地ビールとクラフトビールって何が違うの!?知っていると鼻が高い基準って?

今回はもっと地ビールとクラフトビールが好きになる!知っているとちょっと鼻が高い!地ビールとクラフトビールの違いについてご紹介します!

  • ライターN
  • 更新日:
222view
favorite
地ビールとクラフトビールって何が違うの!?知っていると鼻が高い基準って?

呑んべぇさんの旅の楽しみといえば、各地で呑める「地ビール」ではないでしょうか?大手ビールメーカーが出しているビールとはちょっと違う個性的な味わいが旅の思い出に色どりを添えてくれますよね。

そして、そんな地ビールと共に最近人気が高まっているのが「クラフトビール」です。最近ではスーパーやコンビニなどといった身近なところでも購入ができるようになったり、クラフトビール専門のお店があったりとどんどんと需要が高まってきていますよね!

ただ、ここで気になるのが「地ビールとクラフトビールって違うの?むしろ一緒なの?」という事ですよね。

今回はもっと地ビールとクラフトビールが好きになる!知っているとちょっと鼻が高い!地ビールとクラフトビールの違いについてご紹介します!

地ビールとクラフトビールの違いはその生い立ちにあった!

日本のビールといえば、大手ビールメーカーが手掛ける物がメジャーですよね。今でも居酒屋さんなどでは大手のビールが中心ですが、だんだんと地ビール・クラフトビールが増えてきたように感じます。

そんな日本のビール歴史が変わったのが1994年の酒税法改正による規制緩和です。

規制緩和で地域に根付き作られた地ビール

それまで年間最低醸造量が2000キロリットルだった所を60キロリットルまで大幅に引き下げられました。これまでは年間で2000キロリットルというかなりの量のビールを造らなければいけなく、大手でなければ参入できなかったのが日本のビール業界でした。

しかし、規制緩和によって既存の大手企業以外の新しい会社もビール業界への参入がしやすくなり、「ここでしか買えない」「珍しい特産品」としてプレミア感を煽り地方の村おこしの一環として様々なビールが各地方で爆発的に仕込まれるようになりました。

それによって作られるようになったのが「地ビール」です。地方のビールを「地ビール」と称して各地で観光客目当ての商品として大量のビールと発泡酒が作られるようになったのです。

なんと3年で200以上の醸造場が誕生し、地元の特産品として地ビール並べられるようにもなりました。地ビールの人気は大変な物で、当時は地ビール目当てに旅行をする人が続出するほどでした。

これが日本における最初の地ビール普及、通称「第一次 地ビールブーム」とも呼ばれる出来事です。

地ビールの特徴として多く取り入れられたのはビールの本場ドイツの製法を引用したいわゆる「ジャーマンスタイル」のビールで、地方それぞれの野菜やフルーツなど特産品を盛り込んだ発泡酒でした。

しかし程なくして人々は気づきます。「このビール、珍しいっていうから買ってみたけどあんまりおいしくないね」そうなのです。新しく参入したビール企業の全てが豊富な醸造知識をもったまま参入したわけではありませんでした。中には地域の収穫物を無理に使用したことによりそもそも飲み物として「おいしくない」のにそのまま世に出されてしまうケースも多々ありました。

99年から醸造所数は下降の一途をたどり、「地ビール」ブームは凋落していくのです。これを実際に体験している世代の方には、「クラフトビール」=「地域の人々で手作りで作っている、地元発祥のビール」というイメージのまま認識されているはずです。

では今度は逆に「クラフトビール」がどのように登場したのかを定義とともにご紹介します。

醸造家のプライドをかけて作られたクラフトビール

乱立した「地ビール」企業のいくつかは丁寧な製品作りに精を出し、数を減らしながらもその地域へ密着したまま日本には残り続けました。

ではその間世界ではどのようなビールの動きがあったのかというと、利益よりも自分たちが飲みたいビール、本当においしいビールを追求をしようという理念のもと、アメリカを中心に大手またはその傘下ではなく、独立した小企業が地産地消をテーマに自由な発想でそれまでになかったビール作りを進めていきました。

