ベルギーのビールの種類は?人気の高いホワイトとお土産にもおすすめの銘柄14選

ベルギーのビールって何種類あるかご存じですか?今回はベルギーのビールの種類や、人気の高いホワイトビール、お土産にもおすすめの銘柄についてたっぷりご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
116view
favorite
ベルギーのビールの種類は?人気の高いホワイトとお土産にもおすすめの銘柄14選

数あるビール大国の中でもひときわ個性を発揮しているベルギービール。オーソドックスなものからフルーツビール、ブレンドしたものなどあらゆるビールが存在します。

それもそのはずベルギーのビールの歴史はとっても古く、銘柄についてはほとんど数えきれないほど存在します。

もちろんベルギーの人々はビールをとっても愛していて、昼間からカフェで食事のお供にビールを飲んでくつろいでいます。

今回はそんなベルギーのビールの豊富な種類や、おすすめのホワイトビール、お土産にもぴったりなの銘柄についてたっぷりご紹介します。

ベルギーのビールは種類が豊富で飲みきれない!


日本でも最近クラフトビール人気で様々な種類のビールがスーパーに置いてあるようになりましたが、それでも人気のビールはピルスナータイプの銘柄が多くの割合を占めています。

ベルギーでももちろんピルスナーは人気がありますが、それ以外のビールの種類がとにもかくにも豊富なのです。銘柄においては800銘柄とも1200銘柄とも言われています。それほど数えきれないということなのでしょう。

ベルギーのビールが飲めるカフェでは20~30銘柄が置いてあり、初心者が行ったらもはやどこから手をつけたらいいのか全くわからないと思います。

ここでは、まずはベルギービールのおおまかな種類について触れたいと思います。飲んでみたいなと思う種類があったら、後ほど銘柄もご紹介するのでぜひ試してみてくださいね。

それでは今回はベルギービールの種類を11種類にわけてご紹介しましょう。

【1】ピルスナー

ピルスナーは下面発酵のビールで日本の大手メーカーのビールもほとんどこれに属します。

淡い黄金色ですっきりした喉越しのいいビールです。ベルギーでも人気が高く有名なステラアルトワもこのピルスナーです。

【2】トラピストビール

トラピスト修道院で造られているビール。トラピストの称号を名乗ることができるのは、厳格に定めまれた基準を満たした醸造所のみで、ベルギー国内ではCimay、Rochefort、Orval、La Trappe、Westmalle、
Westvleterenと言われています。

【3】アビイビール

トラピスト以外の修道院または修道院のレシピを元に民間で造られているビールのことをいいます。度数が高くしっかりした濃厚な味のビールが多いのが特徴です。

【4】ホワイトビール

ベルジャンホワイトともいわれる、白く濁った色のビール。小麦麦芽を多く使い、きめ細かい泡とフルーティな酸味があります。オレンジピールやコリアンダーなどで風味がつくられているのもホワイトビールの特徴です。

【5】レッドビール

西フランダース地方で造られているビール。赤大麦を使っているため深いワインレッドのような色をしています。その色の通り赤ワインがお好きな人におすすめ。ブラックチェリーのようなフルーティな香りと樽の香りがします。

ビールが苦手な方にもおすすめのビールです。

【6】ブラウンビール

東フランダース地方でチクられている、茶褐色の濃厚な色をしたビール。古いビールに新しいビールをブレンドするというと特殊な製法で造られています。

【7】セゾンビール

ベルギー南部のワロン地方で造られているビール。農家で真夏に喉が渇いた時にお茶替わりに飲まれていたため、度数が低くてドライなのど越しのビールです。中にはスパイスをきかせたものもあります。

【8】ゴールデンエール

その名の通り淡い金色をした上面発酵のビール。さわやかな香りとすっきりした味で、軽さと苦みのバランスがいいビールです。アルコール度数が高いものが多い。

【9】ランビック

ブリュッセルの限られた地域で(ゼナ川周辺)造られている小麦ビールです。この地域にのみに生息するとされる野生酵母を用い大気中の自然酵母で発酵させるため、熟成期間が1~2年ととても長いのが特徴です。

