ビールの祭りに行こう!東京・横浜・さいたまのビアフェスおすすめ18選!

いまや全国でいろんな季節にいろんなビールの祭りが開催されています。今回は東京・横浜・さいたまのビール祭りをたくさんご紹介しますので、ぜひ週末のご予定に検討してみてくださいね!

  • メンバー
  • 更新日:
166view
favorite
ビールの祭りに行こう!東京・横浜・さいたまのビアフェスおすすめ18選!

ここ数年で、見かけることの多くなってきたビール祭り。日頃は飲めないようないろんなビールを思う存分飲み比べられたり、ビールにぴったりのフードが食べられたりとまさにビール呑んべぇの天国ですよね。

あまりの楽しさから、また行きたい!とリピーターになる人も多いことでしょう。

でもオクトーバーフェストは年に一回。また来年までビール祭りには行けないのでしょうか?いいえ、日本のビール祭りは秋だけではないんです!

いまや全国でいろんな季節にいろんなビールの祭りが開催されています。今回は東京・横浜・さいたまのおすすめビール祭りをたくさんご紹介します。東北地方の祭りもご紹介しちゃいますよ!ぜひ週末のご予定を検討してみてくださいね!

ビールの祭りは東京でもこんなに開催されていた!

【1】大江戸ビール祭り(品川、恵比寿、町田、等・春~秋開催)

大江戸ビール祭りは日本及び海外の多様のクラフトビールを大集結させた、国内最大級のクラフトビールイベントです。

2015年に発足し、大江戸という名前のとおり今までも都内のあらゆるところで開催されています。

入場は無料で、至極のクラフトビールを心ゆくまで堪能できるクラフトビール三昧のお祭りです。気になった方は直近の祭りがないかチェックしてみましょう。

ホームページ

【2】ビアフェス東京(恵比寿・6月開催)

ビアフェス東京は1998年からスタートしたビアフェスの東京開催の名称です。他にも大阪・横浜・名古屋・沖縄で行われています。

歴史が古く、インターナショナルビアカップの入賞ビールが飲めるイベントです。入場料だけで何度でも試飲できるスタイルなので、飲みすぎに注意してくださいね!

ホームページ

【3】ニッポンクラフトビアフェスティバル(大手町・8月開催)

年に一度東京の中心、大手町で開かれる日本クラフトビアフェスティバルです。約20社、40銘柄以上のラインナップです。

日本の地ビールを支援する会のビアワングランプリの受賞ビールを飲むことができます。クラフトビールを楽しみ、日本のビール文化の発展を目標に掲げている、一味違ったビール祭りなのです。

ホームページ

【4】ベルギービールウィークエンドTokyo(日比谷・6月開催/六本木・9月開催)

こちらも全国、名古屋、横浜、大阪、そして日比谷、六本木と行われている、国内最大級のベルギービールとグルメのビール祭りです。

入場無料で、専用コインとオリジナルグラスを購入して店舗をめぐるシステムです。六本木では全55種のベルギービールを飲むことができて、ビールの本場ベルギーをたっぷり味わえるイベントです。

ホームページ

【5】恵比寿麦酒祭り(恵比寿9月開催)

ヱビスビール発祥の地「恵比寿」で開催しているビール祭りです。あらゆるヱビスビールを思う存分楽しむことができます。

チケットを購入してドリンクとフードと引き換えるシステムです。平日の夕方から開催している宵祭り期間もあるので、仕事帰りに行けるのが嬉しいですね。

ホームページ

   

【6】オクトーバーフェスト(お台場・中野・日比谷・駒沢・豊洲)

お台場や中野では、春と秋の2回、それ以外の地域でも春や秋にそれぞれビール祭りを開催しているイベントです。

最初にグラス預り金を払うデポジット制。最後にグラス代は帰ってきます。テントの中でにぎやかにビールを飲む様子は、まさにドイツのオクトーバーフェストといった感じで盛り上がること間違いなし!

ホームページ

ビールの祭りといえば横浜こそ呑んべぇ天国!

【1】JAPAN BREWERS CUP (横浜大桟橋ホール・1月開催)

このビール祭りはビール好き必見です。ブルワーによる「ビール審査会」と「ビアフェスティバル」の2本立て。

まずビールの審査会が行われ、翌日からはビアフェスティバルへと移行し、全300種にも及ぶクラフトビールを1杯300円から楽しむことができます。

審査結果は、フェス開催中に発表され、受賞したビールをその場で飲めちゃうのもこの祭りのすごいところ!

