【神奈川県】ご当地クラフトビールの種類ご紹介!横浜、鎌倉、箱根、湘南、個性的な味を飲み比べよう!

ビールと関わりの深い神奈川県のクラフトビールはいったいどんな特徴があるのでしょうか?おすすめの神奈川県のご当地クラフトビールもご紹介します!

  • あーちゃん
  • 更新日:
452view
favorite
【神奈川県】ご当地クラフトビールの種類ご紹介!横浜、鎌倉、箱根、湘南、個性的な味を飲み比べよう!

おしゃれな港町「横浜」や、歴史を感じる古都「鎌倉」、都内からも気軽に行ける一大温泉地「箱根」、サーファーの聖地「湘南」、アメリカの香りを感じられる「横須賀」など、神奈川県は観光名所が溢れている県です。

特に横浜市は、日本でのビールの発祥地といわれるほど、ビールの歴史が長い街でもあります。神奈川県の厚木氏で設立されたブルワリー「サンクトガーレン」の創業者・社長・醸造士である岩本氏がアメリカで活動をしていた事が話題になり、日本のクラフトビール勃興のきっかけとなった規制緩和の一因になったとも言われています。

そんな、ビールと関わりの深い神奈川県のクラフトビールはいったいどんな特徴があるのでしょうか?おすすめの神奈川県のご当地クラフトビールもご紹介します!

「ご当地別」神奈川県のクラフトビールの種類

【01】横浜市:横浜ビール

画像出典:Amazon

【01】横浜市:横浜ビール

日本でのビール発祥の地「横浜」で醸造家が手間暇かけて伝統的な製法で作っているのが「ハイクオリティな個性」をコンセプトにした横浜ビールです。様々な国の文化が行きかう港町らしく、様々なスタイルを味わえる醸造所です。

【02】鎌倉市:鎌倉ビール

画像出典:楽天

【02】鎌倉市:鎌倉ビール

「個性的でフルーティー」な女性に人気のビールです。泡もまろやかで苦みも少なくどこかほっとできる鎌倉の町を連想させるようなビールです。

個性を大切に作られた鎌倉ビールはひとくち呑めば「いつものビールとなにかちがう!」という新しい発見に出会えます。

【03】茅ヶ崎市:湘南ビール

画像出典:楽天

【03】茅ヶ崎市:湘南ビール

ピュアでフレッシュな味わいが特徴の湘南ビールは品質保持期限は、製造日より冷蔵保存で120日というほどフレッシュさにこだわった醸造所です。

明治5年の創業、150年以上の歴史を持つ日本酒を作っていた酒蔵の社是は「よっぱらいは日本を豊かにする。」です。呑んべぇにやさしい醸造所が手掛けるビールをぜひ堪能してみてください!

【04】小田原市:箱根ビール

画像出典:楽天

【04】小田原市:箱根ビール

かまぼこの老舗が手掛けるのは、名水「箱根百年水」によって作られたのが箱根ビールです。日本屈指の温泉地としても知られる箱根の里のビールをかまぼこと一緒に頂くのも乙ですよね。

【05】厚木市:サンクトガーレン

出典:Amazon

【05】厚木市:サンクトガーレン

元祖地ビール会社として有名なサンクトガーレンは創業からエールビール一貫主義の会社です。

国際ビール大賞で3年連続最多のメダル獲得であったり、世界的にも認められたビールで日本人の繊細な感覚と味覚で表現されています。

神奈川県に行ったらブルワリーを訪ねてみるのもおすすめ♪

神奈川県のクラフトビールを味わおうと思えば比較的簡単に楽しむことができます!お土産屋さんではクラフトビールを購入することもできますよね!クラフトビールのコーナーが作られていることもあるので比較的、簡単に神奈川県内のクラフトビールを購入することが可能です!

しかし、クラフトビールを本格的に味わいたいと思っている方にとってはそれでは物足りないと思ってしまうかもしれませんね。

そこで!ここでは、神奈川県内のマイクロブルワリーを紹介していきます♪クラフトビールを味わうのであればやはり作りたてを堪能したいですよね。

ブルワリーというのは、大雑把に言えば、 クラフトビール醸造所のことで、本物のクラフトビールを味わいたいのであればやはりクラフトビール醸造所を攻めたいところです。

味そのものをしっかりと楽しみたいということもメリットの一つですが場合によっては、他の店よりもクラフトビール醸造所ということもあるので販売されている一般的な値段よりも、大変リーズナブル値段で味わえることもありますよ~。

クラフトビールムーンライト

ムーンライトが川崎市第1号ビール醸造所です。ムーンライトで楽しめるクラフトビールは、通年をどうして味わえる定番のクラフトビールと季節限定のクラフトビールを味わうことができます。

どのビールも1杯300円から楽しむことができるので、飲み過ぎには用心が必要です!

レストランも併設されているので、出来立てのクラフトビールを味わいながら美味しい料理を楽しむことができます。多摩の泉というクラフトビールは多摩の源流の泉をイメージしてるとあって大変にフルーティーで飲みやすいクラフトビールになっています。

クラフトビール初心者で、ビール独自の苦味が苦手な人に楽しめるのではないでしょうか。

スピカというクラフトビールもあります。これは、川崎市と大学が協力して開発されたビールです。先ほど紹介した多摩の泉と比べて、ホップを効かせた苦みがあるしっかりとしたビールの味を楽しむことができます。

他にも多くの定番クラフトビールが用意されていますがムーンライトには、季節限定のクラフトビールも用意されています。毎月、味が変わるのでクラフトビールを楽しむには非常に良いのではないでしょうか。しかもその数は、多い時には1ヶ月に3種類の季節限定クラフトビールを楽しむことができるので、事前に調べておくと良いでしょう。

神奈川の温泉地!箱根でクラフトビールを味わうのはいかが?

これから季節が暖かくなり、外へ出かける機会も増えのではないでしょうか。もし、ビール好きで旅行の行き先を迷っているのであれば、箱根はどうでしょうか。

箱根は、温泉や美術館など観光名所が多数存在します。箱根を存分に楽しんだあとは、 箱根でクラフトビールは最高でしょう。

箱根ビールは、箱根百年水を使った 芳醇な味わいのクラフトビールです。女性から玄人の方まで楽しめる味わいとなっています。もちろんレストランも併設されているので、出来立てのクラフトビールを食事とともに楽しむことができます。

ホップは、 チェコのザーツ産アロマホップを用いて、麦芽はオーストラリアやイギリス、ドイツから直輸入された物しか使っていません。水、素材、鮮度をこだわりの抜いて出来上がったのが箱根ビールです。その味は、世界的にも認められ多くの賞を獲得しています。しかしその味は、実際にその土地に行って楽しむからこそ価値があるというものです。

一度は、箱根ビールを直接足を運んで、味わってみてはいかがでしょうか。

伝統と個性が共存する!神奈川県のクラフトビールを味わおう!

海に面していて、海外との物流も多い神奈川県は海外の伝統的な醸造方法を用いり作られているものの、それぞれの町に合ったそれぞれの個性が楽しめるビールが多いことが神奈川県のクラフトビールの特徴ではないでしょうか。

観光名所も多く、旅行に来るのもおすすめの神奈川県ですが「ちょっと遠いかも…」なんて時は通販でクラフトビールを購入して自宅にいながら旅行気分を味わうのもおすすめです♪

ビールと一緒に神奈川県のそれぞれの町のグルメも一緒に楽しめばなお空想旅の気分が盛り上がりますよ!

   
この記事を書いた人
あーちゃん

最新記事

記事バナー3