イギリスのビール14選!英在住26年のベテランが選ぶ珠玉のエール

26年のイギリス生活で知った数々のおいしいビール達を今回はなんと14種類もご紹介します。

  • メンバー
  • 更新日:
83view
favorite
イギリスのビール14選!英在住26年のベテランが選ぶ珠玉のエール

イギリスに在住して26年目です。とにかくこの国に来て驚いたのは、みんな物凄くビールを飲む!という事です。

それもハンパ無い量を飲みます。私も元々お酒は大好きで、わりと飲める方だったのですが、到底太刀打ちできない凄さでした。

そして、イギリス人は家でのパーティーだったり、パブだったりでとにかく飲みまくります。ツマミも食べずにひたすらビールを飲む!!!

週末は仕事終わりの6時頃から集まったり、パブに行ったりして、夜中まで、いえ、朝まで飲むのです。

なんという呑んべぇ天国。

今回はそんな26年のイギリス生活で知った数々のおいしいビール達をご紹介します。

イギリスのビール事情、知っているとお得な豆知識


イギリス人の多くは、ラガービールを飲みます。

瓶ビールもありますが、パブだと大抵はパイント(500ml)のグラスでの注文です。

稀にいるあまり飲めない人はハーフパイント(250ml)の半分のサイズで注文します。

それに、ラガービールxレモネードでラガー・シャンディーと呼ばれるものを注文したりもします。

ラガービールの次によく飲まれるのは、ビターと呼ばれるビールです。ペール・エールとも呼ばれています。

ラガーが黄金色なら、ビターはもっと茶色い色をしています。ヨークシャー地方で作られているテトリーが有名。

このビターで作られるビターxレモネードのカクテルはビター・シャンディーと言われています。

そして、さらに真っ黒の黒ビールが、ダークエール。こちらはアイルランド産のギネスが有名ですね。

イギリス人は、パブではだいたい、この三種類のビールを好んで飲んでいます。家では缶ビールや、ちょっとお高い瓶ビールなどが主流。

そして彼らは、サッカーやラグビーの試合を、試合を観に来たのか?それともビールを飲みに来たのか?とこちらが疑いたくなるほど、ビールを浴びるように飲み続けるのです。

   

イギリスのビール通ならこれでキマリ!在住26年のおすすめラガー

さて、これからはいよいよイギリス在住26年、自他ともに認めるビールマニアの私が現地のビールをご紹介しましょう。

まずはラガービール。ちょっとお高い特選の瓶ビール達です。

自分の好みに合わせて、イギリスに来られた時にはぜひ試していただきたい秀作ビールをこちらでは4銘柄ご紹介します。

ホップが効いてる!
1番目、Adnams Jack BrandのSuffork Dry Hopped Lager。アルコール度数4.2%。イギリスのサフォーク産、ホップを味わいたい人におすすめ。

アドナムス ドライホップド ラガー 出典:楽天

アドナムス ドライホップド ラガー

●原産国:イギリス
●原材料:麦芽、ホップ
●品目:ビール
●アルコール 4.2パーセント

伝統的なラガー!
2番目、West BreweryのGlasgow St Mungo。アルコール度数4.9%。スコットランドの綺麗な水から生まれたラガービール。ちょっと甘さがある感じです。

楽しい気分になる
3番目、William BrosのClackmannanshire Celidh 90。アルコール度数4.7%。こちらもスコットランドの綺麗な水から作られたラガービールで、クリアな感じ。

苦みが良い!
4番目、Coniston Brewing co. CumbriaのThursten Pilsner。イギリスの湖水地方の綺麗な水から生まれたビールで、ちょっと苦味がありますが、それがアクセントになっていて絶品です。

イギリスのビールをまだまだ紹介!通好みなビターエール

お次はイギリスならではのペール・エールと言われるビタービールです。

イギリスに来られた際にはぜひお試しいただきたい、日本ではあまり馴染みが無いタイプのビールを5銘柄ご紹介します。

1番のオススメは、Timothy Taylor&Co.LimitedのBolt Maker(Best Bitterから変名)。アルコール度数4%。まずはこれから試してみて下さい。飲みやすくて、味わい深いです。

2番目のオススメは、Victory brewing CompanyのUncle Teddy’s Bitter。アルコール度数4%。こちらも飲みやすいです。とても典型的なペール・エールです。

3番目のオススメ、George Gale&Company LtdのHSB(Horndean Special Bitter)。アルコール度数4.8%。こちらはアルコール度数が高く、上の2つよりはクセがあるかもしれませんが、個性的な味わいです。

4番目のオススメ、Rogue AlesのYounger’s Special Bitter。アルコール度数4.8%。こちらも、3番目と同じくアルコール度数が高めでちょっとクセがあるかもしれませんが、好きな人はハマると思います。

5番目のオススメはFuller Smiths&Turners PLCのLondon Fuller。4.1%。こちらはなかなか一般的に広く愛されるタイプのエールです。

イギリスのビールといえばこれ!ガツンといきたいダークエール


では、最後にいよいよ黒ビール(ダーク・エール)をご紹介します。

アルコール度数が高くて、濃厚なものも多いですが、これぞイギリスビール。日本でもギネスを置いてあるお店は多いですね。

ハマるとこればっかりという熱烈なファンも多いダークエールを、こちらでは5銘柄ご紹介します。

1番目、Arundel BreweryのSussex Dark。アルコール度数5.5%。比較的飲みやすい黒ビールです。

2番目、BatemansのMocha。アルコール度数6%。凄く濃厚なので、上級者にオススメかも。

3番目、Marble Beers LtdのChocolate Marble。アルコール度数5.5。名前の通り、チョコレートモルツ!ユニークなお味!

4番目、Derby Brewing CompanyのDashingly Dark。アルコール度数4.5%。こちらもチョコレート・ロースト系ですけど、3番目より飲みやすいかな。

5番目、Brunswick Brewing CompanyのBlack Sabbath。アルコール度数6%。これ凄く強いんですが、凄くスムーズで、色んな賞を獲得していますので、一度お試しください。

以上、イギリスの三種類14銘柄のビールをご紹介しました。

イギリスに来られた時には、ぜひお試し下さい。これだけ知っていれば、パブでもちょっと鼻高々。

貴方もイギリスのビール通の仲間入りです!

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3

関連するタグ