造りを楽しむ!」という遊び心も忘れてはいません。

「高知カンパーニュブルワリー」で造るクラフトビールは4種類!その味とは?

それでは高知県唯一のビール醸造所が造るクラフトビールの種類を見てみましょう。商品は全部で4種類。どれも瀬戸口代表の、奥様やビールに対する愛情がそのまま結晶化したような、魅力のある味となっています。

【01】WAJYO KÖLSCH(和醸ケルシュ)

高知県は屈指の日本酒どころでもあります。そんな高知県で生まれた「日本酒酵母」と「ビール酵母」で造られたクラフトビール。独特の鼻に抜けるお酒の香りと、キリっとしたキレも感じさせる味です。なんと、JAPAN GREAT BEER AWARDS 2019において、最高賞である金賞を受賞しているのです!

【02】TOSA IPA

高知県の名産のひとつに、土佐文旦という果物があります。大きなものでは人の顔くらいある、鮮やかな黄色い柑橘系の果物。分厚い皮をむけば、たちまち爽やかな香りが広がります。本当に美味しいんですよ。このビールには、その文旦の果皮を使用しているそうです。柑橘系独特の苦みが、より一層ビールの味を奥深くしています。

【03】KOME WHITE(こめホワイトエール)

精米したばかりのお米(もちろん高知県産)と、なんと「山椒」を使用したビール。すっきりとした味わいが特徴です。こちらも、JAPAN GREAT BEER AWARDS 2019において銀賞を受賞しています。

【04】YUZU PALE ALE(ゆずペールエール)

高知県はゆずの特産地でもあります。そのゆずの皮を使用し、果実味溢れるビールとなっています。ビールが比較的苦手な人にも飲みやすいのではないでしょうか。”

高知のクラフトビール「TOSACO」6本セット

出典:楽天

高知のクラフトビール「TOSACO」6本セット

こめホワイトエール、ゆずペールエール、土佐IPA 各330ml 各2本 計6本

高知県のクラフトビール、こんな時、こんな人に飲んでほしい!


出典:https://www.paylessimages.jp

高知県のクラフトビールは、ビール好きにはもちろん、普段あまりビールを飲まない人にもおすすめ!ビールが苦手な方は「独特の苦みがちょっと…」という方が多いかと思いますが、高知県のクラフトビールはフルーティーかつリッチなテイスト。きっとグビグビと飲み干せてしまうのではないでしょうか。暑い夏、お洒落なボトルのクラフトビールを片手にのんびり過ごす昼下がり…。想像しただけで喉が渇いてきそうです。ビールが好きな人は、ついつい2本目3本目…と手が伸びてしまいそうなのど越しの良いクラフトビール、本当におすすめです。

高知県唯一のビール醸造所が造るクラフトビールをご紹介しましたが、いかがでしたか?高知県の豊かな自然から生まれたクラフトビール。地元で生産された原料を使用することは「地産地消」の観点からも素晴らしい取り組みだと言えます。もちろん地産地消だけでなく、高知県外にもこのビールの魅力が伝わって、たくさんの人が飲んでくれると嬉しいですね。東京都内でも高知県のアンテナショップ等で販売されていますので、ぜひ飲んでみてくださいね。

   
この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3