残暑見舞いにはお酒がお勧め

  • メンバー
  • 更新日:
16view
favorite

皆様、お中元は毎年どなたかに贈っていらっしゃいますか?
昔から、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちを込めて贈る習慣がありますが、最近はお中元もお歳暮も送らない、受け取らない家庭も増えてきたようです。
通信環境の発達とともに年賀状のやり取りが衰退しつつある現在、お中元やお歳暮はそれよりお金のかかることですから、やらない家庭が増えていてもおかしくはありません。
しかし、だからこそ、人と人との繋がりを保つため、感謝の気持ちを表すため、お安いものでいいので数人くらいには送ってもいいのではないかと思うのです。

そこで、お中元の時期や、贈る時期を過ぎてしまった場合の対処法、送る品物などについてご紹介しようと思います。

残暑見舞いに酒を贈る時期

一般的にお中元を贈る時期は6月下旬から7月15日頃までとなっています。スーパーや百貨店などでは、中元商戦が始まるのがゴールデンウィーク明けあたりからとなっています。早くから準備をして7月15日頃までには贈れるようにしたいですね。しかし、この時期を逃してしまったからといって贈れないことはありません。その場合は、残暑見舞いとして贈ることができます。立秋の頃、だいたい8月7日あたり以降は、のし紙に残暑御見舞と書いて贈りましょう。贈る相手が上司の場合は、暑中御伺いとするのもいいですね。

贈る相手が喪中の場合

まず、お中元はお祝い事ではありません。あくまでも、日頃の感謝の気持ちを形にして贈るものですので、相手が喪中であっても贈って失礼ではありません。しかし、忌明けを待って贈る場合、時期がずれてしまうこともあるかと思いますが、その時は残暑御見舞として贈るといいでしょう。

さて、お中元の時期のお話しがまとまったところで、次に送る品物についてです。

残暑見舞いとして酒を選ぶ場合

贈る品物として一番に何を思い浮かべましたか?ハム・菓子・果物・生活用品・酒類・カタログギフト…スーパーやデパートでは、多くの商品が陳列していますが、やはり、贈る相手が喜びそうなものがいいですよね。今回は、お酒好きな方に贈る場合を想定してみましょう。

お酒にはいろいろな種類があります。ビール・日本酒・ウィスキー・ブランデー・ワイン・果実酒などなど。

スーパーやデパートの特設会場で目立つのは、「アサヒスーパードライ」「プレミアムモルツ」「キリンラガー」など有名な缶ビールの詰め合わせですよね。すでにセットしてあり、早割や送料無料など魅力的なサービスも盛りだくさんですが、そういったありきたりなものではなく、個性的なものや珍しいものを選んでみてはいかがでしょうか。自身がお酒を飲まないという方は、お酒の種類や酒飲みの喜ぶものが分からないと思いますので、是非、続きを読んで参考にしていただけたらと思います。

残暑見舞いに贈る酒の種類

暑い夏の時期、お中元や残暑見舞いで贈るときに無難なのは、やはりビールですよね。ここで一工夫。遠方にお住まいの方へ送る場合、自分の土地の地ビールを贈るのがお勧めです。地ビールは基本、その土地に行かなければ手に入れることができないので喜ばれるでしょう。

これは日本酒でも言えることで、自分の住んでいる土地の酒造で製造されている地酒もいいですね。一升瓶ではなく小さいサイズの日本酒を数種類合わせて呑み比べセットにしても喜ばれるのではないでしょうか。

ワインを贈る場合、グラスを一緒に贈るのもいいかもしれません。最近「木」を使ったおしゃれなワイングラスもあります。ワイン自体は安くても、おしゃれなグラスで飲むと一層美味しく感じられるものです。

そして、最近はハイボールが人気ですよね。糖質ダイエットしている方や痛風の方にはウィスキーがお勧めです。低糖質でプリン体ゼロ、炭酸で割ってハイボールにすることで飲みごたえもありますし、年齢の高い方にも好まれます。

残暑見舞いに酒のつまみをチョイス

そして、酒に欠かせないのはおつまみです。お酒ではなく、珍しいおつまみを贈る手もあります。例えば、鮭とば・カラスミ・酒盗・からしれんこん・スモークチーズ・ナッツ・スモークサーモン・生ハムなどなど。自分の住んでいる土地の地物や、普段手に入らないような珍味などもいいですね。いろいろな詰め合わせもありますので、相手が喜ぶ顔を想像して選ぶのも楽しそうですね。

しかし、意外とよくあるのが、贈った相手がお酒を飲まない人だったということ。しかも、もらった手前、飲まない・飲めないと伝えられず、毎年お酒が届いてしまうという悪循環が起こってしまう…。もし、贈る相手がお酒を飲まない方だった場合、贈ったお酒は別の誰かのところへ旅立ってしまうことが予想されますので、そうならないために、贈る相手がお酒を飲むのかどうかは必ず確認してくださいね。

お中元は贈らない、贈ったことがないという方。この機会に、一番お世話になっている方1人でいいので、贈ってみてはいかがでしょうか。もし時期がずれていても大丈夫です。その場合は「残暑御見舞」として贈ってくださいね。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3