日本酒好きが呑むべきワインとは?家でワインを優雅に味わおう!

  • メンバー
  • 更新日:
124view
favorite

日本酒とワインの共通点は醸造酒で、原料を酵母の力で発酵させて造られています。基本的に日本酒はお米でワインはぶどうが原料として定番ですが、ともにアルコール度数が高く優雅な気分を感じながら飲めることが魅力です。醸造酒は味わいが深くて原料や製法にこだわると興味深く、辛口から甘口まで好みに合わせて選ぶとおいしく味わえます。ワインは赤と白があるためそれぞれの違いを確かめ、日本酒が好きなら飲みやすいものを選びたいものです。

知らないと損をする!日本酒好きが呑むべきワインとは何か?

日本酒は基本的に辛口から甘口まで様々な味があり、ワインでも赤ワインと白ワインがあり風味が微妙に異なります。赤ワインはタンニンがあるため渋味があり、苦手な場合は白ワインにすると飲みやすいです。渋みは苦味のような感じで辛口が好きな場合に合いますが、甘口が好きなら果実の風味を味わえるように決めるとおいしく味わえます。日本酒とワインの共通点は醸造酒であることや様々な味わいがあり、自分なりにアレンジして飲めるようにすると良いものです。また、日本酒は海外で高い評価を受けているためワイン好きなら興味があり、それぞれの違いを確かめて慣れるようにすると飲み比べを楽しめます。基本的に、日本酒は米や麦などを使いワインはぶどうなど果実を使用し、アルコールを使って本格的な味わいになるように仕上げていることが特徴です。日本酒好きが呑むべきワインは人それぞれですが、素材本来の風味を味わえるように好みに合わせて決めると満足できます。

お酒が好きであれば知るべし!日本酒好きが呑むべきワインの特徴

日本酒の味は使用する原料や精米歩合、アルコール度数などで変化し、辛口から甘口まで幅広くあります。ワインは日本酒と同様に白と赤の二種類があり、製法によって辛口から甘口まで変化させることが可能です。日本酒好きは基本的に素材や飲みごたえなどにこだわる傾向があり、ワインも同じような感じになれば共通点があるため口に合います。日本酒はアルコール度数が高めで焼酎になると米や麦など素材の味わいを楽しめ、ワインもアルコール度数は高くぶどう本来の味を堪能すると良いものです。日本酒の原料といえば酒米を中心に麦や芋などを組み合わせますが、ワインは黒ブドウや白ブドウなど品種に応じて個性的な味になります。日本酒好きが呑むべきワインは同じアルコール度数や辛さであることを確かめ、素材本来の味を楽しめるようにすると良いものです。ワインは日本酒が海外で作られたものだと考えると興味深く、試飲をしながら最適なものを選ぶと満足できます。

家ワインで日本酒とは違った味を楽しもう!日本酒好きが呑むべきワイン3選

日本酒が淡麗辛口から甘口まで様々な味がありますが、ワインにもあるため口に合うものを選びたいものです。
淡麗辛口タイプではイタリア・ヴェネト地方のソアヴェクラシコが人気で、ガルガーネガ種を使ったフレッシュな果実味と心地良い酸味が特徴です。他にも、ポルトガルのアリント種もレモンのような酸味があり、口の中をサッパリしてくれます。
芳醇旨口タイプはオーストラリアやチリなどのニューワールドのワインで、日照時間や気象条件に恵まれているため香りや風味もしっかりしていることが特徴です。ぶどうはシャルドネやソーヴィニヨンブランを使ったものが最適で、樽で長期熟成されたものになるとコクがありまろやかな味に仕上がります。
甘口タイプはドイツのツェラーシュヴァルツカッツが親しみやすく、ほんのりとした味わいが好きな方に向いています。甘口は果実の旨味を引き出していることが特徴で、口当たりが良い日本酒に共通する部分があるものです。

日本酒にハマる人はワインをこう選ぶ!日本酒好きが呑むべきワイン

日本酒好きは基本的に酒本来の辛さや飲みごたえなどにハマるもので、ワインも同様に味の特徴が共通していると慣れてくるものです。ワインは日本酒のようにアルコール度数が高くて上級者向けといえますが、奥が深いために飲み比べて好みに合わせて決めるとおいしく飲めます。ワインは赤ワインは黒ブドウの皮が入っているため渋みがあり、純米酒などの日本酒好きであれば白ワインにすると白ブドウの皮をむいて果実の旨味を引き出しているため合うものです。日本酒は産地によって酒の味が変わるものですが、ワインも同様に産地やぶどうの品種や製法などで変わってきます。酒を熟成する方法は樽に入れて保管するため木の香りなどもアクセントがあり、日本酒でも同様のため興味を持って選ぶと良いものです。日本酒にハマる人はワインに関しても興味がわくもので、原料の種類ごとの味の特徴などを知ると選ぶきっかけになります。日本酒は人によって好みが分かれますが、ワインも同様で自分自身で決めることが大事です。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3