ホワイトビールはコンビニで買える!気軽におしゃれなクラフトビールを楽しもう♪

  • メンバー
  • 更新日:
247view
favorite
ホワイトビールはコンビニで買える!気軽におしゃれなクラフトビールを楽しもう♪

日本でもクラフトビールが広く知られるようになって来ました。

特にその中でもホワイトビールは、すっきりした味わいで、ビールの苦手な人にもお勧めしたいビールです。

国産ホワイトビールは、特に通販で購入しなくても、スーパーやコンビニで買える物も多くなっています。ホワイトビールはまず色々なメーカーの物を試してみて、自分のお気に入りの1本を探してみるようにしましょう。

本場ヨーロッパだけでなく、国産のもかなりこだわりを持って作られています。中には、とてもユニークな発想の商品もあります。さらにスーパーやコンビニで買って来たからといって、そのまま飲むのではなく、ちょっとひと手間かけてグラスに注いでみましょう。

また料理やおつまみを付け合せて、ホームパーティを開くのもいいかもしれません。料理は、特にこれでないとダメというのはありませんので、好きな物を作ってみるといいでしょう。いつもの飲み会とはまた違った、贅沢な雰囲気の時間になりそうです。

ホワイトビールはコンビニでも買えるほど大人気!


最近は大手メーカーのビールだけでなく、クラフトビールも日本人の生活にかなり浸透して来ています。

もちろんクラフトビールといっても多種多様ですが、その中で最近注目されているのがホワイトビールです。このホワイトビールというのは、元々大麦中心のビールの原料に、小麦をかなりの割合で加えた物です。

この小麦を加えることにより、出来上がりの色が白濁していて、柔らかな雰囲気を漂わせています。

泡はこんもり、ふわふわしていますが、味はすっきりと爽やかで独特の香りがします。普通のビールよりも飲みやすいこともあり、ファンが増えているビールの1つといってもいいでしょう。

ところでこのホワイトビールも、他のビールがそうであるように、元々はヨーロッパで作られた物です。数百年の歴史があり、特にベルギーやドイツのようなビール大国のホワイトビールは、世界的に有名な存在です。

もちろん日本でも、ここ何十年かでホワイトビールが知られるようになり、日本国内の醸造所で作られている物もあります。日本産のホワイトビールとしては、銀河高原ビールやヱビスの華みやび、そして水曜日のネコなどが有名です。

それから白濁(しろにごり)という物もあります。いずれも缶入りのタイプで、白濁は缶をひっくり返すことで、ビールの中に濁りを溶け込ませるという、ユニークな発想のホワイトビールです。その他にもグランドキリンのホワイトエール、サッポロビールのホワイトベルグなどもあります。

しかしホワイトビールといえば、まだ馴染みがあまりないことなどから、通販などでしか手に入らないのではないか、そのように考えている人もいるかもしれません。しかしこれらのホワイトビールの多くは、コンビニで手に入ります。

ホワイトビールの本家であるベルギー、またはドイツの商品なども、手に入る事ができるコンビニが増えてきています。つまりはそれだけ日本でも、ホワイトビールの人気が高まりつつあるといえるのでしょう。

コンビニなのに!?ホワイトビールのこだわりがすごい!


とりわけホワイトベルグやグランドキリン、水曜日のネコや華みやびに銀河高原ビールなどは、スーパーや一部のコンビニでは間違いなく置いてあります。

ですからいつもの買い物のついでに、1本か2本を試しに買って飲んでみるといいでしょう。

もちろん値段や製法が違いますし、味にもいくらかの違いがあります。

まずホワイトベルグですが、値段が安くて味もいいと評判のホワイトビールです。

味そのものはベルジャンスタイル、つまりベルギー式で、スパイシーである一方でフルーティな風味を特徴としています。特にビールをあまり飲まない、普通のビールには抵抗があるという人には、このホワイトベルグが向いています。

パッケージも青緑色に後足立ちのライオンが描かれていて、ちょっとヨーロッパ風な雰囲気です。そのすっきり感ゆえに悪酔いせず、1度に2本ほどは飲めてしまうのもポイントが高いです。

そしてグランドキリンのホワイトエール、こちらはネルソンソーヴィンホップを使っているのが最大の特徴です。しかし、ネルソンソーヴィンホップて何?と思う人もいるでしょう。

これはニュージーランドの、ネルソンという場所で取れるホップのことです。元々このネルソンは白ワインも作られていて、その白ワイン、ソーヴィニョン・ブランに風味が似ていたことからこの名があります。

そしてその名にたがわず、このホワイトビールの香りは正に白ワインをほうふつとさせます。実際パッケージにも「白ワインのようなホワイトエール」とあります。まず香りを楽しみ、その後こんもりした泡とビールをゆっくり味わうようにするといいでしょう。

ところでホワイト「エール」とありますが、これがこのホワイトビールが上面発酵ビールだからです。つまり、イギリスのエールなどと同じ製法です。色が薄いからラガーやピルスナーと同じ、下面発酵のビールとつい思ってしまいますが、実はそうではありません。エールだけど色が薄く、白濁したビールと考えるとよさそうです。

   

ホワイトビールはそのまま缶よりグラスがおすすめ!


