記事バナー1

【焼酎】は二日酔いしない!?呑んべぇ必見!悪酔いしない方法と対策

呑んべぇあるあるといえば楽しくなりすぎた次の日の辛い二日酔い…今回はお酒を飲み過ぎるとなぜ悪酔いや二日酔いが起こってしまうのか、体内で引き起こされている原因とともに、焼酎が「悪酔いしない」と言われている秘密の真相をご紹介したいと思います。

  • あーちゃん
  • 更新日:
6,668view
favorite
【焼酎】は二日酔いしない!?呑んべぇ必見!悪酔いしない方法と対策
バナー4

呑んべぇの最大の悩みといえばやはり二日酔いではないでしょうか?昨日はあんなに楽しかったのに、目が覚めてみると「気持ち悪い…」「頭が痛い…」次は絶対にこんな思いしたくない…!と思いながらもついつい楽しくて呑みすぎちゃうのが呑んべぇの性ですよね?(笑)

そんな呑んべぇの皆さんに朗報です!じつは【焼酎】は二日酔いしにくいお酒だったんです!二日酔いしにくいなんて…どうせ、呑む量を調整しろってことでしょ?二日酔いしにくいお酒なんてそんなの都市伝説だよ!なんて疑いの目を向けているあなた!二日酔いと悪酔いのメカニズムをしっかり知ると【焼酎】がなぜ二日酔いと悪酔いしにくいお酒と呼ばれているのかがしっかりわかるようになりますよ!

今回は楽しい宴会、呑み会でついついお酒を呑みすぎで次の日二日酔いに苦しむ呑んべぇの皆さん必見の、お酒を飲み過ぎるとなぜ悪酔いや二日酔いが起こってしまうのか、体内で引き起こされている原因とともに、【焼酎】が二日酔いしにくいお酒、悪酔いしないお酒、と言われている秘密をご紹介します♪

呑んべぇの敵は「アセトアルデヒド」!二日酔い・悪酔いの原因

9:00 AM

二日酔い・悪酔いでつら~いのが頭痛や吐き気ですよね?では、、頭痛や吐き気を起こす二日酔い・悪酔いとは状態とはいったい何が原因で引き起こされているのでしょうか?

つらい頭痛や吐き気の原因といわれているのが、アルコールが体内に吸収された時に発生する「アセトアルデヒド」という有害物質です。この物質は、肝臓でアルコール脱水酵素が作り出す有害物質の一つで、二日酔いや悪酔いの有力な原因の一つと言われています!

本来であれば「アセトアルデヒド」は分解の過程で炭水ガスと水分に変わり、無害な物質になり、頭痛や吐き気をもよおすことはありません。しかし、飲み会などで「楽しくて呑みすぎちゃった♡」と、大量のお酒を摂取すると、アルコール量が肝臓の処理能力を超え、「アセトアルデヒド」の分解能力が低下して、有害物質となってしまうのです。

肝臓で正しく分解されなかった「アセトアルデヒド」は臓器の粘膜を通して血管に流れ込み、体内の血中アルコール濃度を急速に高めていきます。その結果、血液中に残った「アセトアルデヒド」が酩酊状態や頭痛、吐き気を引き起こし悪酔いの状態となってしまうのです…

さらにこの血液中のアセトアルデヒドが翌日まで分解されずに残っている状態が二日酔いとなのです!

楽しく呑んべぇになっている間にも自分の体の中でこんなことが起こっていたなんてびっくりですね!

【焼酎】が二日酔い・悪酔いになりずらい理由は製造方法だった!

上記では、二日酔い・悪酔いの原因をお伝えしましたが、ここでは「なぜ【焼酎】が二日酔い・悪酔いしずらいお酒!」と呼ばれているかをご紹介していきますよ~!

