マッコリにはどんな種類がある?味だけではく、美容や健康効果に違いも

  • メンバー
  • 更新日:
57view
favorite

マッコリといえば、韓国生まれのお酒として知られています。一時期、世間を席巻した韓流ブームは以前ほどの勢いはなくなりましたが、マッコリは美容や健康に良いとして女性を中心に根強い人気を保っています。仄かな甘味とさっぱりとした味わいのお酒で、アルコール度数もさほど高くありません。そのため飲みやすいのも人気の理由の1つです。フレーバーが加えられたマッコリなども登場しており、炭酸水やジュース、牛乳で割るなど色々な飲み方ができます。

マッコリの種類その1「加熱されているマッコリ」

マッコリは、米を主な原料としているお酒です。小麦やトウモロコシ、ジャガイモ、サツマイモなどの穀物も原料に含まれています。乳酸発酵をして作っているので、乳酸菌飲料のような酸味も仄かに感じられます。マッコリには大きく分けると、加熱処理を施してあるマッコリと加熱処理をしていない生マッコリがあります。生マッコリは加熱処理がされていない分、消費期限が短く時間の経過とともに発酵が進んで味が変化することもあります。そのためスーパーマーケットや酒店などで販売されているマッコリは、加熱処理を施して長期保存できるようにしているものが一般的です。程良い甘味が感じられ、コクもあります。冷たく冷やして飲むことが多く、温めて飲むことはありません。口当たりがなめらかで、韓国料理との相性も抜群です。日本のメーカーが製造する和風テイストのマッコリも登場しました。和風のマッコリは、通常のものよりも爽やかでさっぱりとしています。

マッコリの種類その2「加熱していない生マッコリ」

生マッコリは、加熱処理がされていないので微炭酸を楽しむことができます。乳酸菌が豊富に含まれており、腸内環境を改善してくれる働きがあります。乳酸菌は善玉菌を増やしてくれますから、腸内を活性化して便秘を解消するのに役立ちます。「腸活」という言葉もあるように、腸内環境を整えることは全身の健康にも影響を与えることが分かっています。腸の働きが鈍いと免疫力が下がってしまいますし、老廃物や有害物質が体に溜まりやすく代謝も悪くなってしまいます。乳酸菌が豊富に含まれる生マッコリは、腸活にも最適な飲み物です。生きた乳酸菌を体の中に摂り入れることができます。また、生マッコリにはビタミンやミネラル、タンパク質、食物繊維といった栄養素も豊富に含まれています。ビタミンやミネラルは体内で様々な働きをしている栄養素で、食物繊維も腸内環境を整えるのに一役買っています。お米が持つまろやかな甘味やほんのりとした爽やかさが感じられます。

マッコリの種類その3「フレーバータイプのマッコリ」

マッコリには、フレーバーが付いているタイプもあります。イチゴやみかん、バナナ、モモ等フルーツの果汁を加えたものもありますし、サツマイモや黒豆などのフレーバーが付いているものもあります。みかんやハランボンといった柑橘類は、爽やかさを増してくれるフレーバーです。ハランボンは韓国で栽培されている柑橘類の一種で、程良い酸味が魅力のフルーツになります。バナナやモモは甘味の強いフルーツなので、カクテルのような甘いお酒を楽しみたい人に向いています。モモやバナナは、女性に人気の高いフレーバーです。それから栗やサツマイモなどのフレーバーが楽しめるマッコリもあります。どちらも甘味や香ばしさが感じられるフレーバーで、あまりお酒のフレーバーとしては馴染みがありません。健康に良い食べ物だけに、より美容や健康効果が高まりそうです。その他にも柚子や黒豆といった和の素材を使ったフレーバーもあります。和の風情が感じられるマッコリで、日本人好みの味に仕上がっています。

マッコリの種類はどのようなポイントに気を付けて選べばいいか知りたい

マッコリを選ぶ時には、どのようなポイントに気を付ければいいのでしょうか。まず、加熱されているものか非加熱のものかを選ぶ必要があります。加熱処理されているものは手に入りやすいので、普段使いにできるというのがメリットです。自宅で気軽にお酒を楽しみたい時におすすめです。長期保存にも向いているので、買い置きしておくこともできます。美容効果や健康効果を期待してマッコリを選ぶなら、生マッコリが最適です。生きた乳酸菌を始めとして、様々な栄養が豊富に含まれています。ただし、スーパーマーケットなどでは販売されていないこともありますから、専門店などで購入するか飲食店などで飲むといいかもしれません。韓国料理店などに置いてあることが多いですし、居酒屋や焼き肉店などでマ生マッコリを楽しめることも多いようです。フレーバータイプのマッコリは、ジュースやビール、カルピスなどで割って飲む時に利用すると味のバリエーションが広がります。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3