ホワイトビールの魅力は何といっても香りの良さです。まるで白ワインのようなフルーティーな香りを楽しむなら、たとえコンビニで買ってきたホワイトビールだったとしてもグラスに注いで呑むのがおすすめです。

ひがみが少なくさわやかなホワイトエールにおすすめのグラスは「タンブラー型」と呼ばれるグラスです。グラスの吞み口が大きな「タンブラー型」は呑みながらホワイトビールの爽やかな良い香りを楽しむのに最適です。

さらにこだわるのであれば、ホワイトビールの2種類の種類に着目してみましょう。

まずベルジャンスタイル、ベルギー式のホワイトビールには六角柱の形のグラスとなっています。

なぜ六角柱なのかというと、手の体温をビールに移さないようにするためです。つまりベルギー式のホワイトビールは、かなり冷たく冷やして飲んだ方が、すっきり感が増していいのです。

シュピゲラウ(Spiegelau) クラフトビールグラス アメリカン・ウィート・ビール

シュピゲラウ(Spiegelau) クラフトビールグラス アメリカン・ウィート・ビール

“高さ”:(約)17cm
“容量”:750ml
“素材”:クリスタルガラス
“生産国”:ドイツ
“製法”:マシンメイド

ベルシャンホワイトスタイルのホワイトビール

ベルギー ヒューガルデン ホワイト

ベルギー ヒューガルデン ホワイト

●品目:発泡酒
●原材料名:麦芽、ホップ、小麦、糖類、コリアンダーシード、オレンジピール
●麦芽使用率:50%以上
●アルコール分:4.5%以上5.5%未満(4.9%)
●容量:330ml×6本
●原産国名:ベルギー
●輸入者:アンハイザーブッシュインベブジャパン株式会社

サッポロ ホワイトベルグ

サッポロ ホワイトベルグ

内容量:350ml×24本
アルコール度数:5 %
原産国:日本
原材料・成分:発泡酒(麦芽(大麦麦芽・小麦麦芽)・ホップ・大麦・コリアンダーシード・オレンジピール)・スピリッツ(大麦)

水曜日のネコ

水曜日のネコ

原材料:大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、コリアンダーシード、オレンジピール
アルコール度数: 5.0%

一方でドイツ式のホワイトビール「ヴァイツェン」は、10度ほどで少しぬるめに飲んだ方がいいとされています。

元々ドイツ式はバナナやバニラのような、少し甘めの香りが特徴でもあるので、温度が高い方がその風味を味わえるからです。ドイツ式の場合はヴァイツェングラスといって、飲み口が広くて背の高いグラスがお勧めです。

このグラスは見た目もすんなりしていて、ふわふわの泡を立ててホワイトビールを注いだところは、如何にも様になります。

グランドキリンのホワイトエールの場合は、白ワインの適温と同じ10度前後の方が、香りをよく味わうことができるかもしれません。コンビニでまとめ買いしたホワイトビールも、丁寧に泡を立ててグラスに注いで行けば、本場のレストランにも負けない雰囲気になります。

コンビニで買ったのを忘れてしまうほど、香り高い贅沢な時間を楽しめます。

SPIEGELAU シュピゲラウ ウィートビールグラス(700ml) ヘーフェ・ヴァイツェン(2脚箱入) ビールクラシックスシリーズ

SPIEGELAU シュピゲラウ ウィートビールグラス(700ml) ヘーフェ・ヴァイツェン(2脚箱入) ビールクラシックスシリーズ

生産国: ドイツ
高さ: 238mm
容量: 700 ml
販売セット数: 2個
素材: クリスタル

ヴァイツェンスタイルのホワイトビール

銀河高原ビール 小麦のビール

銀河高原ビール 小麦のビール

原材料:麦芽 ホップ
アルコール度数:5%
お酒の製法/ベース/種類:ヴァイツェン

白濁

白濁

原材料:大麦麦芽・小麦麦芽・大麦・小麦・ホップ・天然白生酵母
アルコール度数: 5%
お酒の製法/ベース/種類: ヴァイツェン

サッポロ ヱビス 華みやび

サッポロ ヱビス 華みやび

原材料:麦芽・ホップ
アルコール度数: 5.5%

コンビニでホワイトビールを買うならおつまみも一緒に!


ホワイトビールは比較的すっきりした味なので、和食やサラダなどの野菜料理、そして魚やチキンにはよく合います。

もちろんソーセージやザワークラウトなども合いますし、スイーツに合わせても相性がいいということもあります。フルーティな風味のホワイトビールは、フルーツを使ったスイーツと組み合わせてもいいでしょう。

その日の気分に合わせて、コンビニでホワイトビールと好きなおつまみを買って楽しむのがいいでしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3