柑橘ぽい独特の香りと酸味があり、またイチゴやフランボワーズなどのフルーツを加えて再発酵させているのもありバラエティに富んだビールです。

【10】フルーツビール

その名の通り、フルーツが使われいるビールです。醸造の途中で生のフルーツをビールに漬け込んだものや、フルーツの濃縮エキスや香料を加えて熟成しているタイプ等、様々です。

さくらんぼや木イチゴの他バナナやマスカットなど様々なフルーツを使ったものがあります。

【11】スペシャリティビール

上記のカテゴリに分けられないビールです。ベルギーには地域ごとにもさまざまなビールがあり風味もいろいろ、甘いものから苦いものと味わいも豊富なため、それらに分類できないものが多く存在します。

アルコール度数も違うため、珍しいビールだなと思ったら度数をよく確認してぜひトライしてみてください。

ベルギーのビールではぜひホワイトをファーストビールに


ベルギーには本当にいろんな種類のビールが存在することがおわかりいただけたと思います。

ではカフェで最初の一杯は何がいいでしょう。私は個人的にホワイトビールをおすすめします。

明るい時間からビールが楽しめるベルギーではどっしり濃厚なビールはディナーの後の夜向き。

早い時間の最初の一杯は、それほど重たくなくて華やかな香りを楽しめるビールの方が向いていると思います。

ピルスナーはベルギーでも人気が高く一番多く出回っていますが、日本で親しまれているビールと近いためそれほどベルギーらしさは感じられません。

せっかくベルギービールを飲むのであれば、ベルギーらしさを感じられるビールを一杯目にはチョイスしたいもの。

そこでホワイトビールの登場です。ホワイトビールはベルジャンホワイトとも言われて、世界的にも人気があります。日本でも最近では大手のビールメーカーがホワイトビールを販売したりして人気も上がってきました。

ホワイトビールで一番有名なのはなんといっても「ヒューガルデンホワイト」それからクマのラベルが可愛い「ヴェデット」も人気です。

ふわりと薫オレンジピールの香りに、まろやかで軽い味わいをぜひ本日のファーストビールにお選びください。

ベルギーのビールのお土産にもおすすめの銘柄14選


ベルギービールは種類が豊富でどれもとっても個性があります。ファーストビールにはホワイトビールをおすすめしましたが、その後はぜひお好みでいろいろなビールを楽しんでいただきたいと思います。

おいしいビールを楽しんだら、ぜひお土産にも買って帰りたいですよね!こちらではお土産にもおすすめの定番からちょっと変わったネーミングのものなどユニークなビールを集めてみましたので、ぜひご自分やお友達へのお土産の参考にしてみてください。

またベルギーのビールはそれぞれオリジナルグラスが存在しますので、オリジナルグラスと一緒に持ち帰ってもいいですね。

今回は先ほどご紹介した11種類すべての種類のおすすめをご用意したのでぜひお好きな銘柄を見つけてくださいね!

【1】ステラアルトワ(ピルスナー)

これほど沢山の種類があるベルギーにおいてさえ、ベルギーで一番飲まれているピルスナータイプのビールです。

キレのある爽快な飲み口が特長で、特に草のようなホップのアロマが魅力。世界80ヶ国以上で愛されている大人気ビールです。

ステラアルトワ 330ml 出典:楽天

ステラアルトワ 330ml

原材料:麦芽 ホップ 酸化防止剤 苦味料 香料
アルコール度数 5.0%

【2】シメイビール(トラピストビール)

トラピストビールであるシメイは日本でも見かけることがありますね。

スクールモン修道院内の天然地下水と天然の農産物を使用して造られていて、熱処理・ろ過を行なわず、瓶詰の直前に新鮮な酵母を加えて造る、伝統的なビールです。

シメイビール・3本セット グラス付き 出典:amazon

シメイビール・3本セット グラス付き

原材料大麦モルト、ホップ、スターチ    
アルコール度数:ブルー9.0% レッド7% ホワイト8%
専用グラス付き

【3】ロシュフォール(トラピストビール)

ノートルダム・ド・サン=レミ修道院で造られるトラピストビール。他のトラピスト修道院のようにカフェやオーベルジュを持たず、外部に対してとても厳格な醸造所として有名です。