まず、お酒というのは醸造酒蒸留酒という2つの異なる製造方法で作られています。

醸造酒は日本酒ワインなど代表的なお酒で、その製造過程でお酒の中に様々な種類のアルコール物質が発生します。すると、肝臓がそれぞれのアルコール成分に合わせた「アセトアルデヒド」脱水素酵素を作り、それぞれの「アセトアルデヒド」に合わせた分解処理を行わなければならないため、通常の分解よりも手間がかかり効率的に処理が行えなくなってしまうのです。

一方で、【焼酎】を代表とする蒸留酒はお酒の中に1種類のアルコール成分しか含まれていないので、肝臓が1つのアルコール成分だけ対処すればよくなり、効率的に「アセトアルデヒド」を分解・処理できるというわけです。

私たちもそうですよね。1度にたくさんの種類の仕事を押し付けられると「一度にこんなにたくさんは無理ー!」っとそれぞれがなぁなぁになってしまいます(笑)でも、1つの仕事だけ与えられればしっかりこなすことができますよね!

私たちの体もそれと同じってことですね(笑)

このように同じアルコール量を摂取した時に、醸造酒よりも蒸留酒の方が笑「アセトアルデヒド」の分解速度が速く、すぐに酔いがさめたり二日酔い・悪酔いしずらくなるのです。こういったことから、「【焼酎】は二日酔い・悪酔いしずらいお酒と呼ばれているんですね!

呑んべぇ必見!二日酔い・悪酔いしずらい呑み方のコツ♪

他のお酒よりも「アセトアルデヒド」の分解が早い【焼酎】ですが、それでも本人の肝臓のキャパシティを超えた飲酒をしてしまえば二日酔い・悪酔いになってしまうのは避けられない現実です…飲み会の席を楽しく過ごし、翌日にお酒のダメージを持ちこさないためにはお酒の種類はもちろん、飲み方を工夫して二日酔い・悪酔いしずらい飲み方を押さえておきましょう!

呑んべぇになる前に!準備編

二日酔い・悪酔いを防ぐためには、呑んべぇになる前の準備が大事!「今日は楽しくなって呑みすぎちゃいそうだなぁ」っと思う日にはしっかり準備して楽しい呑み会に向かいましょう!

まず、二日酔い・悪酔いを予防する有効な方法として「軽食をとる」ことをしておきましょう!空腹状態のままお酒を呑んでしまうと、臓器の吸収能力が上がりアルコールが体内に急速に広がってしまいます。また、アルコールの吸収速度を抑えるには呑み会中にも適度におつまみや食事を食べるようにしましょう!

さらに、ヘパリーゼなどの肝臓を守る栄養ドリンクを呑んでおくこともおすすめです!年末など呑み会の多い時期には特に肝臓は働きすぎで疲れ切ってしまっています。おいしいお酒を呑むためにも肝臓をしっかりねぎらってあげましょうね!

【第3類医薬品】ヘパリーゼドリンクII 50mL×10

【第3類医薬品】ヘパリーゼドリンクII 50mL×10

ヘパリーゼドリンク2は、肝臓や胃腸の働きを助ける成分の肝臓水解物とジクロロ酢酸ジイソプロピルアミンを主成分にコンドロイチン硫酸エステルナトリウムや、オウギ流エキス、ゴミシエキス等を配合した滋養強壮保健剤です。体の内側から胃腸の働きや肉体疲労などを改善します。味は飲みやすいパイン風味です。

【画像出典】Amazon

お酒を呑んだら、お水も飲む!を心がけて!

「お酒と同じ量の水を飲む」というのも二日酔い・悪酔い予防にはとても効果的です!

例えば、お酒を1杯呑む間に水もコップ1杯飲むと行ったバランスで呑み会を過ごせば、アルコールの濃度が薄まり体内での吸収・分解を助けることができます。

水割りなどを飲む時でも、傍には何も入っていないお水を用意して適度に水分補給するようにしてくださいね!ちなみに、お酒を呑むとすぐに頭痛が起きるという人がいますが、これは体内の水分が無くなることで脳圧が上がっているからという説があります。こういった症状にも、呑み会中の水分補給が効果的です。

呑み会中についつい、お酒が進んでお水を飲むのを忘れてしまった場合でも、家に帰ってからお水をたくさん飲めば多少は緩和されるので「呑み会で水飲むのわすれちゃった…」とあきらめずにしっかりお水を飲みましょうね!

この記事を書いた人
あーちゃん
記事バナー2

最新記事

記事バナー3

関連するタグ

バナー5