知らなきゃ損!大阪府のクラフトビールは浪速の個性はぞろい?

大阪は個性的で豊富な種類が楽しいクラフトビールが勢ぞろい!今回は大阪府のクラフトビールのご紹介です♪

  • ライターN
  • 更新日:
153view
favorite
知らなきゃ損!大阪府のクラフトビールは浪速の個性はぞろい?

食い倒れの町として知られる大阪府!たこ焼きやお好み焼きなど、ビールが思わず飲みたくなるおいしいグルメが溢れている大阪では、もちろんおいしいクラフトビールが呑めます!

特に大阪は個性的で豊富な種類が楽しいクラフトビールが勢ぞろい!今回は大阪府のクラフトビールのご紹介です♪

大阪府のクラフトビールでまず知らなきゃいけないのは「箕面ビール」!


画像出典:https://www.paylessimages.jp

箕面という地名を聞いたことはありますか?関西では箕面といえば滝と紅葉、そしてやんちゃな猿が有名です。(人から食べ物をとったりすることがあるらしくやんちゃと言われています。)箕面ビールの王冠には猿のキャラクターが印刷されていますが、これは箕面と言えば猿が有名なためです。

箕面ビールは大阪の中心、梅田から電車で30分ほどの自然豊かな場所で作られているクラフトビールです。残念ながらビール製造過程の工場見学はできないのですが、工場の近くに「WAREHOUSE」という箕面ビールの直営店があり、ここでは工場直送のフレッシュな箕面ビールがオンザタップで飲むことができ、ここでしか飲めないビールも出ていたりします。

また、食べ物もビールにピッタリなソーセージなどを食べる事ができるので、クラフトビール好きの方には絶対オススメなお店です。お昼から空いているので、ランチがてらビールを堪能も出来てしまいます!

また、箕面ビールの魅力はおしゃれなグッズ販売もしている事です。キャラクターの猿が印刷されたビアグラスや保冷バックやてぬぐいやTシャツ、ホップモチーフのアクセサリーも直営店に行けば販売されています。そして当然、持ち帰り用のビールの販売もしており、自宅などに送ってもくれるので、お土産探しがてらショッピングを楽しむのも楽しいお店です。

また、箕面まで行くのは大変という方は大阪市内にBEER BELLYという直営店が2店舗あり、1つは梅田からも近い地下鉄四つ橋線 肥後橋駅の近く、もう1つはJR天満駅の近くにあります。こちらのお店もオシャレで工場直送の箕面ビールを扱っておられます。日によって扱うビールの種類は変わるのですが、8~10種類程度は常に置いておられ、こちらもビールにあう美味しい食べ物がたくさんなので、大阪に来られる際は是非行ってみてください。!

ではどんなビールが飲めるかと言うと、箕面ビールでは様々なビアスタイルを製造されており、その多くが国際的な賞を受賞しています。また、期間限定の少し変わったビールもあるのも魅力です。

まずは定番の5種類についてご紹介します。

ピルスナー

出典:楽天

ピルスナー

このビールは、ラガービールなのですっきりした味わいと爽やかなホップの香りが特徴です。

スタウト

出典:楽天

スタウト

簡単にいえば黒ビールです。ここのスタウトは色は本当に真っ黒なのですが、コーヒーやビターチョコレートのように香りは豊かでも味はそこまで甘かったり苦すぎたりしないので、飲み飽きない味が特徴です。この特徴からか国際的なビールの賞を過去何度も受賞されています!

ヴァイツェン

出典:楽天

ヴァイツェン

白ビールと言われる種類のビールです。この特徴はなんといってもフルーティー!小麦麦芽を使用したフルーティで優しい南ドイツスタイルのビールです。ヴァイツェン酵母が醸し出すバナナやクローブを思わせるフルーティーな香りが特徴です。箕面ビールのヴァイツェンは香りはやや抑え目で爽快な後味とやわらかい飲み口がクセになるビールです。ビールは苦いから苦手…という女性にも飲んでみて欲しい種類のビールです。

ペールエール

出典:楽天

ペールエール

ビールの種類は実はとても多く世界中に100種類以上あると言われています。その100種類は大きくわけるとたった2種類の製造方法で2分されます。その1つが「ラガー」で、ラガーの代表格が最初に紹介した「ピルスナー」や大手企業の手掛けるビールの多くがラガービールに当てはまります。

