中国のビールはぬるい?中国語での発音と実はおいしいおすすめ銘柄ご紹介

今回は中国でのビールの頼み方と、おいしいビールの銘柄をわかりやすくご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
190view
favorite
中国のビールはぬるい?中国語での発音と実はおいしいおすすめ銘柄ご紹介

中国でビールを頼んだら、ぬるいビールが出てきちゃった!そんな話を聞いたことはありませんか?実は中国では冷たい飲み物をあまり飲まないので、何も言わないと常温のビールがでてきてしまうのです。

でも安心してください。中国語の発音で「冷えたビールください」と言えれば、ちゃんと冷えたビールが出てきます。お店の奥に冷えたビールも用意されているのです。

実は中国にビール生産量は、世界一。あのアメリカやドイツよりも多く消費しているのですから、おいしいビールもたくさんあります。また、日本にも由来があるビールも存在するので、見つけたらぜひ飲んでみてください。

今回は、そんな中国でのビールの頼み方と、おいしいビールをわかりやすくご紹介します。

中国のビールがぬるいのは、実は健康のためだった!


中国のビールがぬるいのは本当です。中国では、そもそも冷たい飲み物を飲む習慣がないのです。

冷たい飲み物を飲むと、体が冷えて免疫力がさがり病気になりやすくなると考えられているからです。

また、中国の有名なビールメーカーである青島(チンタオ)ビールは元々ドイツ人投資家が投資し、ドイツのビール醸造技術を採用したため、ドイツのようにビールを常温で飲むのが主流になったともいわれています。

そういうわけで、中国ではそもそもビールは常温で飲む飲み物なのです。

でもよほどのお店でなければ、ちゃんとお店の奥に何本かは冷えたビールが用意されています。私が中国でフラッと立ち寄った小さなお店にもキンキンとはいえませんが、それなりに冷えたビールがありました。
屋台でビヤガーデンのように飲むお店でも、日本ほどではありませんが冷えたビールがでてきます。

あとは、中国語で「冷えたビールをください」と言うだけです。中国に行かれる際には、「冷えた」という言葉を覚えてから行きましょう!

中国でビールを飲むなら、中国語で発音してみよう!


では、実際にはどんな風に言えばいいのでしょうか。

まずは「冷えた(瓶)ビールをください!」「我要一瓶冰的啤酒!」wǒ yào yī píng bīng de pí jiǔ(ウォー ヤオ イーピン ビンダ ピージュゥ)と言えれば大丈夫です。一瓶は1つの瓶で、冰的(ビンダ)が冷たいです。

この冰的をつければ、冷たい~などと言い換えができるので覚えておいて損はないと思います。

啤酒(ピージュゥ)がビールです。この際ぬるくてもなんでもいいときは「我要啤酒」(ウォーヤオ ピージュゥ)だけでも通じるかもしれません。

生ビールは「生啤」shēng pí(シェン ピー)です。瓶や缶だけでなくジョッキで提供のある店では、「我要生啤」と言ってみてください!

ちなみに、中国で「おいしい」を表す「好吃」hǎo chī(ハオ チー)は有名ですが、中国語では食べ物と飲み物のおいしい表現が異なります。

おいしい飲み物のときは「好喝」 hǎo hē(ハオ フー)と言えば、伝わります。ビールをゴクゴクと飲み干した後は、ぜひ「好喝」と言ってみましょう。

中国で人気のビールおすすめ銘柄はコレ!


では、中国で飲んでみたい人気のビールについてご紹介しましょう。中国はビール生産量世界一の国ですから、実はみんなビール好き。おいしいビールもたくさんありますよ!

【1】燕京ビール

 
日本ではあまり知られていませんが北京を拠点とするビール会社で北京ではシェアが高く、地元で大人気です。

燕京ビール主力製品は、天然ミネラルウォーターを使用したピルスナータイプのラガーです。

【2】珠江ビール

もうひとつは珠江ビールです。こちらは広東省で製造されているビールで、麦の味のしっかりしたビールです。燕京ビールとは逆に南部で人気の高いビールです。

燕京ビールと珠江ビールはどちらも中国国内だけでなく、アメリカやフランス、オーストラリアなどにも輸出されており、世界中で親しまれています。世界中にいる華僑の方もいつでも本国の味が味わえますね。

【3】華潤雪花ビール

華潤雪花ビールはなんと、その販売量が世界一の超ビッグブランドで中国国内でも一目置かれています。

日本ではあまりなじみがないのですが、満州時代の1934年に大日本麦酒とキリンビールの合弁で設立された満州麦酒(満州ビール)がその前身とされていて私達日本人にも由来のあるビールなのです。

【4】三得利ビール

また意外に日本では知られていないのですが、中国で人気があるのが三得利ビール(サントリービール)です。三得利は上海の外資系ビールメーカーの中でトップシェアを誇ります。

上海ではどのスーパーやコンビにでもこの三得利ビールを手にすることができます。日本とは違う製品を展開していてすっかり現地でなじんでいます。

天然ミネラルウォーターを使用ですっきりとした味わい、ほのかな麦の香りを楽しむことができ、たいへん飲みやすい口当たりです。

【5】青島ビール

そしてなんといっても中国で有名なビールといえば、青島ビールです。

先ほども述べたように、青島ビールのルーツはドイツからきているので、ビール好きも納得の本格的な味わいです。

青島ビールはホップと麦芽の香りがほどよく口当たりがいいことから飲みやすいビールとして知られています。ビールの苦味が苦手という人でも青島ビールは飲みやすく頂くことができます。

そもそも中華料理には、油や香辛料などが多くつかわれているため、青島ビールのようなさっぱりとしたビールが合うのです。

やはり旅先ではその土地の料理とお酒を一緒にいただきたいもの。ビールと料理のペアリング的にも、中華料理と青島ビールは最高の組み合わせなのです。

青島チンタオビール 出典:amazon

青島チンタオビール

アルコール:4.5度

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