市販のアイスと組み合わせていつもと違う梅酒を味わう!

  • メンバー
  • 更新日:
20view
favorite

SNSでも話題となった梅酒とバニラアイスの組み合わせ。バニラアイスに梅酒を少しかけて味わうというものです。梅酒を少しだけしかかけていないのでお酒が苦手な人でも楽しめる組み合わせでもあります。ただ、お酒好きとしてはもう少し梅酒の味を楽しみたいところです。今回ご紹介するレシピはどこでも販売しているアイスを使用しています。簡単に試すことができ、いつもとはちょっと違う味わいを楽しむことができます。みんなでわいわい楽しみながら試してみたい組み合わせレシピをご紹介します!

定番のバニラアイスと梅酒でアイスフロート

やっぱり外せないバニラアイスを使ったレシピを最初にご紹介します。まずは、グラスに氷を入れ、そこにグラスの半分程度の梅酒を注ぎます。そしてソーダを更にいれます。量はグラスの7分目くらいを目安にしてくださいね。軽く混ぜたところで上からバニラアイスを乗せます。このアイスは乳脂肪分が多い方が梅酒にも合うので、購入する際は成分表を見比べてくださいねおすすめはやっぱりハーゲンダッツのバニラアイスです。MOWや牧場しぼりが8%に対して、ハーゲンダッツは乳脂肪分がほぼ倍の15%もあるんです。濃厚なバニラアイスと梅酒の組み合わせは誰にでも好かれると思います。更にここにミントやレモンなどを乗せるとさらに見た目にも美しくなるのでおすすめですよ。もちろんソーダが苦手な場合は水割りに変えてもOKです。梅酒が濃厚な方が好きな方は、割合を変更しても大丈夫ですよ。氷が入っているので、飲んでいる内に薄くなってしまうので、予め濃いめに作ると良いでしょう。”

アイスのピノに梅酒を合わせたカクテル風

またアイスを使った組み合わせでは、アイスのピノを使ったレシピもあります。ピノをグラスに入れて、梅酒を注ぐだけです。梅酒の量はピノが全部隠れるくらいです。ちょっとどんな味か一瞬想像できないですが、これが結構おいしいんです。ピノはブランデーやウィスキーなどとも良く合うので、すでに試したことがあるという方は少なくないかもしれません。ピノの甘みがより引き立ち、梅酒がまるで桃のような味わいに変化し、カクテルのような感じになります。見た目にも小粒で食べやすいピノは可愛らしく、女性が集まる飲み会で試してみると良いかもしれませんね。また、最初にご紹介したバニラアイスと梅酒のフロートでは氷を使用しているので、梅酒自体が薄くなってしまいます。しかし、アイスのピノを使用するので、ひんやりと冷たいのに、梅酒は薄くなりません。ロックで飲みたいという人にはおすすめなレシピかもしれませんね。また梅酒によっては味わいも異なるので、ピノに合う梅酒を探すというのも面白いですよ。

夏に呑みたいアイスと梅酒のレシピ

先ほどピノを使ったレシピは梅酒が薄くなることなく楽しめるレシピでしたが、薄くなることでまた違う味わいを楽しむことができるレシピをご紹介します。それはアイスボックスと梅酒の組み合わせレシピです。アイスボックスに梅酒を注ぐだけの簡単なアレンジレシピですが、グレープフルーツ味のアイスボックスが少しずつ溶けることにより、その味わいはよりフルーティーなものへ変化していきます。最初に飲んだ印象と後半飲む印象は違います。梅とグレープフルーツの味わいは夏のムシムシした空気を爽やかに変えてくれるので、暑い時期におすすめしたい組み合わせです。またアイスボックスは、容器に入っているので、そのまま梅酒を注げば簡単に楽しめるということが魅力の一つ。一人暮らしであったり、疲れた日などは洗い物もしたくないですよね。手軽に注ぐだけで楽しめるのでお勧めです。ただ、飲みやすく思いのほかピッチが上がってしまうので、お酒に弱い人は少し注意が必要です。

梅酒とアイスの組み合わせは様々!

このほかにも梅酒とアイスの組み合わせは豊富にあります。自分の好みの組み合わせを探してみるのも面白いですよ。これから暑い時期を迎えます。梅酒はカリウムが豊富に含まれているので、たくさん汗をかく時期にはぴったりの飲み物でもあります。カリウム不足は自律神経の不調を招き、夏バテしやすくなってしまいます。そして、睡眠不足の時にも梅酒はおすすめです。フルーティな香りなので、飲めばきっとリラックス効果を得ることもできるはずです。疲れて元気が出ないという時も多い夏。この夏を過ごすためにも、梅酒を活用していきたいものです。ただ、ご紹介したレシピはそのまま飲むよりも飲みやすく、ついつい飲みすぎてしまう可能性もあります。特にアイスを使用しているので、お酒に弱い方もついつい美味しくいただけてしまいます。思いのほか早くアルコールが回って、ダウンしてしまう可能性も少なくないので、ご紹介したレシピを楽しむ際は飲むペースにも十分注意してくださいね。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3