そして、もう1つが「エール」で、ペールエールはこのエールの代表的なビールです。(ちなみにスタウトやヴァイツェンもエールという製造方法です。)

ペールエールの味の特徴は、ホップの香りと苦みが特長で、柑橘系のアロマが爽やかな印象でとても美味しいビールです。

W-IPA(ダブリュアイピーエー)

出典:Amazon

W-IPA(ダブリュアイピーエー)

あまり聞き慣れないビールの種類ですが、これはIPA(アイピーエー)、正式名称はインディアンペールエールの更にダブルというくらい濃厚なビールという意味です。
なぜ「インディアンペールエール」という名前かというと、これの元は先ほどご説明した「ペールエール」なんです。
そもそもペールエールはイギリス発祥のビールなのですが、 18世紀末インドがイギリスの植民地だったころに、インドに滞在するイギリス人にペールエールを送るために造られたビールです。
要はインドにペールエールを送ろうとすると、暑さで海上輸送中に傷んでしまったそうです。ホップには防腐剤の役割があるので、ホップを大量に投入したため香りと苦みが非常に強いビールになったのが由来です。
つまりW-IPAとはペールエールより香りと苦みが非常に強いビールを更に濃くしたというもので、アルコール度数はなんと9%!いつものビール感覚で飲むとビックリする濃厚なポップの香りとしっかりした苦味が特徴的です。
お酒好きの方には絶対オススメしたいビールです!味の系統は同じですが、ペールエール<IPA<W-IPAの順に濃くなって行くので、飲み比べてみるのも面白いと思います!

このほかにも、季節限定で出会えればラッキーなクラフトビールもあります!

まずは先ほどご紹介した「IPA」の派生として「ボスザルIPA」「おさるIPA」「こざるIPA」があります。ボスザルは黒ビールなのですが、IPAという種類のビールです。おさるやこざるは、IPAの中でもそこまで苦味が強すぎない飲みやすいビールです。

フルーツを使ったビールもあります。「国産桃ヴァイツェン」「ゆずホ和イト」があり、特にフルーティーで飲みやすいビールです。

他にも箕面ビール20周年を記念して作られた「ミノオブルーム」、原材料にワインに使用されるぶどうカベルネ・ソーヴィニヨンを使用した「カベルネ」、先代の社長さんをイメージして作られた「GOD FATHER」など様々な期間限定ビールがあります。

箕面ビールの定番と限定醸造ビールセット★

出典:楽天

箕面ビールの定番と限定醸造ビールセット★

【セット内容】
・ピルスナー 5% 330ml×1本
・ヴァイツェン 5% 330ml×1本
・ペールエール 5.5% 330ml×1本
・スタウト 5.5% 330ml×1本
・W-IPA 9% 330ml×1本
・ミノオブルーミングIPA 5.5% 330ml×1本

まだまだたくさん!大阪府のクラフトビール♪

道頓堀地ビール 出典:道頓堀地ビール

道頓堀地ビール

道頓堀地ビールは、1996年に大阪・道頓堀に道頓堀麦酒醸造所を創設しました。ドイツの設備を導入し、和食に合うビールをコンセプトに製造に取り組んでいます。醸造所は松竹座の地下2階の直営居酒屋のすぐ横にあります。
なんばシティには直営店「道頓堀クラフトビア醸造所 なんばCITY」があります。道頓堀地ビール全種と、日本各地のゲストビールが揃う、和風のとっても広いお店です!

大阪國乃長ビール

出典:楽天

大阪國乃長ビール

大阪國乃長ビールは元々日本を製造されており、自社で製造されているブランド清酒の名前をビールに使っています。
蔵元としても歴史のある寿酒造では、清酒製造の技術をビール造りに応用しています。
独自開発のビールが楽しめます。カエルのマークが目印です。

これらのビールは瓶や缶でも売られているのですが、大阪府内であっても普通のスーパーではあまり取り扱っていません。よく見かけるのは大阪近辺のデパ地下のお酒コーナーです!

お店に行くのが難しい方も、大阪に来られたら是非デパ地下に寄って箕面ビールを購入し、ついでにお惣菜を購入し、ホテルで飲んだり食べたりするのも楽しいですしお店に行くより安上がりなので、このような楽しみ方にも是非挑戦してみてください!

もちろん、インターネットでも購入する事ができるので、大阪旅に出ずとも、自宅で楽しむのもいいですよね♪

   
この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3