敬老の日、酒と感謝とプレゼント

  • メンバー
  • 更新日:
10view
favorite

敬老の日。毎年訪れる、「お年寄りに感謝する祝日」ですが、皆様はこの敬老の日の成り立ちをご存知でしょうか。私は考えたこともありませんでした。今回検索かけて初めて知って、口を開けて驚きました。この成り立ちを知ったら、孫がおじいちゃんおばあちゃんに絵を描いてプレゼントすればいいんでしょう?とかいう考えはなくなるかと思います。

今回はそんな敬老の日の成り立ちや、敬老の日とお酒に関して書いてみようと思います。

敬老の日に誰と酒を酌み交わしますか?プレゼントは?

まずは敬老の日の成り立ちについてお勉強していきましょう。

2002年までは9月15日が敬老の日でしたが、ハッピーマンデー制度によって、2000年に成人の日と体育の日、2003年に海の日と敬老の日の祝日が月曜日に変わりました。現在の敬老の日は9月の第3月曜日です。

1947年、兵庫県の野間谷村で、閑農期の9月15日に55歳以上のお年寄りを対象に敬老会を開催したのが始まりです。この会は「お年寄りに感謝し、経験や知恵を若い世代に語り継ぐ」ための会だったそうです。

1948年、子供の日と成人の日ができましたがお年寄りに感謝する祝日は制定されなかったため、村が独自に「としよりの日」として祝日にしたところ、昭和25年に兵庫県が賛同し、それが全国に普及、やっと、1966年に正式に国民の祝日として制定されることになりました。子供の日や成人の日ができてから18年もの期間がかかり、それは野間谷村の村長の功労があってのものでした。

敬老の日とは、若い世代がお年寄りに感謝し、そして年寄り世代と語り合う日なのです。

敬老の日に酒のプレゼントを

世間一般的に、敬老の日には孫からおじいちゃんおばあちゃんへプレゼントすることが多いと思いますが、孫ではなく自分たちから父親や母親に改めて感謝する日にしてみてください。父の日や母の日とは意味合いが違いますし、敬老の日は祝日とされていて、現在は連休になっていますから、集まりやすい方も多いのではないでしょうか。ご存命であれば、親子3世代で語り合うのもいいかもしれませんね。人生の先輩である親は、きっと自分たちのプラスになる知恵を語ってくれると思います。そしてお年寄りは、自分たちの次の世代のため、たくさんの知恵を残してあげてくださいね。

さて、そんな大人の語り合いの場にはお酒が欠かせません。親のために選んだお酒を手土産に持って行くのもよし、特別なお酒を用意して子供を迎えるのもよし。でも、へべれけになるまで呑んでは本末転倒なので控えめに。

それではここからは敬老の日にお勧めのお酒や飲み方をご紹介していきたいと思います。

敬老の日にお勧めの酒とプレゼント1

敬老の日は長寿を祝うお祝いの日でもありますから、こんなお酒はいかがでしょうか。

〇オリジナルラベルのお酒
最近はオリジナルラベルの飲み物が人気を集めています。日本酒・ビール・梅酒・ワイン・焼酎などのオリジナルラベルを作成してくれる業者がたくさんありますが、これがなかなかに凝っていて、文字の書体だったり、ラベルの大きさや色形、写真を入れたり、瓶の色も選べたりします。素敵な包装もしてくれるので手土産にぴったりです。ラベルの話しで盛り上がれるでしょうし、市販のお酒よりきっと美味しく感じられると思いますよ。

〇名前を刻印した日本酒と枡
日本酒の瓶や枡に刻印をしてくれるものもあります。刻印されていて洗っても取れませんので、飲み終わった後も記念に取っておくことができるのでお勧めですよ。

〇高級な酒
高級な酒と聞いて思い浮かぶのは・・・シャンパン?ワイン?シャンパンやワイン以外にも、1本2000円以上するビールや、おしゃれな日本酒、高級な焼酎なんかもあります。1年に1回のことですから、ちょっとくらい贅沢しても罰は当たりませんよね。

敬老の日にお勧めの酒とプレゼント2

〇いつものお酒とお花
いつも飲んでるお酒と一緒に、お母様にお花のプレゼントなんかはいかがでしょう。花束や鉢植え、おしゃれな観葉植物もいいですね。

〇お酒のおつまみ
美味しいおつまみは、酒のあてにもなりますし、会話も盛り上がること間違いなし。ローストビーフ・トラフグのコンフィ・からすみ・燻製製品・詰め合わせなど。なかなか手に入らないものを前もってお取り寄せしたり、地産地消だったり…。たくさんあって迷ってしまうかもしれませんね。

「敬老の日、酒と感謝とプレゼント」まとめ
敬老の日の本当の意味をしっかり知って、お酒と共に語り合う。そんな関係を続けられたらきっと、親も子も幸せでいられるでしょうね。そして、それを見た子供たちは、自分が年を取ったとき、同じようにしてくれるでしょう。そういったかけがえのない関係だからこそ、親から子へ、子から孫へ語り継ぐものがあるはずです。

敬老の日、あなたは誰と酒を酌み交わしますか?

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3