飲み会好きさん必見!きょうだいタイプ別・飲み会の人間関係の雑学!

  • メンバー
  • 更新日:
23view
favorite

お酒好きの人にとって、飲み会はとてもわくわくする楽しみなイベントですよね。一人で飲むのもよいものですが、飲み会はいろいろな人と話せるのが醍醐味かもしれません。そこで今回は、飲み会に欠かせない人間関係にまつわる雑学をご紹介します。具体的には「長子」「一人っ子」「中間子」「末っ子」といった「きょうだいタイプ別」に相手がどんな人かを考えてみたいと思います。相手のタイプがなんとなくつかめれば、飲み会での接し方がうまくいくかもしれません。飲み会を予定している人は、参加者の顔を思い浮かべながら読んでいただけましたらうれしいです。

飲み会の人間関係の雑学!きょうだいタイプ・長子とはどんな人?

飲み会の参加者が「長子」だった場合、いったいどんな接し方をするとうまくいくのでしょうか。飲み会の人間関係のヒントになる雑学をご紹介します。「長子」とは、きょうだいの中で最初に生まれ、下に弟や妹がいる人のことです。長子である長男や長女は、子どもの頃から弟や妹のめんどうをみることになれています。そのため、大人になってからもめんどうみがよく、リーダータイプであるといわれています。また、第一子として親の期待を受けてきたことから、真面目で責任感のある人が多いでしょう。そのため、長子が飲み会に参加したときも周囲の人のめんどうをみたがると考えてよいと思います。
長子と飲み会で同席することがあれば、礼儀正しく相手の話を聞いてあげると好感度があがるといえるでしょう。長子におごってもらったときには、必ずお礼を忘れないことも大切です。めんどうみのよい長子のことですので、感謝してもらったときにうれしく感じることが多いでしょう。

飲み会の人間関係に関する雑学!タイプ別・一人っ子はどんな人?

飲み会の参加者が「一人っ子」だった場合、いったいどんな接し方をするとうまくいくのでしょうか。飲み会でのふるまいかたのヒントになる雑学をご紹介します。「一人っ子」は、長子と同様に最初に生まれた人であるため、長子といくつかの共通点があります。親の期待を受けて育っているため、真面目で責任感のある人が多いのです。長子との違いは下にきょうだいがいないことであり、きょうだい間の競争がないため、素直な性格の人が多いでしょう。
一人っ子の人は、飲み会でも自由に好きな飲み物を注文するかもしれません。独創的で自由な発想が魅力の一人っ子の人は、「他の人と同じものを注文しなければ」という意識があまりないのです。また、どちらかといえば、大人数よりも一対一の人間関係を得意とするかもしれません。
一人っ子の人と飲み会の席で同席した場合、相手の自由をみとめてあげるとよいかもしれません。また、素直な性格の人が多いので、職場の飲み会等でルールがあるのなら、前もって教えてあげると、素直に受け止めてくれると思います。

飲み会の人間関係の雑学!きょうだいタイプ・中間子はどんな人?

飲み会の参加者が「中間子」だった場合、いったいどんな接し方をするとうまくいくのでしょうか。飲み会の人間関係にとても役立つ雑学をご紹介します。「中間子」とは、きょうだいの真ん中の人で、長子と末っ子にはさまれて育ちます。上とも下ともうまくやる方法を学びながら育つため、人間関係のエキスパートになることが多いといわれています。誰とでも友達になりやすく、親しみのある性格であることが多いです。
中間子の人は、飲み会でも周囲に気を配ることがあるでしょう。気を配ることは中間子にとって自然な行動であるため、飲み会でもあれこれ気を回してくれるかもしれません。しかし、場合によっては日頃のストレスがたまりすぎており、つい飲みすぎてしまうことがあるようです。
中間子と飲み会の席で同席した場合は、相手のグチをきいてあげるとよいかもしれません。日頃は人間関係に気を使いすぎなだけに、グチをきいてくれる人がいると、ストレスが軽くなるといえるでしょう。

飲み会の人間関係の雑学!きょうだいタイプ・末っ子はどんな人?

飲み会の参加者が「末っ子」だった場合、いったいどんな接し方をするとよいのでしょうか。飲み会での接し方のヒントになる雑学をご紹介します。「末っ子」とは、きょうだいの中で最後に生まれた人で上には兄や姉がいるのが特徴です。小さい頃から、兄や姉にかまわれてかわいがられてきたため、甘え上手で明るい性格の人が多いでしょう。
末っ子の人が飲み会に参加した場合、ノリよく周囲を盛り上げる存在になってくれるかもしれません。とにかく楽しいことが好きなため、飲み会を楽しい雰囲気にしてくれると予想ができるでしょう。みんなでわいわい楽しむのが大好きなので、飲み会でも楽しいことを一番に求めるかもしれません。
飲み会で末っ子の人と同席した場合、あまりかたくるしくならず、楽しむことを考えるとよいでしょう。おごってもらうのも大好きな末っ子なので、おごってあげると大いに喜んでくれると思います。飲み会ではノリのよい末っ子にあわせ、楽しく接するとよいでしょう。

この記事を書いた人
メンバー

最新記事

記事バナー3