【梅酒の熱燗の作り方】レンジで簡単!いつものチョーヤでお手軽にっ♪

今回は寒い季節に味わいたい!いつものチョーヤでもできる!レンジで簡単!な梅酒の熱燗の作り方をご紹介します♪

  • メンバー
  • 更新日:
205view
favorite
【梅酒の熱燗の作り方】レンジで簡単!いつものチョーヤでお手軽にっ♪

だんだんと寒い季節が近づいてくるとあったかい飲み物がほしくなってきますよね。暑い時期は近々に冷えたビールや氷をたっぷり入れたハイボールがおいしかったけど、季節が変わってくると「もう冷たいのはいいかなぁ」なんて気持ちになってきます。

そんなあなたにおすすめなのが、梅酒の熱燗です!

梅酒に含まれるクエン酸は疲労回復やリラックス効果があり、温める事で体もぽかぽか血行も良くなるので寝る前のリラックスタイムにはもってこい♪

今回は寒い季節に味わいたい!いつものチョーヤでもできる!レンジで簡単!な梅酒の熱燗の作り方をご紹介します♪

梅酒好きならば絶対押さえたい熱燗の魅力!

あまり梅酒を熱燗で飲む想像が付かないという人も多いかもしれません。何故なら、梅酒で温まりたいという人はお湯割りをよく頼む傾向があるからです。

しかし、梅酒好きならば、是非とも熱燗の飲み方は押さえておきたいところでしょう。何故なら、お湯割りはアルコール度数を下げてくれるので飲みやすくなる傾向にありますが、その分、梅酒の持つ風味や香りなども薄めてしまうからです。

その点、熱燗は味わいなどはそのままで飲むことが出来ます。そして、温めることによってアルコールが揮発されるので、その分口当たりも優しくなるのです。

簡単!おいしい!梅酒の熱燗はレンジでチン♪

梅酒の熱燗の作り方はさまざまありますが、1番簡単なのは電子レンジです。

何でも良いので耐熱容器に梅酒を入れて、ラップに口をします。そして温めれば出来上がりです。だいたい500wで40秒ほどが目安です。40秒程度で簡単に梅酒の熱燗ができて、しかもお鍋など使わないので洗い物もコップだけというのがとても助かりますよね。

何人かで楽しむなら、湯銭という方法もあります。大きめの耐熱皿にラップをして、沸騰したお湯が少し冷めたらその中に耐熱容器を浸して3分ほど待ってください。耐熱皿の大きさにもよりますが、暑すぎずちょうどよいあたたかい梅酒の熱燗をいただく事ができます。

ただの梅酒で満足してたらもったいない!熱燗アレンジ術!


梅酒の熱燗は梅酒の持っている本来の味わいを消すことがありません。1番一般的な飲み方であるロックも、氷が溶けるにつれて薄まっていきます。

熱燗はお湯割りのように薄めませんし、温めることによって、梅の香りや味わいがはっきりと浮き上がってきます。そんな魅力的な梅酒のお湯割りですが、アレンジをすることで、より違った魅力を見せてくれます。そのため、飲み方に幅が広がり、料理などにも合わせやすくなるのです。

梅酒は好きだけど、甘すぎて料理に合わせにくいと感じている人にオススメなのが、生姜を入れた飲み方です。こちらは梅酒を熱燗にする際、生姜の細切りを入れるだけで作ることが出来ます。

これは生姜の絡みが梅酒に広がり、味を引き締めてくれます。また、生姜の効果で体がポカポカと温まるため、寒い時や冷え性対策に非常に効果が高いです。また、はちみつを入れて飲むのも、疲れが取れる甘さです。1日の終わりにホッと一息つきたいときはこのようなお酒を試してみてください。

チョーヤ以外にも♪これを知って差をつけたい!熱燗に最適な梅酒2選

梅酒は飲みやすく、香り高いお酒の1つです。そのため、多くのユーザーに愛されています。しかし、一口に梅酒といっても、その種類が数多くあることを貴方はご存知でしょうか。

その中でも、おなじみの梅酒といえばチョーヤですよね。

チョーヤ梅酒 紀州 [ 720ml ] 出典:Amazon

チョーヤ梅酒 紀州 [ 720ml ]

内容量:720ml
お酒の製法/ベース/種類: ホワイトリカー
アルコール度数: 14%

チョーヤ梅酒 The CHOYA AGED 3YEARS [ 720ml ] 出典:Amazon

チョーヤ梅酒 The CHOYA AGED 3YEARS [ 720ml ]

内容量:720ml
種類:ホワイトリカー
アルコール度数: 15%

もちろんチョーヤを熱燗にしても十分おいしいのですが、梅酒はその飲み方によって相性があるということをご存知でしょうか。今回は熱燗にするとき最適な梅酒について調べてみました。これを知って、貴方もディープな梅酒の世界を堪能しましょう。

まず、梅酒といえば酸味です。こちらの酸味と甘みのバランスが絶妙な「梅申春秋」は梅が持つ本来の香りが際立つため、その味のバランスとともに温めることによって、濃厚なその味わいを楽しむことが出来ます。

西山酒造場 小鼓の梅酒 梅申春秋 (ばいしんしゅんじゅう) 1800ml

西山酒造場 小鼓の梅酒 梅申春秋 (ばいしんしゅんじゅう) 1800ml

アルコール度数:10 %
ブランド:梅申春秋

また、あまり甘みが強い梅酒は苦手だという人には「白鶴梅酒原酒」が良いでしょう。

こちらは甘みを抑えた味わいと、芳醇な香りが特徴的なお酒です。高級感が溢れてる、まるでブランデーを彷彿とさせる味わいとなっており、少し大人な味わいですが熱燗にすることで、ビギナーでも飲みやすい口当たりとなります。

白鶴 梅酒原酒 [ 1800ml ] 出典:Amazon

白鶴 梅酒原酒 [ 1800ml ]

県名: 兵庫県
アルコール度数: 19%

絶対間違いない梅酒の熱燗と相性抜群の料理とは!?

梅酒はお酒を飲むのが初めてという人から、ベテラン勢にまで幅広く愛されているお酒の中の1つです。

しかし、それだけに多くの飲み方が広まっているお酒でもあります。

例えば、梅酒は甘すぎるから料理に合わせるときには向かないお酒だという説です。確かに料理の風味を消してしまうくらい甘ったるいお酒は、デザート的な役割の方が向いていると言えるでしょう。しかし、梅酒はそれに限らない楽しみ方を持っているのです。

梅酒と特によく合うのが、チーズです。

チーズと言えばワインというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、香りの強いチーズは、梅の香りと合わせることによって、さらに深みを増します。スモークチーズやクリームチーズなど、種類が変わってもバリエーションが増えるため、盛り合わせなどで楽しむのが良いでしょう。

また、唐揚げなどの揚げ物の風味も梅酒を頼むことでさっぱりと頂けます。

寒い季節のときなどは熱燗にして楽しむことで、料理の時間をグッとエンジョイすることが出来るでしょう。

   
この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