何が違うの??意外と知らない缶ビールと生ビールの違いを解説します!

  • メンバー
  • 更新日:
383view
favorite
何が違うの??意外と知らない缶ビールと生ビールの違いを解説します!

毎日の晩酌に欠かせないお酒といえばビール!という方も多いのではないでしょうか。仕事終わりに居酒屋や家で呑むキンキンに冷えたビールは本当においしいですよね。中でも、居酒屋で呑む生ビールは格別!とファンも多いです。

サーバーから冷えたグラスに冷えたビールが注がれて、一気にぐっと飲み乾すとなんとも幸せな気分になりますよね~「あー今日も一日がんばったぁ!」って自分をほめてあげたくなります!やっぱり家で呑む缶ビールとお店の生ビールは全然違うなぁなんて思う瞬間ではないでしょうか?

でもちょっとまって!居酒屋で呑むのが生ビールで家で呑むのは生ビールじゃない!なんて思っていませんか?実はそれ!勘違いですよ!

今回は意外知らない、缶ビールと生ビールの違いについてご紹介します!

何が違うの??意外と知らない缶ビールと生ビールの違いを解説します!

一昔前までは居酒屋などの飲食店で提供されるビールを指して生ビールと呼ぶ場合が多かったですが、現在は飲食店で提供されるものと市販されている缶ビール、瓶ビールのほとんどが生ビールです。

では、生ビールの定義とは一体なんなのでしょうか?生ビールの「生」とは、製作工程に熱処理を伴わないものをさします。また一方熱処理が加えられたものを熱処理ビールと呼びます。

以前はビールの殺菌や酵母の働きを抑えるためこのような熱処理を加えることが一般的でしたが、醸造技術の向上により現在では熱処理を行わない生ビールが市場の大半を占めるようになった、というわけです。缶ビールを見てみても、「生ビール」とはっきり書いてあるのがわかりますね。

要するに、いつも家で呑んでいる缶ビールも居酒屋で呑む生ビールも、両方同じ生ビールという事になりますね!

知ってると鼻が高い!生ビールのうんちく

春になり、新たな生活に心躍らせている方も多いのではないでしょうか。成人を過ぎた皆さんはついにお酒を飲むことができますが、そのとっかかりとしてまずはビールを飲んでみたい!という方も多いのでは??今回は飲み会でちょっと自慢できる生ビールの「生」の詳細に解説していきます!

生ビールの「生」とはズバリ加熱処理の有無!最初に答えを言ってしまうと、生ビールの「生」とは製造過程においてビールに加熱処理を加えていない、という意味です。もともとビールは製造過程において雑菌の繁殖やパッケージングされた後の過度な酵母の働きを抑えるため加熱処理を加えることが一般的でした。近年では醸造技術などの向上に伴い必ずしもこの加熱処理が必要ではなくなったため、現在流通するほとんどのビールが生ビールとして販売することが可能になった、というわけです。

いつもの缶ビールが居酒屋の生ビールの味に変わる!?知ってると得するビールテク

呑んでいるビールは両方同じ生ビールとは言え、やっぱりお店で呑む生ビールと家で呑む缶ビールって味が全然違うと感じてしまいますよね?その大きな違いは「泡」です!居酒屋で呑む生ビールは、そのお店が使っているビール会社のサーバーを使っている事がほとんどです。ビールを造っているビール会社が出すサーバーですから、そのビールを一番おいしく呑めるようにサーバーにも工夫がしてあります。

そういったサーバーが作る、ガスぬけやビールの酸化を防ぐきめ細かいクリーミーな泡のおかげで口当たりが滑らかで自宅で呑む缶ビールとは一味違ったおいしいビールを呑めるわけです!

「だったら、自宅で居酒屋みたいな生ビールの味を再現するのは無理でしょ~」っと思うなかれ!実は、自宅でも!サーバーがなくても!おいしいビールを味わう方法があるのです!それが、伝家の宝刀「3度つぎ」!!

3度つぎを試してみよう!

①ビールとグラスを用意します!
②高位置から勢いよく注ぎます(●●みちがオリーブオイルを注ぐぐらい高い位置からでOK)
③泡がグラスの6割ぐらいまでできたらストップ、表面の粗い泡が落ち着くまで待ちます
④今度はゆっくりと泡とビールが半分ぐらいになるまで注ぎます。この時泡がたってもOK
⑤最後に慎重に泡を盛り上げていくように残りのビールを注ぎます
はい完成♪

ぜひ「3度つぎ」をきわめてお店で呑むようなおいしいビールを楽しんでくださいね!

缶ビールと瓶ビールの違いも実は…

ここまで、居酒屋さんで呑む生ビールも家で呑む缶ビールも生ビールであれば中身は同じであるとお話しをしてきました。

では、瓶に入っているビールと缶に入っているビールには違いはあるのでしょうか?間の良い呑んべぇさんであればもちろんお気づきだと思いますが、実は缶に入っているビールも瓶に入っているビールも生ビールであれば中身は一緒です。ただただ容器が違うだけなのです。

でもなぜだがおいしさでいうと
居酒屋の生ビール>瓶ビール>缶ビール
でおいしさが違うような気がしてしまいますよね。

特に缶ビールをそのまま呑むとアルミの部分が唇にあたるので「なんか鉄っぽい…」と感じてしまいます。一方瓶ビールは直接呑んだとしても、居酒屋で出される生ビールと同じでガラスが唇にあたりアルミに比べ滑らかです。

中身がどうこうというより、唇にあたる部分でも味わいが変わってきてしまう事もあるので家で缶ビールを呑む場合もグラスに移すのがおすすめですよ♪

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3