ビールグラスの選び方は種類と素材が味の決め手!晩酌ビールの味わいアップ作戦

今回はビールの種類ごとにおすすめのグラスと、グラスの素材別の特徴と味わいの差についてご説明します。ぜひ晩酌のグラスを格上げして美味しいビールを楽しんでください。

  • メンバー
  • 更新日:
35view
favorite
ビールグラスの選び方は種類と素材が味の決め手!晩酌ビールの味わいアップ作戦

毎日家で飲んでるビール。ふと気が付くと缶のまま飲んでしまっていたり、朝に麦茶を飲んだグラスで飲んでいたりしていませんか?

紳士淑女たるもの、そんなことではいけません。ビールはビール専用のグラスで飲むと味わいが格段にアップするのです。

それはわかっているけれど、いざ専用のグラスを買おうと思っても、なんだかやたらと種類があってどれを買えばいいのかわからないという方も多いと思います。

実はビールってビールの種類ごとにおすすめのグラスがあるんです。

今回はビールの種類ごとにおすすめのグラスと、グラスの素材別の特徴と味わいの差についてご説明しますね。ぜひ晩酌のグラスを格上げして美味しいビールを楽しんでください。

ビールグラスの選び方は種類で分かれていた


自分にあったビールグラスを選ぶなら、好みのビールに合わせる必要があります。

ビールと一口にいっても、コクがあるものから香りがあるもの、さっぱりしたものまでいろいろありますよね。

実はビールグラスはそのそれぞれの味を引き立てるために、さまざまな形をしているのです。

このビールの種類とグラスの組み合わせを間違えてしまうと、せっかくのビールの味が台無しになってしまいます。

まずはいつも飲んでいるお好きな銘柄のビールに合わせてマイグラスを選びましょう。

種類別のおすすめのグラス

ピルスナー好きのおすすめグラス

まずはピルスナータイプにおすすめのグラスから。日本の大手ビール会社各社が主軸に据える、黄金色に輝く鮮やかな色合いと香りのビールが好きなら、まっすぐで細長いタイプのグラスがおすすめです。

背が高いピルスナーグラスはストレートにその味と香りを届けてくれます。

ラガー好きのおすすめグラス

またピルスナー好きとも重なりますが、ラガーが大好き!という方にはやっぱりジョッキがおすすめです。ジョッキは飲み口が広く喉にガツンとビールが流れてくるため喉越しが最高なのです。

量を飲みやすいジョッキタイプのグラスはいかにも「ビ―ルを飲んでいるぞ!」という気分を味わうことができます。

また取っ手がついているので、自分の体温がグラスに移りづらいというのもいいですね。

ヴァイツェン好きのおすすめグラス

ヴァイツェンが好きな方には、細長くて上部に膨らみがあるタイプのグラスがおすすめです。膨らみがあることによって泡を長持ちさせてくれて、ヴァイツェンのフルーティな香りを長く楽しめるようになっています。

ペールエール好きのおすすめグラス

ペールエールがお好きな方には、タンブラーやラッパ型、パイント型のグラスがおすすめです。飲み口が広がっているのでペールエールの香りをしっかりと感じられるようになっています。

スタウト好きのおすすめグラス

黒ビールなどのスタウトがお好きな方にはその名もスタウトグラスがおすすめです。スペードのエースのような形が香りと味が引き立たせ、また、泡を長持ちさせてくれるのです。

IPA好きのおすすめグラス

最近ブームのIPA。IPA専用のグラスがあるってご存じでしたか?グラスの下部がでこぼことしている不思議な形状のIPAグラスです。グラスを傾ける度に下のでこぼこにビールが流れ込み新しい泡を作り出すのだとか。ぜひIPA好きの方にはお試しいただきたいグラスです。

いろんなビールが好きな方へおすすめのグラス

毎回同じ銘柄ではなく、いろんなビールを楽しみたいという方には、飲みやすくて汎用性のあるパイント型やタンブラー型がおすすめです。

ビールグラスの選び方は素材にもこだわりたい!


ビールグラスにはさまざまな形があり、ビールの種類ごとにわけると美味しく飲むことがわかりました。

ご自分の好きなビールに合わせていざグラスを購入しようと思ったら、ガラス意外のグラスが沢山あることにも気づいていただけるとおもいます。

そうです、ビールグラスには陶器や錫、銅など様々な素材でできたものがあるのです。

こちらでは、素材別におすすめのポイントをご紹介します。

ガラス

ガラス素材の特徴は、種類が豊富で値段も様々なところです。触れたら切れてしまいそうに薄いものから、極厚のジョッキまで好みに応じて選ぶことができます。

また透明で色合いも豊富なので泡やビールの色合いを楽しむこともできますね。迷ったらもちろんガラスのグラスをおすすめします。

陶器

日本に多い陶器製のビールグラスは素焼きのものがおすすめです。素焼きのざらざらした表面がきめ細かくクリーミーな泡を作ってくれるのです。

また手になじむ感じも嬉しいですね。

錫は熱伝導率が高く、冷たさを保持してくれ、触っただけでもビールの冷たさを感じることができます。他にもイオンの効果で鮮度を保ってくれるなどビール好きにはいいことづくしなのが、錫製のグラスです。

錫同様に熱伝導率が高いので長時間冷えたビールを味わうことができます。銅のマグカップやタンブラーの職人によって刻まれた鎚目模様も魅力的ですね。

ステンレス

おすすめは二重構造になっているステンレス製のビールグラス。保冷効果が抜群に高いので冷えたビールを長く楽しむことができます。また錆びにくくて水滴がつきにくいのでお手入れも楽ちんです。

ビールグラスの選び方で味ってそんなに変わるもの?


ビールの種類や素材ごとのグラスの違いをご紹介してきました。グラスで香りや味が違うといっても、そんなの繊細な人だけで大して違わないんでしょ、と思ってる方いませんか?

いえいえそんなことないんです。ビールは本当にグラスによって味がまったく変わってきちゃうんです。

よかったら試しに家にあるグラスをかきあつめて同じビールを飲み比べてみてください。湯呑でもいいです、シャンパン用のフルートグラスでもいいです。

まずは口当たりも違いますね。それから泡持ちもグラスによって全然違います。それから口にいっぺんに入ってくる量も違います。香りがたつものと立たないもの、炭酸を強く感じるものやまろやかに感じるものなど様々です。

確かめたくなったら、ぜひ飲み比べ用のグラスセットでお試しください。

東洋佐々木ガラス ビヤーグラスセット

ドライ用、プレミアム用、黒ビール用と3種類のビールグラスが入った飲み比べ用のセットです。

どちらも容量は350㎖を超えているので、缶ビールを1本残さずに注ぎきることができます。

東洋佐々木はあのプレミアムモルツのオリジナルグラスを作っているグラスメーカーですから、折り紙付きですよね。繊細に見えますが、食洗器にも対応しているので家でも安心して使うことができます。

また、東洋佐々木ガラスではこの種類意外にも飲み比べできるセットを販売しているので気になったらぜひ試してみてください。

もちろん、お好みのビールにあったグラスを合わせるのも忘れずに!

東洋佐々木ガラス ビヤーグラスセット (ドライ・プレミアム・黒ビール)G071-T239 3個入り 出典:amazon

東洋佐々木ガラス ビヤーグラスセット (ドライ・プレミアム・黒ビール)G071-T239 3個入り

素材:ソーダガラス
容量:(黒ビール)400ml、(7対3グラス)375ml、(ゴクッと爽快)385ml

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