岩手県のクラフトビールの特徴と代表的な醸造所4選

今回はそんな特徴を持つ岩手県のクラフトビールと醸造所の代表例についてご紹介します♪

  • ライターN
  • 作成日:
130view
favorite
岩手県のクラフトビールの特徴と代表的な醸造所4選

岩手県は南部杜氏が有名で、昔から清酒の醸造に馴染み深い土地柄です。こうした背景から、岩手県では地酒の酒蔵がクラフトビール醸造に取り組んでいる点が一つの特徴です。

また1995年に酒税が改正されて、日本全国に地ビールのブームが到来した時に、地域おこしとして多くの醸造所が乱立しましたが、品質が今一つで消滅したものも少なくありません。

しかし岩手県にはこの当時に創業して、現在も人気のクラフトビールとして生き残っている所が少なくありません。いずれのケースでも、品質にこだわりビール造りに真摯に取り組んでおり、それが長く愛されるクラフトビールとなっている点も特徴と言えます。

今回はそんな特徴を持つ岩手県のクラフトビールと醸造所の代表例についてご紹介します♪

岩手県西和賀町の町おこしで始められたクラフトビール銀河高原ビール

銀河高原ビールは1996年に町おこしとして醸造が始められたビールです。

町おこしが目的として始まりましたが、お土産レベルの品質ではなく、ドイツのビール純粋令に基づき、工業製品としてではなく、自然食品としてビール造り取り組んでおり、これが今日まで愛飲され続けている理由と言えます。特にヴァイツェンビールにこだわり、日本のヴァイツェンビールの地位を確立するために品質向上に日々努力している醸造所です。

銀河高原ビールの一押しのヴァイツェンは 小麦を使うと独特の白濁とフルーティな香りが特徴で、ここのヴァイツェンは南ドイツ伝統のヘーフェヴァイツェンという種類です。このヘーフェヴァイツェンはドイツでは貴族のビールとも呼ばれるビール酵母入りの高級ビールです。

その他には、小麦麦芽と大麦麦芽をブレンドしたビールで、麦の香りや味わいがまろやかで、さらに泡持ちがよく、甘い香りが続くと言う特徴がある小麦のビールがあります。

これは清涼な天然水で仕込み、ビール酵母を濾過せずに仕上げられた自然志向のビールです。またペールエールもあり、これは名前の通り上面発酵ビールで英国伝統のビアスタイルです。

麦芽を焙煎したカラメルモルトで、コクと甘みとフルーティなホップの香りがする軽い苦みが特徴です。さらに、限定商品として様々な種類のビールにも取り組んでいますが、上記のメインのビールにこだわりを持っている点が特筆に値します。

銀河高原ビール

出典:Amazon

銀河高原ビール

小麦のビール
天然水で仕込み、小麦を贅沢に使用、ミネラル豊富なビール酵母を濾過せず仕上げた自然志向のビールです。

ペールエール
「ペールエール」は、英国伝統のビアスタイル。フルーティなホップの香りと、カラメルモルトのコクと甘み、軽い苦みが特徴のビールです。

白ビール
マスカットやグレープフルーツを想起させる自然でソフトなアロマテイストが持ち味です。

岩手県一関市の世嬉の一酒造のクラフトビールのいわて蔵ビール

いわて蔵ビールは1995年に世嬉の一酒造が立ち上げたクラフトビールです。

伝統の酒造りの技と、ビール醸造士の努力と熱意で、国際大会でも何度も受賞経験のあるクラフトビールに成長させています。ヴァイツェンの他、ヨーロピアンホップが醸し出すグレープのようなフローラルなアロマとスッキリした味わいが特徴の金色堂ゴールデンエール、焙煎モルトを使用し、琥珀色の美しいビールのレッドエール、イギリスのオイスタースタウトを復活させた三陸牡蛎のスタウト、一関産の山椒の実を使用して醸造したジャパニーズハーブエール山椒、樹齢360年の天然記念物である石割桜から採取した酵母を使った東北復興支援ビール福香、オーガニック麦芽とオーガニックホップを使用したオーガニックビールを定番商品としています。

その他季節限定ビールにも取り組んでおり、バレンタイン限定のショコラスタウトや、一関産の糖度の高いかぼちゃの南部一郎を使用した秋限定のかぼちゃエール、ホワイトデー限定のキャラメルエール、同じく秋限定のスモークエール等も作っています。

いわて蔵ビール

出典:Amazon

いわて蔵ビール

きんくら(ピルスナー)4缶、あかくら(レッドエール)2缶、くろくら(スタウトスタイル)2缶

岩手県遠野市の遠野麦酒ズモナのクラフトビール

遠野麦酒ズモナは、200年以上続く上閉伊酒造が始めたクラフトビールのブランドです。

南部杜氏の伝統を活かしつつも、ビール造りに関しては初心者である事を忘れぬように、真摯にクラフトビール造りに取り組んでいます。このズモナと言う奇妙な名前は昔話の語りで使われる「むかしむかしあったずもな」の「ずもな」から来ているそうで、民話の里と言われる遠野らしい名前の付け方と言えます。

メインのビールは、小麦麦芽を使用した上面発酵タイプのヴァイツェン、キレの良い喉越しで世界中で最もよく飲まれているピルスナービール、茶色いボディと軽く焦がしたような香り、苦みが特徴のアルト、遠野産ホップと岩手県釜石市の銘水である仙人秘水を使った三陸海のビールを生産販売しています。ビールはご存知の様に、良質の麦とホップと水によって作られます。

三陸海のビールでは、遠野産のホップと岩手県釜石市の仙人秘水を使用し、地元に拘ったビールと言えます。ちなみに遠野はホップの生産量日本一を誇っているのです。

ZUMONA ズモナ ビール 遠野麦酒

出典:楽天

ZUMONA ズモナ ビール 遠野麦酒

●ゴールデンピルスナー
●ヴァイツェン
●アルト
●ペールエール

岩手県盛岡市でヨーロッパの伝統スタイルに拘り作られるクラフトビールのベアレンビール

ベアレンビールは、2001年に設立された比較的新しいクラフトビールの醸造所です。

しかしベアレンビールはビール造りに強い拘りを持っており、ドイツ南部から100年以上前の仕込み室を取り寄せ、ヨーロッパ伝統のビール造りを行っています。クラフトビールとしては、定番商品としてクラシック、アルト、シュバルツを生産販売しています。

クラシックはドルトムントラガーのスタイルで、コクと苦みのバランスの良い本格派のラガービールとなっています。またアルトは麦芽の味わいと香りが豊かで琥珀色をした本場ドイツに匹敵する味わい深いビールに仕上がっています。

さらにシュバルツはローストされた香ばしい味の苦みの少ないまろやかな黒いビールです。定番のクラフトビール以外にビター、ライ麦ビール、マイボック、夏のヴァイツェン、ラードラー、 フェストビール、アップルラガー、クリスタルアップルラガー、冬のヴァイツェン、ウルズスと言った多くの種類の季節限定等のクラフトビールも作っています。

ベアレンビール

出典:楽天

ベアレンビール

クラシック: 2本
シュバルツ: 2本
アルト : 2本

   
この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3