アメリカではその後各地でそれぞれのスタイルの醸造所が増えたことにより、増えすぎたビールの種類の定義の必要性、粗悪品への懸念から、醸造所とビールを管理する機関「ブリュワーズ・アソシエーション」が発足します。

ブリュワーズ・アソシエーションは商業色の強い大手のビールと地元民に貢献するために作られたビールとをわかりやすく区分するために「クラフトビールの定義」を制定。それに則っている企業には認定マークをラベルに付与するなど、独立した企業を守るブランディングを続けました。

これが功を奏し大手に淘汰されすぎることなく各地域の特色を守った企業が生き残っていくのです。

ブリュワーズアソシエーションによるクラフトビールの定義は原料へ及ぶなど過去にはありましたが、時代の変化に合わせ少しずつ変化しています。

2018年12月の最新版では「年間600万樽以下の小規模生産であること」「独立している企業であること」「醸造許可があること」といった趣旨に変更されました。

地域の再開発目的で作られたビールとは違い、「自分たちも飲みたくなるような、おいしいビールを作る」小規模醸造所のビールは地元民以外にも広く国外でも支持され、「クラフトであること」を自社のプライドとし醸造を拡大していきます。

そうして日本にも普及してきたのが真の意味での「クラフトビール」です。代表的な商品はスコットランドのブリュードッグ醸造所による「パンクIPA」という商品ですね。パンクIPAは世界的なヒットとなり、それに呼応するように「クラフトビールのおいしさを知ってもらいたい」と世界のクラフトビールを扱うお店が日本でも増えていきます。

一方、地ビールブームでも良質なビールを作り受け入れられた日本の企業のいくつかは現存し、「地ビール」を脱し「クラフトビール」としてのプライドを持っていた企業は日本だけでなく国際的なコンペティションでも高く評価され、世界中にファンを作るレベルにまで成熟。

そのビールのおいしさに魅了され、また新たな醸造所を立ち上げる若者を生みだしていきます。そこからは皆さんが現在よくご存知の通り。現在では様々な所で目にするようになりました。決して大手ほどの展開規模には至らないが、「おいしいものを作り人々を喜ばせたいという精神と誇り」が脈々と流れているのが、現在皆さんが手にしている本当の「クラフトビール」なのです。

地ビールとクラフトビールは同じようで違う、だけど別物でもない…

ここまで地ビールとクラフトビールの生い立ちから見た違いについて紹介してきました。もしかしたら「だったら地ビールは悪くてクラフトビールはいい物なの?」と思われてしまうかもしれませんが、どういうわけではないのです。

確かに、現在のクラフトビールを牽引している醸造家の中には、ブランディングの一環として
「僕たちが作っているビールは、地ビールじゃない。クラフトビールなんだ。」
「地ビールやめました。クラフトビール始めます。」
などといった宣言をするところもありますが、現在の醸造家のこだわりが詰まったクラフトビールに至るまでには地ビールの存在はなくてはならないものだったのです。

クラフトビールはこだわり抜かれた良質なビールで、地ビールはお土産の域を抜けない高くてあまりおいしくないビールと解釈してしまうと、まるでクラフトビールという言葉が地ビールを否定しているかのように思われてしまうかもしれません。

しかし、現在人気のクラフトビールであっても「地域」という特徴は切っても切り離せないほど大きな存在ですよね。

○○県○○市のクラフトビール。○○県のブルワリーで作られたクラフトビール。といったように、個性を生かしたクラフトビールには地域性は切っても切り離せい物で、地ビールの礎の元に現在のクラフトビールの地位が確立されたことが分かります。

そして、一番に言いたいのは、今でも愛されている地ビールは一時期の「ただのお土産で味は良くないビール」ではなく、「良を重ねおいしさを追求した地域の個性を体現したビール」あるという事です。

そういった観点から見ると、地ビールとクラフトビールは言い方さえ違えど込められた思いは同じだと言えますね。

一度は呑みたい!人気の地ビールとクラフトビール10選

地ビールとクラフトビールについてご紹介してきましたが、知れば知るほど地ビールとクラフトビールが飲みたくなってきちゃいますよね?

