ドイツの黒ビールのおすすめ!販売している所とソーセージのペアリング

今回は訪れる前に知っておきたい、ドイツ発祥の黒ビールと、黒ビールが飲めるお店や、ビールのおつまみに最高のソーセージをご紹介します。あなたもこれでドイツの黒ビール通になれちゃいますよ!

  • メンバー
  • 作成日:
42view
favorite
ドイツの黒ビールのおすすめ!販売している所とソーセージのペアリング

ビールといえばドイツ!ドイツといえばビールというほど切っても切り離せないものですが、中でも黒ビールが有名なのはご存じですか?

ドイツには、シュバルツとドゥンケルという種類があってどちらもドイツ発祥の黒ビールなんです。

発祥の国ならば、銘柄も豊富でこだわりのおいしい黒ビールがあるのは当然ですよね!

今回はそんな訪れる前にもぜひ知っておいていただきたい、ドイツ発祥の黒ビールと、黒ビールが飲めるお店や、ビールのおつまみに最高のソーセージをご紹介します。

あなたもこれでドイツの黒ビール通になれちゃいますよ!

ドイツの黒ビールのおすすめはシュバルツ!


ドイツの黒ビールのおすすめはなんといってもシュバルツです。シュバルツとはドイツで「黒」のこと。

ドイツのバイエルン地方が発祥で、下面発酵(ラガー)で造られているため、黒ビールといってもキレがありとっても飲みやすいんです。

ローストした麦芽の風味が香ばしいのに、全然渋くなくって、ほんのり甘味を感じられる美味しいビールです。

ドイツでは、淡い色のビールも人気が高いのですが、黒ビールといえばシュバルツを置いてあるお店が多いようです。

中でも有名なのは、あの文豪ゲーテも愛したケストリッツァーシュバルツです。

ケストリッツァーシュバルツ

春播大麦モルトを使用した繊細なアロマが特徴。上品で清涼感のある味わいのエレガントなシュバルツビールです。

このシュバルツは1543年に創業されたケストリッツァー醸造所で造られていて、とても歴史のあるビールです。

ゲーテのみならずあの「鉄血宰相」ビスマルクもこれを愛飲していて「ビールの中の貴族といえる」とまで言わしめています。

ケストリッツァー・シュヴァルツビア [ ドイツ 330mlx6本 ] 出典:amazon

ケストリッツァー・シュヴァルツビア [ ドイツ 330mlx6本 ]

原材料:麦芽・ホップ
アルコール度数: 4.8%

他にもいろいろ本場ドイツの黒ビール♪

また、ドイツにはドゥンケルという黒ビールが存在します。

ドゥンケルは、ドイツ語で「暗い」という意味で、シュバルツよりはやや明るく、こちらもバイエルン発祥のビールを指します。

シュバルツと同じ下面発酵ですが、まろやかな口当たりです。

ドゥンケルの中でもミュンヘンで造られているものを「ミュンヘナードゥンケル」と呼び、また小麦を原料にしているものを「ドゥンケルヴァイツェン」と呼び、人気があります。

ドゥンケルの中で人気の高い銘柄をご紹介しますね

エルディンガー・ヴァイスビアドゥンケル

伝統的バイエルン醸造技術で造られている酵母入りの黒ビールです。

ヴァイスとはヴァイツェンと同じく小麦のことで、真っ黒な色からは想像できない軽やかさがあります。

きめ細かいクリーミーな泡立ちがよく、ドイツでも代表的な黒ビールです。

エルディンガー ヴァイスビア ドゥンケル 330ml 出典:amazon

エルディンガー ヴァイスビア ドゥンケル 330ml

原材料: 小麦・大麦・酵母・ホップ
アルコール度数:5.6%

   

ドイツの黒ビールはどこで販売されている?


では、ドイツで黒ビールを飲むなら、どこへ行けばよいのでしょうか。

まず、缶や瓶なら、スーパーで買うことができます。

沢山のビールがあるので、迷ってしまうかもしれませんね!

またドイツでは売店でもビールを買うことができます。

この売店は日本の感覚でいうと、キヨスクのような雰囲気です。

いたるところにこの売店があり、そこでビールとソーセージをパンにはさんだものを売っているのです。

ドイツではファーストフード感覚でビールとソーセージを買うことができるんですね!

それから市場やビヤガーデンでも飲むことができます。

市場の外で飲めるビールは朝から頂けちゃうというなんとも呑んべぇにうれしいシステムです。

もちろん、レストランやビヤホールでもビールを飲むことができます。

また北ドイツでは「Kneipe」と呼ばれるビヤホールよりは小さいバーのようなお店も存在します。

いろいろな生ビールを飲むことができるので、ぜひチャレンジしてくださいね。

ドイツの黒ビールはソーセージと一緒に♪


ドイツで黒ビールを飲むなら、おつまみは一体なにがおすすめでしょう。それはもちろんソーセージです。

ソーセージと黒ビール!ビールはソーセージの塩気がよく合い、脂を洗い流してくれますし、ソーセージは燻製、黒ビールは焙煎と香ばしさが倍増しこの2つは最高のペアリングなのです!

先ほどもご紹介したように、ドイツではキヨスクのような売店でもビールとソーセージを提供してくれます。

そこにマスタードとケチャップ、ザワークラフトを添えれば美味しいランチのできあがり!

ケチャップが鼻につかないように注意してくださいね!

レストランやビヤホールで頼むなら、「ブルートヴルスト」と呼ばれる黒っぽいソーセージをおすすめします。

これは、豚の血液の入ったソーセージであまり日本では出回っていません。

ドイツでは黒ビールにブルートヴルストが合うとされています。

血液?と嫌煙することはありません、レバーにも似た食感で濃厚なお味が、黒ビールによく合うんです。

それから、ドイツのソウルフード、「カリヴルスト」も忘れずに!

こちらはレストランはもちろん、軽食スタンドなどでも食べることができるドイツのファーストフードです。

ソーセージにカレー粉とケチャップをまぶしたものですが、ドイツの大衆食として根強い人気のあるメニューですから、あなたもやみつきになることうけあいですよ!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