飲み会の初めの挨拶で失敗しないため、どんな話を準備したらよいか

  • メンバー
  • 更新日:
17view
favorite

飲み会の席で必ず行われるのが 初めの挨拶です。
初めの挨拶は、飲みの席では本当に短い時間ですが
実はとても大切な時間です。
その人の人柄が表れると共に、飲み会の良い雰囲気を作るためには
非常に重要な役所です。
飲み会の席で初めの挨拶がうまくいったとき、挨拶の後自然に
お酒を注がれて多くの仲間に誘われることになるでしょう。
初めの挨拶の出来具合で動脈を広げるチャンスもとても多くなるはずです。
今回は、飲み会の初めの挨拶で失敗しないためにどんな話を準備したらよいか
紹介したいと思います。

飲み会の初めの挨拶で、まず初めにすることは話す内容ではないかもしれない。

飲み会の始めの挨拶で、どのような話をしたらよいかほとんどの方が
話の内容ばかりを考えてしまうことが多いです。
飲み会の初めの挨拶で重要なことはそこではないのです。
どんなに素晴らしい話を準備したとしても、その場の雰囲気に合わなければ
何の意味もありません。
まず最初に準備をすることは、その場の雰囲気がどのようなものなのかを
しっかりと感じ取ることです。
その場の会場の雰囲気や会場に集まる服装などチェックをします。
ある程度は話の内容を準備しても良いですが、思っていた会場の雰囲気と
実際の雰囲気が大きく違うことがあるので、その場合、初めの挨拶の話の内容を
変えなくてはいけないこともあるのです。
そのようなことがないように、フォーマルなのかカジュアルなのかを見極めて
また、会場に来ている年齢層や用意される食事などもチェックしておくと
初めの挨拶と準備するきっかけになることもあります。
もし事前に話を準備しないと心配だと思っている方は
何パターンかをある程度準備をして行くと良いでしょう。
そして、その場の雰囲気をしっかりと把握をして、話を詰めていくという
方法もおすすめの方法です。

飲み会の初めの挨拶の内容は、必ずしもホームランを打つ必要はないのです。

飲み会の席で初めての挨拶を任されてしまって、困ったという経験も
あると思います。ここは良いところを見せないといけないと張り切って
会場を大いに盛り上げようと一生懸命、話の内容を準備して
実際に挨拶をしてみたら大失敗をしてしまったという方は
意外と多いです。
一つの原因として、期待に応えようとホームランを狙ってしまうことが
初心者によくある失敗です。
初めの挨拶を任されることはとても光栄なことです。
普段の経験であまりそのようなことがありませんから、やはり頑張って
しまうことも多いでしょう。しかし、 飲み会の席でホームランを狙えるのは
かなりのベテランの方です。今は、初めの挨拶を上手にできる先輩も
昔は同じように失敗したと思います。失敗も挨拶を上手にするためには
必要なことではありますが、失敗してしまってもう二度と挨拶はしたくない
、飲み会には行かないと思ってしまうこともあるので、そうならない前に
ホームランではなく、ポテンヒット狙いぐらいが初めはちょうどいいです。
ある程度場数を踏んで、ある程度気持ちに余裕が出てきた時
少しずつ初めの挨拶に自分の個性を入れていけば十分なのです。
はじめは無難に初めの挨拶をするということも非常に重要なことです。
特に新人の方は、無難な形式的な挨拶の方が喜ばれることもあります。
特に下ネタなどはあまりない方が良いでしょう。
うまくいけば、あいつは面白いやつと多くの方から賞賛されることも
ありますが、非常に難しいです。その人のキャラもありますから
あまりお勧めはできません。

飲みの席で喜ばれる初めの挨拶は、どのような話をすればよいのか。

初めの挨拶は、無難なマナーに則った挨拶が失敗がなく良いと紹介しました。
しかし、そう言ってもやはりその場を盛り上げたいという思いも
あると思います。
そのような方にいくつか、初めの挨拶で盛り上げる手段を紹介したいと思います。
一つ目は、最近起こったニュースや政治経済を盛り込むと言った内容です。
自分の挨拶の中に、最近注目された大きなニュースを取り上げて
話の内容に盛り込むと、注目度が増します。
できれば皆さんが知っているニュースの方が良いでしょう。
それだけで初めの挨拶に耳を傾けてもらえるはずです。
二つ目に、 その飲み会に関連した内容を入れるということも良いでしょう。
飲み会を開くということは、必ずテーマがあるはずです。
そのテーマに則って、話を内容を作り込めば会場に来ている皆さんが
共感できるはずです。
本当にベテランの域になると、初めの挨拶はアドリブでこなしてしまいます。
しかしそのレベルに達するまでは、色んな経験をしなければなりません。
初めの挨拶に慣れていないのであれば、今回紹介した方法を元に
準備をされてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3