飲み会好きは要チェック!飲み会の相場はいったいどれくらいなの?

  • メンバー
  • 更新日:
13view
favorite

季節のかわりめには、歓送迎会や忘年会など、飲み会に参加する機会が増えますよね。多くの人にとって楽しみの機会である飲み会ですが、いったい飲み会の相場はいくらくらいなのでしょうか。飲み会の幹事になったときには、飲み会の相場がすこし気になってしまいますよね。そこで今回は、飲み会の相場について、飲み会の種類ごとにくわしく調べてみました。飲み会の幹事を担当する人や相場が気になる人は、ぜひ参考にしていただけましたらうれしいです。

飲み会の相場はいくら?職場の歓送迎会の場合は3000円~4000円台が一般的

多くの人が「社会人になったんだなあ」と実感するのは、職場の歓送迎会に参加したときかもしれません。日本においては、多くの職場で歓送迎会がひらかれることが多いでしょう。もちろん、そのような習慣がない職場もあるものの、新人さんが入ってきたときには「歓迎会をひらく」のが恒例となっている職場もあるはずです。
いろいろな情報によると、職場の歓送迎会の相場は「3,000円~4,000円台」が平均的なようです。人によっては、4,000円を超えるとちょっと高いと感じ、5,000円以上は確実に高いと思ってしまうようです。初めての幹事さんが失敗しがちなのは「予算設定について、周囲から苦情が出てしまう」ことかもしれません。
大人数が参加する職場の飲み会では、予算設定がとてもむずかしいかもしれませんね。初めて歓送迎会の幹事をする人は、先輩や上司に「どれくらいの予算がよいのか」を相談してみるとよいでしょう。だいたいの目安は「3,000円~4,000円台」と知っておくと、選びやすいかもしれません。

飲み会の相場はいくら?大学生の飲み会はコスパ重視のお店選び!

20歳以上の大学生はお酒を飲めるため、大学生の頃に飲み会に参加した経験のある人は多いでしょう。大学生の場合、自由に使えるお金が少ないため、「3,000円以内」の飲み会でおさえたい気持ちがあるようです。大学の近くには、安くて料理がたくさん出てくるお店も多いため、気軽に飲み会を楽しめるかもしれませんね。大盛りの野菜炒めやチャーハンなど、「こんなに安いの?」と驚く値段のお店があるのは、大学生のお財布にやさしいです。アルバイト代をしっかり貯めて、安いお店で友達と飲み会を楽しむ大学生が多いかもしれません。
金銭感覚が堅実な学生さんの中には、「ごはんを食べるお店」と「お酒を飲むお店」を別々にするケースもあるようです。定食屋さんや学食でがっつりごはんを食べた後、雰囲気のよいお店でお酒を飲むのもよいですね。また、家でごはんを食べてから、外に飲みに行くのも楽しいかもしれません。お金があまりない中、工夫して飲み会をひらくのが大学生の楽しみかもしれないですね。

飲み会で相場をこえた最高額はどのくらい?気になるリッチな飲み会

社会人なら「3,000円~4,000円台」、大学生なら「3,000円以内」が飲み会の相場だとわかりました。しかし、お酒好きさんの中には、めちゃくちゃリッチな飲み会を楽しんだ経験のある人もいるでしょう。これまでにリッチな飲み会を楽しんだ人の予算は、いったいどれくらいだったのでしょうか。
お酒好きの女友達に訊いてみたところ、彼女からは「1万円くらいかなあ」という答えが返ってきました。飲み会が大好きな彼女の話では、職場で女性だけの忘年会がひらかれ、本格中華のコース料理とお酒を楽しんだそうです。いつもはそこまで高いお店には行かないけれど、「たまにはいいよね!」ということで女性たちの意見が一致したようです。
日頃から、お仕事をとてもがんばっているので「たまにはリッチに楽しみたい」気持ちがあるのかもしれませんね。私の個人的体験としては、1万円以上の飲み会には参加したことがありません。超リッチな飲み会を一度は体験してみたいなあと思います。

飲み会の相場はいくらなの?接待の場合は少しお高めの1万円から

上記の3つの飲み会は、職場の人同士、大学の友達同士のケースを調べてみたものです。しかし、世の中にはそれ以外にも「接待」と呼ばれる飲み会があるものです。接待の場合、必ずしも飲み会とは限りませんが、2次会が飲み会となることもあるでしょう。また、接待の場合、予算が少し高めに設定されるのが一般的といえるかもしれません。
接待のお店選びでは、お店の雰囲気や立地条件のよさ、メニューなどが考慮されることが多いです。やはり、大切なお客様との会食ですので、すてきなお店を選びたいと考えるのは当然ですね。接待の予算は少し高めで「1人につき1万円以上」が設定されるケースが多いです。
接待のお店としては、「懐石料理」「イタリアン」「和食」「フランス料理」などが人気です。特に、和食のお店で接待をする場合、日本酒などのお酒を飲むことが多いかもしれませんね。フランス料理では、赤ワインや白ワインなどのお酒を飲むことが多いでしょう。相手のお好みにあわせた料理やお酒を選ぶのが、接待を成功させる秘訣かもしれません。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3