シメイと並んでロシュフォールもトラピストとしては有名なビールです。6、8、10、とそれぞれのビールにナンバーがふられていますが、「8」は甘さと苦みのバランス良好でロシュフォールの代表作です。

ロシュフォール 8 ROCHEFORT 8 330ml×12本 出典:amazon

ロシュフォール 8 ROCHEFORT 8 330ml×12本

アルコール度:9.2%

【4】レフ(アビイビール)

レフ修道院は、1152年に設立され、13世紀にはビールの醸造を始めていたと言われるほど歴史のある醸造所です。第二次世界大戦後の1952年、ビールの生産を外部の醸造所に委託。これが正式にライセンス生産をした最初のアビイ・ビールとされています。

レフブロンドは輝きのあるゴールド。りんご、オレンジ、アプリコットのようなフルーティーな香りがあります。旨味、酸味、苦味のバランスがよい、スパイシーなビールです。

レフ・ブロンド 330ml 出典:楽天

レフ・ブロンド 330ml

原材料:麦芽、ホップ、コーン、糖類
アルコール度数:6.6%

【5】ヒューガルデンホワイト(ホワイトビール)

ベルジャンホワイトとして世界中にファンも多いヒューガルデン。14世紀にヒューガルデン村でホワイトビールが作られるようになったものの、一度はピルスナー人気におされて姿を消しましたが、1966年にヒューガルデン村出身で当時牛乳屋だったピエール・セリスが村の名前にちなんで『ヒューガルデン・ホワイト』と名づけて販売したものです。

大麦、小麦、ホップを使った上面発酵で造られ、苦味は少なくコリアンダーやオレンジピールによるほんのりスパイシーでさわやかな飲み口が特徴。

ヒューガルデン ホワイト 瓶 330ml×6本

ヒューガルデン ホワイト 瓶 330ml×6本

原材料名:麦芽、ホップ、小麦、糖類、コリアンダーシード、オレンジピール
アルコール分:4.5%以上5.5%未満(4.9%)

【6】ヴェデットエクストラホワイト(ホワイトビール)

こちらもベルジャンホワイトとして世界的に有名なビールです。白くにごった明るいイエローのベルジャン・ホワイト。オレンジ、レモン、バナナのようなフルーティーな香りがします。

Vedett(ヴェデット)は、オランダ語とフランス語で「スター」「有名人」という意味で、若者向けに新しく開発されたブランドで、裏ラベルに消費者の顔写真が貼られています。

何をかくそう私もこの顔写真に応募したことがあります。あなたが飲んでいるヴェデットもしかしたら私の写真が掲載されているかもしれません!

ヴェデット・エキストラホワイト 330ml×6本

ヴェデット・エキストラホワイト 330ml×6本

原材料:麦芽、ホップ、小麦、コリアンダー、オレンジピール、糖類、酵母
アルコール分:4.7%

【7】ローデンバッハクランクリュ(レッドビール)

ローデンバッハ醸造所は西フランダース州のルセラーレ村に小さな醸造所で醸造されています。ローデンバッハ4兄弟によって1820年に設立されました。

グランクリュは伝統製法により、オーク樽で2年以上も熟成させて造られるレッド・ビールの上級品です。フルーティーで爽やかな味わいと独特なコクが特徴のビールです。

ローデンバッハ グランクリュ 330ml 出典:amazon

ローデンバッハ グランクリュ 330ml

ビールタイプ: レッド・ビール
アルコール度数: 6.5%

【8】リーフマンス グーデンバンド(ブラウンビール)

様々なビアコンテストにおいて何度もレッド・ビールの頂点に選ばれており、世界でもっとも複雑な味わいを持つビールと言われています。長い期間熟成され、(4〜12カ月)その後ブレンド・瓶詰めされます。

醸造シーズンの最後の3月につくられ「プロビション・ビール」といわれます。購入後過程でも寝かせることによって熟成され、さらに深いコクを味わうことができます。ブルーチーズによく合うビールです。

リーフマンス・グーデンバンド 8% 330ml×2本組 出典:楽天

リーフマンス・グーデンバンド 8% 330ml×2本組

原材料:麦芽、ホップ、糖類、酵母
アルコール度数:8.0%

【9】セゾンデュポン(セゾンビール)

