お月見を楽しむお酒の楽しみ方

  • メンバー
  • 更新日:
11view
favorite

お月見にはお酒が合います。実はこれは意味のある事で昔からの風習でもあるんです。お月見の本当の理由を知ってからこそお月見に飲むお酒は本当においしいと思います。

ここではそのようなお月見の由来やお酒の美味しい飲み方を詳しく伝えて行こうと思います。飲み方だけでは無く、お月見が楽しくなるようなアイデアも踏まえて詳しくお話して行きたいと思います。

読めばこれからのお月見への考え方がおもいっきり変わるかも知れません。

お月見のお供にはお酒。お月見の時のお酒の飲み方

知っている人は知ってるかもしれませんが、お月見というものは、陰暦八月十五日に一年で一番月が綺麗だと言われている月を鑑賞するものです。これは歌の歌詞でもあるように「十五夜」とも言われています。

ただ十五夜だからといってお月様を見ながらお酒を飲むわけではありません。秋は台風や雨の日が多いです。でもそのなかできちんと作物を収穫出来たという感謝の気持ちを捧げています。

それにしても秋の綺麗な夜月の下で飲むお酒は格別です。月のウサギをイメージしてグラスにレモンやリンゴをウサギに見えるようにカットしてグラスに掛けると、何ともお洒落なグラスに早変わりです。

お酒もおいしく感じる事だと思います。

美しい月を見ながらでの月見の宴はお酒が進む事間違いないです。会えて部屋の明かりを消して、月の明かりだけで飲むのもおしゃれです。

それに月見の時期に合わせて、居酒屋などで季節限定のメニューが出ています。月を愛でながら味わうのもいいです。

お月見をしながら飲むお酒の楽しみ方とお酒の種類

お月見しながらのお酒を嗜むと言っても、お酒には色々な種類があります。月の色に合わせた金色のビールや、穀物の代表であるお米で作られた日本酒。カクテルやワイン。色々ありますが、どれもお月見には合うお酒です。

そのようなお酒の中で合うお酒をピックアップしていきます。出来れば秋の月見に合わせたお酒を飲みたいものです。ですが、秋限定のお酒というものは存在します。期間限定とか季節限定というものはとても興味をそそられます。

■作ひやおろし

これは華やで後味がさっぱりしています。伊勢平野の米と鈴鹿山脈の清冽な伏流水から出来ています。甘味に深みがあるのでものすごく美味しいです。アルコール度数は17%です。

■香梅 純米吟醸月見うさぎ

十五夜にお似合いの名前のお酒です。香りがすばらしくいいです。後味もすっきりしていてとにかく飲みやすいです。アルコール度数は15度です。米の旨みがやわらかいので、熱燗でも冷酒、常温。どれでも美味しいです。

お月見で飲むお酒のメリットとお酒に合うおつまみのレシピ

お月見で飲むお酒のメリットはやはり、綺麗な月を見ながらお酒を楽しむ事です。ですがそれだけではないんです。月には不思議な力があります。もしかしたら月見というものは他に何か神秘的な秘密が隠されているかも知れません。

■おまじないや願い事のパワーを大きくしてくれる

月見は作物への感謝とまた来年も豊作であるようにという願いを込めて行っているならわしです。もしかしたらその願いを増幅してくれるという事を昔の人は知っていたのかも知れません。

そしてお酒は昔から神聖な儀式で使われていましたから納得出来ます。

少し余談になってしまいましたが、本題に入ります。お月見にはお酒とお団子が定番ですが、他のおつまみも食べたくなります。美味しいレシピを何点か紹介します。

<お月見つくね>

文字通りつくねと卵の黄身のおつまみです。つくねに卵はものすごい合いますのでお酒も進みと思います。

<お月見つまみ>

マッシュポテトを蒸して皮を剥いだものに、上からイクラの醤油漬けを乗せます。イクラもポテトもお酒には合いますのでお勧めです。

お月見に合うムードが良くなるお酒の飲み方を紹介します

お月見に飲むお酒も飲み方によっては、美味しく飲む事が出来ます。それにカップルで月の光の下でお酒を飲めばいいムードになる事間違いないです。

そのようなムードが良くなるようなお酒の飲み方を紹介します。

秋の夜長はちょっぴり肌寒く感じますが、かといって暑くはない調度いぐらい温度です。このような時はお酒を飲んでほろ酔い気分になりやすいです。しかもこの時期は国産ワインが店頭に並ぶ時期です。

お月見に合わせてこのようなワインを買って二人で乾杯というのもいいです。お月見の月を見立てて、レモンの輪切りをグラスに入れるだけでも雰囲気が出ます。

白ワインとグレープフルーツジュースを1対1の割合で入れてキスリュワッサーを少しいれて一番最後にレモンの皮をしぼって果汁をいれて、残りの皮をグラスに入れればムーンライトというお洒落なカクテルの完成です。

いつもと少し飲み方を変えるだけでも、すごい雰囲気が出ます。二人だけの十五夜をオシャレなカクテルで乾杯して過ごすというのもいいです。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3