【岡山県のクラフトビール】伝統的な醸造所が作る挑戦的なビール?

今回は、そうした特徴に触れながら岡山県のクラフトビールについてご紹介します!

  • ライターN
  • 更新日:
104view
favorite
【岡山県のクラフトビール】伝統的な醸造所が作る挑戦的なビール?

クラフトビールのブームもあり、全国の都道府県にも多くのクラフトビール醸造所があります。そんな中で、岡山県にも有名な醸造所が数軒あります。この岡山県の醸造所と、そこで作られるビールの特徴としては、以下の2つが上げられます。

その一つは、元々日本酒を生産していた酒蔵が、クラフトビールを手掛けているケースが多い事であり、もう一つは伝統的なビール以外に様々な挑戦的なビールの製造に取り組んでいる醸造所が多く、ビールの種類が多いと言う特徴があります。

今回は、そうした特徴に触れながら岡山県のクラフトビールについてご紹介します!

岡山県岡山市の宮下酒造が作るクラフトビールの「独歩ビール」

岡山県のクラフトビールの特徴である日本酒の酒蔵がクラフトビールを手掛けている点と、そのビールの種類が多いと言う両面を備えているのが、「独歩ビール/倉敷ビール」です。

宮下酒造は、大正4年の創業ですが、以来日本酒・焼酎を始め、ビール・発泡酒・ウイスキー等を手掛けている酒造会社です。これほど多彩なアルコール飲料を生産する酒蔵も珍しいと言えるでしょう。

ここのクラフトビールとしては、ピルスナー・デユンケル・シュバルツ・ボック・ヴェイツェン・アニバーサリーと言った各国の伝統的で有名なビールを製造すると共に、牡蛎に合う白ビール、ホワイトチョコレート独歩と言った変わり種のクラフトビールや、ストロベリー独歩、桃の果汁を使った発泡酒のピーチピルス、マスカット果汁を使った発泡酒マスカットピルスなど、多くのビール・発泡酒を手掛けています。

これほど多種類のクラフトビールを生産していますが、その製造に関しては、手抜きはありません。酒税上は発泡酒に分類されるストロベリー独歩の例では、麦芽の旨味を殺さぬように上面発酵を行い、甘みを抑えてイチゴ風味を持たせた本格的な赤いビールに仕上げています。

地ビール独歩 飲み比べ6本セット

出典:Amazon

地ビール独歩 飲み比べ6本セット

ピルスナー
生きた酵母の入っているホップ香と苦味の効いた淡色ビールです。

デュンケル
色は濃いブラウン、苦味はやや弱く、味は濃厚なビールです。飲んだ後にも、口の中に甘く香ばしい麦芽の香味がほのかに残ります。

シュバルツ
黒ビールのタイプで口の中に甘く香ばしい麦芽の香味の残る濃醇なビールです。

インペリアルエール
アルコール分が高く(7.5%)、ボディがしっかりした、甘味とコクが特長のエール(上面発酵ビール)です。

ピーチピルス
岡山産の桃の天然果汁をたっぷりと使用し、桃の甘い香りが口いっぱいに拡がる発泡酒です。

マスカットピルス
岡山産のマスカット天然果汁を使用し、マスカットのすっきりとした爽やかな風味を楽しめる新しい発泡酒です。

岡山県津山市の多胡本家酒造所が作るクラフトビールの「作州津山ビール」

【岡山県のクラフトビール】伝統的な醸造所が作る挑戦的なビール?

多胡本家酒造所は300数十年前から清酒を作る酒蔵です。この酒造所が平成7年から作っているのが、作州ビールです。

ここも岡山県のクラフトビール醸造所の特徴である酒蔵がベースなのです。ここでは、最高級のファインアロマホップを使用してケルシュスタイルの伝統を守って作られた淡色の香り高いビールITSUHA、カラメル麦芽とピルスナー麦芽にさらに小麦麦芽をブレンドしたバイツェンアルトのTSUYAMA、津山ホルモンうどんビールと命名された味の濃い津山ホルモンうどんにマッチする黒ビールの他、さくら前線と言う変わった名前のビールも作っています。

この「さくら前線」は、紅麹がもつ血圧降下作用をそのまま生かし、その上でビールの風味をさらに深めたクラフトビールで、味わいと共に健康にも良いビールとなっています。

このさくら前線の名前は、作州津山にある鶴山公園の満開の桜の華やかさをイメージして名付けられ、その名に恥じない風情ある味に仕上がっています。

この作州ビールの名前の付け方には、地酒を長く作って来た酒蔵の郷土愛が感じられますね。

ご購入はこちら

岡山県岡山市の「吉備土手下麦酒醸造所」の作るクラフトビール

このクラフトビールは、岡山市の後楽園の北側にあり、岡山県を流れる清流旭川の土手の下に作られた醸造所です。ここのモットーは、街の豆腐店が豆腐を作って販売する様に、地元に愛され親しまれるビールにしたいと、敢えて酒税区分ではビールではなく発泡酒とされるものを作っています。

イングランドペールエールの御崎ミディアム、ストロングエールの天計ヘヴィー、カスケードホップを使用した香りの麦、ヴラウンエールの茶色のエール、ビターな飲み口が特徴の緑、香ばしい香りのフレーバー黒麦酒の吉備の烏、ヴァイツエルンタイプの小麦の麦酒と言った名前は独特ですが、伝統的なビール味を踏襲したものから、白桃、すもも、あきひめ苺、豊水梨、柚子等の果実の味わいや風味を付加した独自コンセプトと独特なネーミングの発泡酒を20種類も生産販売しています。

この比較的新しい醸造所も、岡山県の醸造所の特徴の一つである、多くの種類を作ると言う特徴を持っているのです。

吉備土手下麦酒醸造所のホームページはこちら

岡山県のドイツの森農業公園で作られるクラフトビール「吉井高原ビール」

この吉井高原ビールは岡山県のクラフトビール醸造所の特徴ではなく、全国に多数存在する子供から大人まで楽しめる農業公園内に作られた醸造所です。

この農業公園では、多くの農業公園と同じ様に、飲食を楽しんだり、農作物を収穫したり、動物と触れ合ったり、色々な体験や食作り楽しめ、さらにその時々にイベントが開催される農業公園で、一日楽しく過ごす事が出来ます。

吉井高原の農業公園にはドイツの森の名前が冠されており、ここで作られるクラフトビールは、昔ながらのドイツビールの伝統的な手法で作られており、高原の森の中で本格的なドイツビールを楽しめるのが特徴です。

ここで作られているクラフトビールは2種類のみです。その一つは、カラメル麦芽を使い、風味を出した苦みが控えめで、少し甘くて飲みやすい濃い色のビールのミュンヘンです。

もう一種類は、口あたりなめらかで、すっきりした味わいで黄金色をし、キレが良いのが特徴のピルスナーです。ドイツのテーマパークで子供と遊び、ゆっくりとドイツビールで喉を潤すには十分と言えます。

吉井高原ビールのホームページはこちら

歴史がある醸造所が作る、挑戦的な岡山県のビールをぜひ楽しんでみてくださいね!

   
この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3

関連するタグ