1850年から伝統的なビールを造りつづけているデュポン社のメインの銘柄です。色はややオレンジがかったゴールドで泡持ちがよいのが特徴。

ホップの苦味と旨味、酸味のバランスが非常によく、さわやかながら十分なボディを感じることができる、すばらしい味わいのビールです。

アルコール度数はベルギービールにしては低めですが、6.5%はあるのでお気をつけくださいね。

ベルギービール セゾン デュポン 330ml

楽天

ベルギービール セゾン デュポン 330ml

原材料:大麦モルト、ホップ
アルコール度数:6.5%

【10】ギロチン(ゴールデンエール)

ゴールデンエールの大定番「ギロチン」です。その名前はあの断頭台を発明した医師のギロチンに由来し、ラベルにも恐ろしいギロチンの絵が描かれています。

物騒な名前とは裏腹に数々の有名コンテストで金賞を獲得していて、シトラスの風味とスムースな飲み口が特徴的で、 力強さの裏にアルコール度数を感じさせない飲みやすさを与えてくれます。

ベルギービール ギロチン 330ml 出典:楽天

ベルギービール ギロチン 330ml

原材料:麦芽・ホップ・糖類
アルコール度数: 8.5%

【11】デュベル(ゴールデンエール)

「世界一魔性を秘めた」と称されるゴールデンエールの最高峰です。日本でもお目にかかることがありますね。コロンとしたボトルに愛着を感じます。

1918年以来、独自の酵母を用いたオリジナルなレシピが今も守られ、瓶内2次発酵がその繊細な香りと絶妙な苦味を生み出します。

芳醇な甘味とコクがとてもバランスよく、味わい深いのに飲みやすいと3拍子揃っているのに、アルコール度数が意外と高いというまさに魔性のビールです。

ベルギービールの入門としてもおすすめの逸品です。

デュベル 330ml×12本 出典:amazon

デュベル 330ml×12本

原材料:麦芽:ホップ・糖類・酵母
アルコール度:8.5%

【12】カンティヨン・グース(ランビック)

強い酸味を持った、通好みなビールです。カンティヨン・グースは年代のことなるランビックをブレンドして瓶詰しさらに二次発酵させたビールです。

伝統的なランビックの製法を守り続けるカンティヨンのビールはランドックの神髄といえるでしょう。

ビールとは思えない特徴的な酸味は、一度ハマると抜け出せないほど病みつきに。 ラベルの小便小僧くんはジュリアン君というのだそうです。ベルギーのビールはラベルがユーモラスなのも多いですね。

カンティヨン・グース CANTILLON GEUZE 375ml 出典:amazon

カンティヨン・グース CANTILLON GEUZE 375ml

原材料: 麦芽、ホップ、小麦、糖類
アルコール度数: 5.0%

【13】モンゴゾ・バナナ(フルーツビール)

フルーツビールは数多くあれど、ちょっと目をひくバナナのフルーツビールです。え、バナナ?とあなどることなかれ。これが人気のビールなのです。

あのピンクの象が目印の「デリリウム」や先ほどご紹介した「ギロチン」を生み出したヒューグ醸造所のビールでアフリカ・ガーナのバナナを公正貿易で仕入れ、使用しています。

苦みを殆ど感じず、甘みはあるのに、しっかりビール。明るいうちに飲んでもグビグビいけちゃいそうな明るいビールです。

モンゴゾ バナナ ビール 330ml 出典:楽天

モンゴゾ バナナ ビール 330ml

原材料:麦芽、ホップ、酵母、バナナ、小麦麦芽、 オレンジピール、コリアンダー
アルコール度数:4.5 %

【14】ブッシュアンバー(スペシャリティビール)

ベルギーのどのカテゴリにも属さないビール。ブッシュアンバーです。度数の高いベルギービールの中でもトップクラスのアルコール度数を誇ります。

カルメラモルトを使ったアンバーカラーで濃厚な甘味を持っていますが飲み辛くなく、コクのある深い味わいで、アルコール度数を感じさせません。苦みと甘みのバランスがよいビールです。

ブッシュ アンバー 12度 330ml

ブッシュ アンバー 12度 330ml

原材料:麦芽・ホップ・糖類
アルコール度数 12.0%

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