ホームページ

【2】ヨコハマフリューリングスフェスト(横浜赤レンガ倉庫・GW開催)

フリューリングスフェストとはドイツ各地で開催される春の訪れをお祝いする「春祭り」のこと。ビール祭りと移動遊園地がセットになっていて、大人も子供も楽しめる最高の春祭りです。

海を見ながら優雅にビールを楽しめて、家族全員が大満足になれる素敵なビール祭りです。

ホームページ

【3】ベルギーウィークエンドヨコハマ(山下公園・5月開催)

東京でもご紹介したベルギーウィークエンドの横浜開催。こちらも目前は港!海を見ながらビールを飲むことができる爽快なビール祭りです。

初夏の爽やかな青空にぴったりのホワイト・ビールやフルーツ・ビールなど、自分好みのビールを見つけてくださいね。

ホームページ

【4】ビアフェス横浜(横浜大桟橋ホール・9月開催)

こちらも東京でご紹介したビアフェスの横浜開催。入場料だけで200種類以上のクラフトビール、海外ビールがお好きなだけ何杯でも試飲することができます。

ホール内からは海は見えないのですが、ホールの上は大きな桟橋になっていますので、横浜のみなとみらいを一望できたり豪華客船をみることができるので、ぜひ観光がてらに行っていただきたビール祭りです。

ホームページ

【5】横浜オクトーバーフェスト(赤レンガ倉庫・9月末~10月開催)

本場・ドイツに限りなく近い雰囲気でビールを楽しめる、国内最大級のビール祭り。横浜オクトーバーフェストです。

こちらもグラスがデポジット制。日本初上陸のビールや、オクトーバーフェストのために作られた限定のフェストビア等、100種類以上のビールが集結!ここでしか味わえないドイツ本場の味をぜひ味わってください。

またこのビール祭りの会場「赤レンガ倉庫」の広場では、先ほどご紹介した春のフリューリングスフェストに、冬はクリスマスマーケットも開催されていてそちらでもビールが飲めるのでそちらもチェックしてくださいね。

ホームページ

ビールの祭りはさいたまの定番けやき広場で!

【1】けやきビアフェスティバル(さいたまスーパーアリーナ・さいたま新都心けやきひろば 5~6月開催と9月開催)

さいたまのビール祭りで見逃せないのがこちら。日本最大級のクラフトビールの祭典、けやきビアフェスティバルです。

毎年約10万人の人々が訪れ、400種類のクラフトビールが並べられ、屋台は約90店舗と、その規模は間違いなく日本最大級です。

またけやき広場では春にもビール祭りが行われ、こちらもたくさんの人々がピクニックのように広場でビールを飲んでいます。

さいたまで行われるビールの祭典は年に2回!見逃さないようにご注意ください。
ホームページ

まだまだあるよ!東北のビールの祭りもご紹介しちゃいます

【1】サマーフェスタ IN KORIYAMA (福島県郡山市開成山公園・7月開催)

ビールの本場、ドイツから毎年来日するバンド「ディ・ルスティゲン・パルトナッフ・ターレル」のライブとともにお酒を飲むイベントです。

会場へは郡山駅からバスが走っていますので、移動に困ることはありません。毎年5日間ほど開催されるこのお祭りは、前売り券、または当日券が必要です。

アサヒ、キリン、サッポロと大手メーカーの有名銘柄を堪能することができます。

目玉は、郡山市にある有名レストランやホテルなどが、福島原産の食材を使い飲食を提供しているところ。

そして毎年楽しみなのが「うねめ牛」の串!うねめ牛は黒毛和種の雌牛で、あまくて食べ応えのあるご当地肉です。福島県民は暑い夏をビールとうねめ肉で乗り越えているのです。
ホームページ

【2】仙台オクトーバーフェスト(仙台市錦公園・9月開催)

杜の都のビール祭り。仙台オクトーバーフェストです。ドイツビールの他、東北の地ビールが6種販売されています。

食事はどれもボリューミーで目移りしてしまいますが、私はドイツソーセージが食べたいところです。またロブスターや宮城県産牡蛎なども販売されていますので、海鮮もお腹いっぱい食べられます。

イベントはドイツバンドや、地元のバンドが数多く出演しているので見ることも楽しめます。
ホームページ

【3】全国地ビールフェスティバル(岩手県一関文化センター前広場・8月開催)

地産の食材がふんだんに使われたおつまみや、JAなどの地域密着型の出店もある多様な楽しみ方ができるビール祭りです。

全国から集めたという地ビールは、その種類45種!心ゆくまで飲み比べが楽しめます。東北の夏がいまビール祭りで暑いのです。

ホームページ

【4】東北地ビールフェスティバル in 秋田(エリアなかいちにぎわい広場・6月開催)

東北クラフトビールの祭典、東北地ビールフェスティバルです。北海道・東北の醸造所12か所のビールなんと50種類を飲むことができ、各社自慢の肉料理も楽しみの一つ。

秋田では6月以降2ヶ月おきにどこかしらでビール祭りが行われます。秋田地ビール三大祭りと言われているそうです。もはや米どころのイメージを覆すビールの消費量ですね!

ホームページ

【5】クラフトビアフェスティバル IN AKITA(秋田駅西口大屋根下アゴラ広場・8月開催)

全国のクラフトビールが大集合する「クラフトビアフェスティバルinAKITA」が、40ブルワリー以上が参加予定で、さまざまなビールとともにオリジナルフードが楽しめます。

ビアジョッキの帽子を被る案内人に声をかけると、自分にピッタリのビールを教えてもらうこともできるので迷ったら相談してみては。

ホームページ

【6】秋田オクトーバーフェスト(エリアなかいちにぎわい広場・10月開催)

秋田オクトーバーフェストは秋田地ビール三大祭りのラストを飾るビール祭りです。イベント期間中は各種ビールやソーセージのほか、秋田県内の豊かな食材を使った料理も楽しむことができます。

現金制でキャッシュオンなのも気軽に立ち寄れるポイント。

ホームページ

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