最後に今人気の地ビールとクラフトビールをご紹介します!

【01】コエドブルワリー

出典:Amazon

【01】コエドブルワリー

モンドセレクションや数々の賞を受賞した埼玉県の「小江戸」川越を拠点として作られるのがコエドブルワリーのコエドビールです。

厳選した素材を用い、日本の水と職人の手によって醸される世界最高水準のビールをお楽しみください!

【02】ヤッホーブルーイング

出典:Amazon

【02】ヤッホーブルーイング

最近、コンビニやスーパーでも見かける事が多くなったのかこのよなよなエールです。

かわいらしいパッケージとは裏腹に本格的なおいしい個性的なビールが楽しめるという事でじわじわと人気が出てきています。

   
【03】銀河高原ビール

出典:Amazon

【03】銀河高原ビール

南ドイツ伝統の「ヴァイツェン」というホワイトビールを専門で作るブルワリーです。

厳選された麦芽とホップにこだわり、副原料も使わない製法で作られるビールは女性人気の高い繊細な味わいです。

【04】THE軽井沢ビール

出典:Amazon

【04】THE軽井沢ビール

ANAの国内線全線や、東海道新幹線の車内などで販売されている「さわやかで何杯呑んでも飽きの来ないビール」をコンセプトに作られたのがTHE軽井沢ビールです。

ビールの味もさることながら、美しいパッケージは日本画家の千住博 画伯が描いている事でも有名です。

【05】あわぢびーる

出典:Amazon

【05】あわぢびーる

海辺に佇むブルワリーで作られる淡路島唯一のクラフトビールです。ポップで可愛いパッケージが淡路の死までの穏やかな生活を連想させます。

特に、淡路島産のレモンを使ったヴァイツェンベースのフレーバービア「島レモン」は他にはない味わいと大人気です。

【06】オラホビール

出典:Amazon

【06】オラホビール

ビール好きからの評価が非常に高いのが、オラホビールのキャプテンクロウ・エクストラペールエールです。

香り・味ともにIPAのような華やかさあり

【07】エイ・ジェイ・アイ・ビア

出典:Amazon

【07】エイ・ジェイ・アイ・ビア

大坂のブルワリーで作られているエイ・ジェイ・アイ・ビアの箕面ビール ヴァイツェンのは、大阪という土地柄刺激的な味わいかと思いきや、香り・味わいともにやさしくて上品で有名なビールです。

口当たりがソフトで、小麦麦芽の風味がやさしく広がります。

【08】サンクトガーレン

【08】サンクトガーレン

元祖地ビール会社として有名なサンクトガーレンは創業からエールビール一貫主義の会社です。

国際ビール大賞で3年連続最多のメダル獲得であったり、世界的にも認められたビールで日本人の繊細な感覚と味覚で表現されています。

【09】石川酒造

出典:Amazon

【09】石川酒造

歴史がつくる伝統と革新の新たな結晶として作られているのが、あらゆる感性と個性が交差して響き合う、音楽のような石川酒造のビールです。

東京の地で醸す、東京の名を冠した、真の東京クラフトビールとして愛されています。

【10】宮崎ひでじビール

【10】宮崎ひでじビール

特産のマンゴーや日向夏を使用したフルーツビールが人気の宮崎県にあるブルワリー「ひでじビール」です。

豊かな自然を感じる、上質な天然水とフレッシュな自家培養酵母を使用した呑みやすさを追求したビールです。

この記事を書いた人
ライターN

最新記事

記事バナー3